ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デビルアクス


ヨミ: デビルアクス
掲示板をミル!
22カキコ!

デビルアクスとは、ゲームファイアーエムブレムシリーズ」に登場するの武器である。


概要


シリーズ中、「暗黒竜と光の剣」「紋章の謎」「トラキア776」「封印の剣」「烈火の剣」「聖魔の光石」「新・暗黒竜と光の剣」「新・紋章の謎」「Echoes」「風花雪月」「ヒーローズ」に登場する。

どの作品において、一定確率ダメージが相手ではなく自分に来る呪われたという設定になっている。呪いが発動する確率は作品によって異なるが、幸運値に依存するという点はどの作品にも共通している。
他に同じ特性を持つデビルソードが登場する場合もある。(外伝には暗という威はあるものの呪われている似たような特性が登場する)

的には「暗黒竜と光の剣」から「聖魔の光石」までは「トップクラスの威と必要武器レベルの低さを誇る一方、極めて重く命中も劣悪」という一貫した特徴を備えていたが、「新・暗黒竜と光の剣」以降は、攻撃若干ちたものの命中率と重量は大幅に善され、数値上は非常にバランスの取れた武器へと様変わりしている。

幸運値の高いキャラに使わせれば自爆率を下げられるが、計算式はどの作品で(幸運の最大値+1)-幸運のため、どうやっても自爆率を0にはできない。
そのため「一度死んだキャラは二度とらない」というファイアーエムブレムルールとも合わさって、非常にギャンブル性の高い武器となっている。
逆に敵が持っていると伝説の武器並みの威故に非常に恐ろしく、自爆したところで雑魚が一人減るだけであるためこちら側のメリットい。
こんな武器でも仲間になる時に初期装備として持っているキャラもいるが、何となくその理由が伺えるものが多い。

近年の作品では「強だが使用後に一定のダメージを受ける」というタイプの武器が登場しており、風花雪月及びヒーローズにおけるデビルアクスはこのタイプになっている。
実はデビルアクスの問題点というのは自爆ダメージそれ自体より、自爆時には敵にダメージを与えられないために命中時と外れた時と自爆時で戦闘結果の開きがあまりに大きすぎることのほうにある。
そのため、戦闘結果が予測可であるこれらの武器は驚くほどデメリットが小さく、またダメージを受けることで発動するスキル動的に利用できるため実用性が高い。


各作品での扱い



暗黒竜と光の剣


第3章「デビルマウンテン」で村を訪問すると入手できる。この一本しか存在しないので注意。

ホッホー
おわかいの げんきがいいのう

せっかく こんなやまおくまで
きてくれたのじゃから
みやげに このおのをやろう
どうじゃ りっぱなもんじゃろ

しかしな・・・・
こいつは ちをすい にくを
くらう あくまの おのじゃ・・
けっして つかっては ならぬぞ

よいな !!

使うなよ!絶対に使うなよ!なんて言われると使ってみたくなるのが人情というもの。というか使っちゃいけないものを渡されても困る。アリティア軍は産廃処理業者じゃないんだから…

肝心の性はというと、威は圧巻の20三種の神器グラディウスと並ぶ最高値。重さも14と全武器中最大だが、本作では相手より攻速が1でも高ければ追撃できるので、成長次第ではデビルアクスで追撃も夢ではない。

本作のラスボスメディウスは守備35・間接攻撃及び魔法というとんでもない防御を持っている。最大値が20である都合上、ダメージを与えられる武器は威16以上の近接武器、すなわちファルシオン(特効で威30マルス専用)、メリクル(威18・マルス専用)、グラディウス(威20)、デビルソード(威17)、そしてデビルアクスに限られている。
そのためデビルアクスも決戦兵器的な位置に収まっており、ファルシオンを諦めた場合にガトー祭から貰うアドバイスでもおススメ武器として名前が挙げられているほどである。

もっとも耐久が9しかないので、呪いを発動させることもなく最終決戦前に折れていた、なんて可性も…


紋章の謎


第一部は前作のリメイクということで、前作同様のシチュエーションで入手できる。やはり一品モノ。

ところが本作ではかなり弱体化してしまっている。威こそ最強の20を維持したものの、

と言った点から、前作ほど使われる機会は多くないだろう。もちろん斧縛りプレイをやるなら話は別。

第二部では味方に使いがいないこともあって入手不可能。敵の蛮族が振り回す武器として登場する。ちなみに敵が使うときは絶対に自爆しない仕様になっている。ずるい。


トラキア776


第8章外伝宝箱に入っているほか、敵を捕獲することで複数入手できる。本作からは敵も自爆するようになったので、捕獲しようと近づいたら勝手に自爆して死なれた、なんてことも。

・重さともに全武器中最大の20という点は「紋章の謎」と同じ。耐久度も20と普通の武器並に善されている。ただ他にも高性がある本作で敢えて使う必要があるかは疑問。武器レベルEで使えるのは有難いが…

ちなみにデビルアクスの自爆で戦死した場合、エンディングの後日談にわざわざ「デビルアクスで自滅」と書かれる


封印の剣


第10章で仲間になる「村を襲わなければ生きていけず、そのことに心を痛めている山賊ゴンザレスの初期装備として登場。もちろん敵も振り回してくる。そして自爆する。

18・重さ18はいずれも全武器中最大で、本作でもこの伝統は守られている。武器レベルE神将器アルマーズと互の攻撃と書くと聞こえはいいが、やはり呪われていることは大きなネックを壊そうとして自爆すると虚しい気分になること請け合い。


烈火の剣


港町バドンの村人から貰える。「よほどの時以外は使うでないぞ」と釘を刺されてしまうが。

前作「封印の剣」と世界観が同じこともあり、性は前作と全く同じ。ただ本作では最終章の敵が攻撃20の武器を抱えてぞろぞろ出てくるため、全武器中最強の伝統はここで途切れてしまった。

ただ本作では武器レベル上げに使いやすいというメリットがある。と言うのも、本作では武器を使用すると武器経験値が入り、一定値貯まると武器レベルが上がるという仕様になっているのだが、通常の武器だと1~2しか入らないこの武器経験値、デビルアクスだとなんと8も入るのである。命がけで武器を振ればより多くの経験を積めるということだろうか?

余談だが、ストーリー的にはデビルアクスより神将器アルマーズの方が「呪われた」の名にふさわしい。
特に前作でゴンザレスに持たせた場合などは封印の剣にまで呪いを引きずっていない事を祈るばかりである。


聖魔の光石


第15章で敵から入手できるほか、サマナー及びネクロマンサーが召喚した亡霊戦士が持っていることもある。

は前作「烈火の剣」と全く同じ。攻撃最強の座は取り戻せなかったが、武器経験値8が相変わらずっている。


新・暗黒竜と光の剣


暗黒竜と光の剣」の再リメイクと言うことで、今回も第3章の村で入手できる。セリフも全く同じ。ただ一品モノではなく、第20章外伝仲間になる新キャラユミルが初期装備として持っている分もある。

これまでの「攻撃は高いが重くて当たらない」というイメージを一新、重さ8・命中100耐久25と、非常に実用性の高い性に仕上がっている。攻撃こそ17に下がり新武器・オートクレール(威18)に最強の座を譲ったものの、使い勝手の点では全作品中最高と言っても過言ではない。ただ当たりやすく追撃が出やすいと言うことは、呪い自爆の機会も増えたということなのだが…

練成システムの導入もあって対メディウス決戦兵器としての地位は過去のものになったが、兵種変更システムの導入で使いが増えたため、ハードモード、特にハード5で序盤でボスに詰まった場合などに救済手段になる。
ちなみに今作では魔道書だけでなく、シューターですら錬成可と様々な武器を錬成できるが、デビルアクスは錬成不可。


新・紋章の謎


味方に使いがいなかった「紋章の謎」第二部のリメイクだが、サジマジバーツ使いの復活やシステム変更によりの需要も復活。リメイク前は敵専用装備だったデビルアクスも事日のを見ることになった。
第10章で仲間になる新キャラ(正確には、BSアカネイア戦記からの逆輸入キャラ)の「バクチ好きなオヤジ」であるダイスが初期装備として持ってくるほか、敵を倒した際に落とすこともある。

17・命中100耐久25とパラメータは前作と全く同じ。本作では武器重量の概念がなくなるという革命システム変更があったが、デビルアクスは前作の時点でかなり軽くなっていたため、恩恵もそこそこといったところか。
尚、キャラロスト永久ではないカジュアルでは従来よりデメリットが少ないが、ユニット戦闘不能に陥れば戦線が崩壊するためやはり不確定要素が大きく使いどころは限られる。


if


確率で自滅する武器及びデビル〇〇という名前の武器は登場していないが、攻撃するたびに最大HPの20%ダメージを受ける「魔剣ガングレリ」「死を呼ぶナイフ」、ダメージ30%の「狂戦士」が登場する。

自滅することで敵にダメージが与えられない可性がある、それまでのデビルアクスと異なり、戦闘後にダメージが入るので戦闘中は気にする必要がく、この自傷ダメージではHP0にはならない。また残りHPを自発的に調整できるので、残HPが条件のスキルと相性が良い。
例:待ち伏せ、覚醒サイゾウクリムゾンの個人スキルetc.
同等の威の武器の大半が戦闘後に一時的にが下がるなど何かしらデメリットがあるため、十分実用的である。


Echoes


リメイク前にも登場した暗に加え、リメイク前にはなかったデビルアクスが登場。
今作では21-幸運/2%確率での自爆に加え、装備中幸運-10かつ敵を撃破した時にHPを回復する「生命吸収」を持つ、ハイリスクハイリターンな代物となっている。

は、を使える兵種が多いのでまだ使い時はあるかも程度だが、デビルアクスについてはを扱える味方がいないので実質敵専用。でもたまに拾うことがある。
敵の盗賊はほとんど威のない「おの」「錆び」「割り」、を与える「」、デビルアクスのいずれかを持って襲いかかってくる。デビルアクスのみやたら威が高いので極めて厄介

余談だが暗50枚で勇者に錬成可。そして勇者50枚で暗に錬成可


風花雪月


デビルアクス、デビルソードが登場。自爆はないが毎戦闘後10ダメージが入る仕様
ちなみに初登場から29年の時を経て、ようやく錬成可になった。錬成することでもとより高い威が更に高まり、英雄の遺産に匹敵する破壊となった。
また、だが毎戦闘後5ダメージ入る「妖アシユラ」も登場する。こちらも錬成可


ヒーローズ


武器自体はバーツ専用武器として登場。戦闘中が上がる代わりに、毎戦闘後に自傷ダメージが入るという性になっている。錬成することでHP75%以下ならターン開始時、カウント-1かつ義によるダメージ+10(怒り)効果が追加される。

また、他にも自身のステータスを上げる代わりに戦闘後に自傷ダメージが入るスキルは「獅子奮」や「〇〇の渾身」などがあり、HPが一定割合以下で発動するスキルとのシナジー効果もある。


FETCG


カードゲームでは暗黒竜と光の剣カードが収録された第五弾で登場。
こちらでは、が使えればでも持てて『戦士の武器』『王の武器』と並ぶ高い打点が得られるものの、相手のチップ(各々のコストを払う際に必要なもの)が偶数の場合自分にもダメージが返ってくるという癖がある武器だった。
持ち続ける武器としては危険なものの、単発の打点が高い重だったためこの武器を使う最低限のコストだけを払い自爆覚悟で振るうプレイヤーが多かったとか。
デビルソードも同じくカード化されているが、こちらも盗賊やダンサーでも高打点が得られる魅的な武器だった。(用途はあまり変わらないが)


関連動画


縛りプレイではデビルアクスに活躍の機会が与えられることもしくない。


■sm5043729[ニコ動]

■sm113632[ニコ動]
■sm290524[ニコ動]
■sm1933449[ニコ動]


次へ»
最終更新日: 20/03/09 20:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ