ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デニス・サファテ


ヨミ: デニスサファテ
掲示板をミル!
56カキコ!

デニス・サファテDennis Scott Sarfate、1981年4月9日-)とは、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手投手)である。現在福岡ソフトバンクホークスに所属。

日本プロ野球シーズン最多セーブ記録(54セーブ2017年)の保持者。

概要

福岡ソフトバンクホークス #58
デニス・サファテ
Dennis Sarfate
基本情報
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク
生年 1981年4月9日
身長
体重
193cm
102kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2001年MLBドラフト9巡
経歴
プロ野球選手テンプレート

2001年ミルウォーキー・ブルワーズから9巡(全体268位)名を受け、入団。

2006年メジャーデビュー2007年にはヒューストン・アストロズに移籍し、メジャー勝利を挙げる。


2008年ボルチモア・オリオールズに移籍すると、4月鎖骨折しながらそれを隠して登板を続け、結果的に自己最多の57試合に登板


2009年中継ぎで活躍すると思われたが、5月右手の血行障を発症。メジャーでの登板20試合に留まった。


2010年メジャー登板はなかったが、同年のAAA級での成績、そして何よりメジャーでの実績が評価されオフ広島東洋カープ契約

日本球界時代

広島時代

2011年オープン戦で驚異的な奪三振率を記録し、怪二軍にいたNG川永川勝浩を押しのけ抑えに抜された。開幕直後こそ直球を痛打されるシーン立ったが、5月頃からは安定したピッチングを見せ、チームを支えた。終盤にヘルニアで離脱したが、57試合で1勝3敗35セーブ防御率1.34という成績を残す。


2012年は、前年のヘルニアの影もあってセーブ失敗を繰り返し(と言っても岩本貴裕エラーが絡んだり仕方ない試合もあったが)、どっかのNG川前任者の雰囲気が漂い始める。チーム自体も先発前田健太5月20日9回裏での大逆転負けをはじめとする悪い雰囲気の中、5月末には遂に二軍降格が決まり、それから間もなく夫人の体調悪化を理由に一時帰した。
ファンからは3年前のオフに同様の理由により退団したコルビー・ルイスの如く戻ってこないのでは?と心配されたが、後の交流戦チームが勝ち越しまくったせいか6月末に事帰。抑えにキャム・ミコライオを据えたため、セットアッパーとして登板したが、前年のような安定感が戻ることはなく、9月防御率は5点をえた。オフに退団となり、埼玉西武ライオンズへと移籍。背番号26

西武時代

2013年は、開幕当初は制球が定まらず、復活どころか「サファ者」誕生とまで囁かれていたが、中継ぎでの登板を重ねるうち徐々に調子を取り戻し、6月からはクローザーに固定された。増田達至ランディ・ウィリアムスとのトリオ勝利の方程式を形成。中継ぎでありながら、チーム3位の9勝を挙げた。しかし、オフに退団となり、福岡ソフトバンクホークスに移籍した。背番号58

ソフトバンク時代

2014年シーズンを通して抑え投手として活躍。5月20日広島東洋カープ戦で全球団からセーブを達成した。その後8月12日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で史上初のリーグ30セーブを達成。日本シリーズでは球が浮いていたが、阪神タイガース西岡剛のあのプレーに救われたこともあり、胴上げ投手となった。


2015年パ・リーグシーズンセーブ記録を更新する41セーブを挙げ、2年連続の優勝と日本一に貢献した。


2016年セーブ機会はほぼ璧に抑えるのに対し、なぜか同点の場面で登板すると打たれて負けるというパターンを繰り返したため7敗を喫したが、前年の記録を更新する43セーブを挙げ、2年連続の最多セーブ投手タイトルを獲得した。


2017年も不動のクローザーとして君臨、異様に接戦の多いシーズンだったため異常ペースセーブを積み重ねた。7月5日オリックス・バファローズ戦で、外国人投手史上初の通算200セーブを達成。8月31日北海道日本ハムファイターズ戦で、前年に続き自身のパ・リーグ記録を更新する44セーブを記録し、8月MVPを受賞した。9月5日日本プロ野球新記録の47セーブを記録すると、最終的に54セーブまで記録を更新。優勝の原動となり、パ・リーグMVP太郎を受賞した。通算250セーブまで残り21とした。
横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズでは第2戦・第3戦とも1点差の9回を抑えてセーブを挙げると、第6戦では1点ビハインドの9回から登板、裏に同点に追いつくと延長10回も続投し、さらに11回も志願の続投で来日初の3イニングを投げてDeNA打線を抑え込み、11回裏のサヨナラ日本一決定に繋げる活躍で日本シリーズMVPを獲得した。


2018年は前年のフル稼働が祟ったか、右股関節を故障。シーズン中の復帰は絶望的となった。4月18日に登録抹消され、4月20日スポーツドクターセカンドピニオンを受けるため日本を離れた。4月28日にはTwitterにて、リハビリに勤しむ自身の動画投稿し、「チームメイトファンの皆様には申し訳ない。きっと、強くなって戻ってくる。それまでは頑って…」と、自らの心と決意をった。そのため6試合の登板で1勝5セーブに留まった。通算250セーブまで残り16セーブとした。

特徴・プレースタイル

投球の80%近くが直球という速球アメリカでの最速は161km/hだが、日本での最速は172km/h158km/hである。

来日前はコントロールに難があるという前評判だったが、広島入団後は制球は安定している。

奪三振が多い印があるサファテだが、本人
三振って狙えば狙うほど奪えないもんなんだよ。」

マウンドへ上がるときに心がけていることは 

2011年は守護として璧な安定感と脅威の奪三振率からか、広島ファンから「神様様、サファテ様」と崇められた。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
2006年 MIL 8 0 0 0 0 0 0 .--- 8.1 4 11 4 4 4.32 1.56
2007年 HIU 7 0 0 1 0 0 1 1.000 8.1 1 14 1 1 1.08 0.72
2008年 BAL 57 0 0 4 3 0 15 .571 79.2 62 86 47 42 4.74 1.56
2009年 20 0 0 0 1 0 5 .000 23.0 14 20 15 13 5.09 1.52
2011年 広島 57 0 0 1 3 35 1 .250 60.2 16 82 10 9 1.34 0.92
2012年 47 0 0 2 5 9 4 .286 49.2 24 44 24 16 2.90 1.35
2013年 西武 58 0 0 9 1 10 16 .900 57.2 24 66 13 12 1.87 0.92
2014年 ソフトバンク 64 0 0 7 1 37 7 .875 68.1 22 96 10 8 1.05 1.05
2015年 65 0 0 5 1 41 9 .833 64.2 14 102 8 8 1.11 0.63
2016年 64 0 0 0 7 43 8 .000 62.1 11 73 15 13 1.88 0.82
2017年 66 0 0 2 2 54 3 .500 66.0 10 102 9 8 1.09 0.67
2018年 6 0 0 1 0 5 0 1.000 6.0 3 9 2 2 3.00 1.17
MLB:4年 92 0 0 5 4 0 21 .556 119.1 81 131 67 60 4.53 1.49
NPB:8年 427 0 0 27 20 234 48 .574 435.1 124 574 91 76 1.57 0.90

タイトル・表彰・記録


次へ»
最終更新日: 18/12/05 23:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ