ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デモンゲイズ


ヨミ: デモンゲイズ
掲示板をミル!
164カキコ!

ようこそ 次世代ダンジョンRPG

デモンゲイズ』(DEMON GAZE)とは、角川ゲームスより発売されたPlayStation Vita専用ゲームソフトである。制作エクスペリエンスジャンルはD(ダンジョン)RPG海外向け調整版である「Global Edition」も発売予定。


ストーリー


々の住む世界とは異なる世界、異なる地でのお話…。
その世界ではと闇の覇権を賭けて常に争っていた。そして、中立たる族がその戦いの審判を務めていた。

物語竜王ペイデが治めるアルダの地から西方ミスリッドで始まる。
ミスリッドの地には数多くの迷宮とそこに隠された財宝をめて賞稼ぎが集まっているが、いつの頃からか「デモン」と呼ばれる機械人形が出現し、暴虐の限りを尽くすようになった。
 
ある日のこと。
ミスリッドの荒野に建てられ、多くの賞稼ぎが寝泊まりする宿屋「亭」に、一人の青年が担ぎ込まれた。
その青年は記憶を失っていたが、彼の右にはデモンを支配する魔眼「デモンゲイズ」のが宿っており、その希少なを見込まれた青年は、生きる為にハンターとなることを決意する。
いつか己のが解き明かされる日が来ることを信じて……。


概要


ウィザードリィエクス』や『ジェネレーションエクス』『円卓の生徒』等を作り上げ、DRPGファンから一定の評価を受けているチームラことエクスペリエンス制作するPS Vita初参入作品。もちろん今作もDRPGである。
ウィザードリィのあれこれを色濃く受け継いでいる一方で、初心者向けに様々な面で変更、良を行っているのが最大の特徴。システム的には円卓の生徒システムブラッシュアップした物が幾つか搭載され、円卓の生徒同様、所謂チームラ作品的には【ライト向けDRPG】の系列として作られている。

スタッフインタビューなどでも触れられているが『円卓の生徒』と同じ世界観を共有しており、関連するアイテムや登場人物の子孫等が出て来たりしている。とはいえ時間軸そのものは円卓の生徒よりもっと後の時代となるので、直接的な続編と言う訳ではいし、知っていればニヤリとできる程度のものなので、円卓未プレイでも大丈夫

上記の通り、今作は『次世代DRPG』を謳っており、マップ画面で座標をタッチすることで自動移動できたり、ネットに繋げることでマップ座標にプレイヤー共有メモを残せたり(詳しくは後述)、ジェムと呼ばれるアイテムを消費することで敵のドロップアイテムの種類をユーザー側で限定させる等、ユーザリティが様々な面で良されている。

なお、今作ではOP、BGMボーカロイドである「IA -ARIA ON THE PLANETES-」がクローズアップされている。


ゲイザーメモ


今作ではゲームダンジョンに潜る際、PlayStationNetworkに接続する事で他のユーザーが残したメモを共有することが出来る。
既存のゲームで似たシステムの例を挙げるとするならば、世界樹の迷宮シリーズのメモよりもデモンズソウルの血文字システムが最も近い。
や定義文の組み合わせでメモを残す形式となっており、これらを参照することでwiki等を見なくともある程度サクサク攻略。記入には『魔法チョーク』というアイテム(消耗品)が必要だが他人の書いたメモを読むだけなら必要い。また貼られたメモは他のユーザーでも剥がせる為に誤情報等の処理もユーザーの手で可となっている。

……と、ここまでは一見ただの良心的なシステムに思えるが、 肝心の定義文内容がチームラクオリティである

まず筆頭となるのがクンカクンカなる定義文。
定義文以前に辞書に載っている日本語でさえい気もするが、ゲーム内に本当に設定されている定義文である。
更に、「ハァハァ」「モエモエ」「キノコ具の名前)」「出し入れ」と続き、ゲーム内の癒やし系筆頭宗教団体『シャーク教団』っぽい定義文「こシャーク」「そうでフカ」等まで備されている。

そうしてそれらがヤバ気な定義文が変態紳士ことプレイヤーの手に渡った結果は正に"ご覧の有様だよ!"と言ったところ。
初のダンジョンにうきうきしながら一歩踏み出せば乱立するメモの山。
メモを見ればに飛び込んでくる「(キャラクター名)クンカクンカ ハァハァ」のような文章が大量に共有されてしまった。

実際、どれだけ酷いかは自身ので確かめてみよう。
余りの酷さに腹筋崩壊日本の将来を心配してしまうこと間違いなしである。


トレジャーハンティング


本作のシステム普通RPGの敵を倒した時に出るドロップアイテムランダムであるが、ダンジョン内に存在する「サークル」と呼ばれる場所にジェムげ、出現した敵を倒すことで必ずジェムに対応したカテゴリアイテムを落とす
例えばジェムげればドロップアイテムに必ずが出現する。ジェムは一度に最大3つ(ゲームクリア後にとあるイベントをこなすことで最大4つ)までげることができる。
但しこのジェムで調整出来るのはあくまで武具の種類だけで、強かったりレアな武具が出るかは自分の運と敵の強さ次第。
使用したサークルは一旦亭に帰還するまで使用出来ないが、制圧(過去に一度でも使用)したサークルセーブ&ロードポイントになるため、やり直しがやりやすくなっている。


2週目以降の初トレハン注意


アイテムには1週につき一つしか入手できないユニークアイテムが存在するが、2週においてこれらユニークアイテムに関して再現性の高いバグ(と言うかフラグ上の仕様ミス?)が確認されていた。
それは「2週に持ち越したユニークアイテムが所持アイテムに入った間、その週のユニークアイテム取得済フラグが立ってしまう」と言うモノ。

つまり、2週キャラクターが最初から装備していた大村正などを装備から外してしまうと、所持アイテム一覧に入った間にその週では大村正はもうドロップした事になってしまい、その週では絶対に大村正はドロップしない事になる。
これはあらゆるユニークアイテムでも同様となる。つまり具、器もまた同様である。
特に器はちょっとしたことで付け替えたりしてしまう事も多い為、2週でももう一つ同様の器を手に入れたい場合は、めて入手するまでは持ち越し時点から装備を変更しないようにしなければならない

なお、この不具合は最新バージョンではすでに修正されている。
パッケージ版は2013年3月29日以降に配信された修正パッチを当てればOK、DL版は前述の日付以降にDLしたならばすでに最新版である。


神器


本作には所謂サブクラスは存在しない。そのかわりに、器と呼ばれる具を装備することで他の職業スキルや一部スペル魔法)を習得することができる。
キャラあたり5個まで装備させることが可で、組み合わせ次第では非常に高い効果を発揮する。元々スペルを覚えない職業であっても内部ではMP成長が行われており、スペルを習得できる器を装備するとMPが表示されて問題なく使えるようになる。
但し入手するのに必要な器のジェム重かつ有限である(一部ボスの固定ドロップ道具屋の初期在庫以外の入手手段が存在しない)ので、良く考えて入手する必要がある。

なお、後半のデモンは増量のジェム器のジェムを同時に落とす事が多い。
このように開発が仕込んでいる通り、基本的に器のジェムは増量系のジェムセットで使用すること。これを行う事で一つの器のジェムで複数の器を手に入れる事が出来る。(序盤でも増量系のジェム道具屋に数個だけ売っている) 


種族と職業



種族


ヒューマン
均的なを持つ種族。いわゆる「人間」。
全ての値が均しており突出した値はいものの、合計値では全種族の中で最も高い万種族。
エルフ
ったと端麗な容姿を持つファンタジー物ではおなじみの種族。
(STR)は若干低いが知恵(INT)は高く魔法が得意。
いわゆるダークエルフハーフエルフなどの生種族が存在するのかどうかは不明。
ただし、ネタバレになるため詳細は伏せるが、少なくともハーフエルフについてはこの世界観には概念がない(エルフと変わらない)模様。
ドワーフ
ガッチリとした体格のファンタジー物ではおなじみの種族。と体(VIT)が非常に高いが敏捷(AGI)が低い。
またこのテのゲームドワーフは信仰(MYS)が割りと高めだったりするのだが本作では若干低い。
エルフ程ではないが長寿命
ミグミィ
背の低い小人族で、他ゲームにおけるノームに近い種族。、知恵、体は低いが信仰と敏捷は高くヒーラーに最適。
重装備は制限がかかって装備できないことが多いため、前衛職には絶望的に向かない。
ファミリーネームを持たない。また身体的に熟であり、10台の後半で立な成人である。
ネイ
猫耳の生えた獣人族。魔法は苦手だが敏捷が高くと体均的。スピードタイプのアタッカーに最適。
理由は不明であるが、奮したり錯乱したりすると所謂ネコ言葉を話す。

種族の特性として種族限定装備がある他に、種族別に各ステータスは固定となっている。(Wizのような作成時のステータスボーナスい)
その代わり、レベル上昇時にステータスに1ポイントずつボーナスポイントを割り振りステータスを強化していける。このステータス強化は種族の初期値ステータス+20でカンストする(ヒューマンなら初期ステータス値が全て9なので、全ステータス29で打ち止め)。 ゲームクリア程度なら何の問題もいが、やり込む前提なら留意しておいた方が後々後悔する事もいだろう。


職業


デモゲイザー
デモンを操る魔眼の使い手。主人公専用職業
イラストでは腕を縛るような鎖が特徴(一応主人公の初期装備アクセサリーでもある)。詳細なは登場人物のほうに記載されているので割愛
ファイター
近接戦闘を得意とする戦士
装備できる武具が多く、HPも高いので前衛に最適。スキルは命中率を犠牲にする代わりに火力を上げるものを習得していく。
「攻撃の命中率が低い」という問題点を抱えているが、そこをスキルや味方のサポートで補強してしまえば終始使いやすい物理アタッカーである。特にクリア後は装備と器の組み合わせを吟味することで、化け物のような火力を発揮し始める。
パラディン
前衛で仲間を守ることに特化した騎士
や重装備を多く使いこなし防御が非常に高い。さらに味方をかばうスキルや即死全耐性などを獲得できるため、役としての活躍が見込める。
火力としてはイマイチなのだが、アサシンでは達成できない高い防御と高性での回避の両立は正にオンリーワン
サムライ
一撃必殺のを使いこなす
二刀流により両手にを装備させることができる軽量アタッカーであり、スキルは最高に使いやすい範囲攻撃「切り込み」と、最高に使いにくい単体スキル修羅」を習得する。
前者は序盤から最後まで活躍できる一方で、後者は準備をキッチリ行わないとほぼ自滅する。しかし準備さえ万端ならどんな敵でもワンターンキルが狙えるピーキースキルである。
なお、Wizardry伝統の武器である村正を装備可一のクラスである。
レンジャー
による遠隔攻撃を得意とする猟兵。
高い命中率と威を併せ持つ攻撃を連発可で、さらに「即死効果が付与された必中の狙撃」「矢が貫通して後列の敵にもダメージ」といったスキルを習得できる。
命中の関係からクリア前までならファイター以上の火力を誇るが、終盤では抜かれてしまう。とはいえ器で補ってやれば最初から最後まで使っていける。
アサシン
相手を撹乱しつつ攻撃することに長けた暗殺者。
かつ強スキルを多数習得する芸達者で、攻撃役としても役としても運用できるのが魅。ただし、攻撃役か役か、育てる方向性をきっちり決めないと中途半端なことになりかねないので注意が必要。
ヒーラー
味方の体や状態を回復させる癒し手。
回復スペルだけでなく、味方を守るシールドスキルや不死者に対して効果のある攻撃スペルなども習得する。
さらに、チームラ僧侶お約束MP回復MP譲渡スキルも習得。この2つを活用すればMP供給機関としてパーティーに欠かせない存在となれる。
ウィザード
属性攻撃魔法を得意とする魔法使い
非力ではあるが多な攻撃魔法に加えてバフデバフもお手の物。
必要なスキルスペルわない序盤は厳しいが、それらが全てってしまえば攻撃・回復・補助全てにおいて八面六臂の大活躍が見込める大器晩成
 

次へ»
最終更新日: 16/10/31 23:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ