ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デスレイザー


ヨミ: デスレイザー
掲示板をミル!
4カキコ!
ゾイド > デスレイザー

デスレイザーとは、『ZOIDSシリーズに登場するテリジノサウル格闘戦用ゾイドである。
別売りであるパラブレードのキットを組み合わせる事でデカルトドラゴンとして組み替える事ができる。


機体解説


デスレイザー
DEATH RASER
基本情報
EZ-074
所属 Zi-ARMS
モチーフ テリジノサウル
スペック
全長 22.3 m
全高 8.64 m
全幅 不明
重量 110.0 t
最高速 295.0 km/h
武装
ゾイドテンプレート

東方大陸ZOIDS開発企業“Zi-ARMS社”が開発した最新式のテリジノサウル格闘戦用ゾイド

上記の通り格闘戦を眼に置いた設計で、背部より木の枝のように伸びるプラズマブレードと四肢の鉤を用いた兵戦を得意としており、さらに全身を覆う装甲は鋭利かつ多面的な構造なっていて、敵からのビーム攻撃を屈折させてその威を軽減させてしまう事ができるなど、革新的な技術がいくつも盛り込まれている。

しかし、その価は同社が同時に開発したBZ-24パラブレードとのチェンジイズによる合体にあり、パラブレードのコアブロックおよび武装などの各パーツを身にう事でデカルトドラゴン”へと進化するのである。

合体時にはコア同士の共振現により本体の出は飛躍的に向上、背部のプラズマブレード連結してとなる事で高速飛行を獲得し、そしてパラブレードのプラズマレールキャノンといった武器や装甲が追加される事で攻撃と防御も同時に強化され、デスレイザーの時以上に高速機動戦および遠距離戦闘への対応が可となる。

その戦闘は従来の同クラスゾイドかにレベルに達すると言われている。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2230年ロールアウト。出が高すぎて制御困難とされた古代ゾイドの制御技術をライバル企業のZOITEC社が確立したという情報を得たZi-ARMS社がその方法を知っていると思しきZOITEC社長を誘拐すべく派遣した。

そこに居たのはの虎ゾイドコアを用いたワイツウルフで、当初はデカルトドラゴンとしてワイツウルフを圧倒したものの、そこにワイツウルフサポートゾイドであるサビンガが合流、ワイツウルフワイツタイガーになった事で形勢を逆転され追い詰められて行った。しかし、ワイツウルフ戦闘中にその出を抑えきれず機を停止、その隙にデカルトドラゴンはまんまとZOITEC社長を誘拐する事に成功した。

その後、ZOITEC社より奪った古代ゾイドコアの制御技術は応用されてブラストルタイガーが生み出されたが、それ以降のデスレイザーおよびデカルトドラゴンの出番はい。

アニメ

ゾイドジェネシス』にのみ登場。
あくまでデカルトドラゴンとしての登場であり、本体であるデスレイザーおよびパラブレードは出てこない。
カラーリングホワイト系に変更され、同時期に発売されたリデコキットによるとその装甲にはメタルZiコーティングがなされており、背部のとなったプラズマブレードプラズマウェーブウイングと言う名称が付けられるなど独自の設定も追加された。

ジェネシス』では第3勢であるソラティの保有ゾイドとなっている。

ディガルド討伐軍による要塞都市トラフの攻略戦時にソラティ人間だったロンマンガンの上が乗り込んで密かに討伐軍を支援し、トラフ陥落に大いに貢献した。

ソラティにおけるディガルド軍との戦いでは迫り来るバイオラプターグイの大群を前に2機で出撃。
口から放つビームバイオラプターグイのヘルアーマーにも通用するものであったが、次第に数で押されていき、その内の1機がとうとう撃墜、残った1機もこれ以上の戦闘理という事でこちらも撤退する事となった。

その後は燃え落ちるソラティと運命を共にしたと思われ、登場する事はなかった。


関連動画



■sm8951222[ニコ動]

■sm6721931[ニコ動]


関連商品


■azB0002U3NP2
■azB0002U3NOI

■azB000AY1SN4


関連項目



最終更新日: 13/08/31 19:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ