ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デレラジ


ヨミ: デレラジ
掲示板をミル!
237カキコ!
«前へ
本日のデレラジさん→デレラジさん
「本日のデレラジさん」は、ビッグガンガンで連載中の「本日のアイドルさん」の作者・木吉紗が描く4コマ漫画を、パーソナリティの3人がを付けたミニドラマ
2013年8月一杯で「本日のアイドルさん」が連載終了するのに伴い、9月以降はアジイチ作の漫画「デレラジさん」にパーソナリティ3人がを付けるという形に変更された。
なお、いつのまにか、ゲストがいるときは、そのゲストがなんらかの形(モブから効果音まで)で参加することが恒例となっている模様。
ふつおた
CM明けの本編最初のコーナープロデューサー(視聴者)からのメールを読む定番中の定番。ゲストが登場する場合はこのコーナーから登場することが多い。なお、「普通」から島村卯月を連想するせいか、生放送ではCM明けにコメントで「うづおた」と流れることが多い。
マジカルリプライ
正確にはふつおた内の1コーナープロデューサーからの質問に対して、キュートクールパッションイメージのいずれかで返答する。
マジカルオーディション
正確にはふつおた内の1コーナープロデューサーから寄せられた新人アイドル原案にパーソナリティがそれぞれ、その場でをあて、が良かったかをアンケートで決める。
マジカル占い
正確にはふつおた内の1コーナーで、ゲスト回限定コーナーゲストの悩みをパーソナリティキュートクールパッションイメージのいずれかで解決案を示し、視聴者アンケートゲストへお勧めの解決案がどれかを決める。
シンデレラガールズ劇場
ゲスト登場回(初参加時のみ?)にのみ行われるコーナー。前日までにゲーム内で更新される同名の4コマ漫画を元にしたミニドラマ本編4コマでは登場しなかったイラスト生放送内で披露される、一粒で二度美味しいコーナー
ちなみに放送話数と対応するシンデレラガールズ劇場の回は以下の通り。
放送話数 シンデレラガールズ劇場 ゲスト
第12回(2012/11/21) 52話「デレラジ今日ゲストは?」 大坪由佳 (三村かな子 役)
山本希望 (城ヶ崎莉嘉 役)
動画[動]
第15回(2012/12/11) 58話「デレラジゲストだにゃ!」 高森奈津美 (前川みく 役)
五十嵐裕美 (双葉杏 役)
動画[動]
21回(2013/1/30) 第74話「デレラジゲストだよ!」 津田美波 (小日向美穂 役)
原紗友里 (本田未央 役)
動画[動]
第24回(2013/2/19) 第81話「デレラジゲストだにぃ!」 松嵜麗 (諸星きらり 役)
青木瑠璃子 (多田李衣菜 役)
動画[動]
第36回(2013/5/15) 109話「デレラジゲストだよっ♪」 黒沢ともよ (赤城みりあ 役) 動画[動]
37回(2013/5/22) 112話「デレラジゲストだミン♪」 三宅麻理恵 (安部菜々 役) 動画[動]
40回(2013/6/12) 第121話「デレラジゲストトライ!」 赤﨑千夏 (日野茜 役) 動画[動]
53回(2013/9/11) 151話「デレラジゲストです」 洲崎綾 (新田美波 役) 動画[動]
第56回(2013/10/2) 160話「デレラジゲストよ!」 東山奈央 (川島瑞樹 役) 動画[動]
60回(2013/10/30) 174話「デレラジゲストですよ」 金子有希 (高森藍子 役) 動画[動]
62回(2013/11/13) 184話「デレラジゲスト…ですっ」 大空直美 (緒方智絵里 役) 動画[動]
第66回(2013/12/11) 204話「で…デレラジゲスト…だよ」 桜咲千依 (白坂小梅 役) 動画[動]
79回(2014/3/26) 268話「デレラジゲストです…」 上坂すみれ (アナスタシア 役) 動画[動]
83回(2014/4/30) 290話「デレラジゲストどす~」 立花理香 (小早川紗枝 役) 動画[動]
84回(2014/5/7) 297話「デレラジゲストだよっ!」 松井恵理子 (神谷奈緒 役) 動画[動]
85回(2014/5/14) 303話「デレラジ…ゲスト…フヒ…」 松田颯水 (星輝子 役) 動画[動]
87回(2014/5/28) 312話「デレラジゲスト、だよ」 渕上舞 (北条加蓮 役) 動画[動]
88回(2014/6/4) 318話「デレラジサイキックゲスト!」 鈴木絵理 (堀裕子 役) 動画[動]
89回(2014/6/11) 322話「デレラジに来ちゃいました」 佐藤利奈 (千川ちひろ 役)
93回(2014/7/9) 338話「デレラジゲストーっ!」 杜野まこ (姫川友紀 役) 動画[動]
94回(2014/7/16) 343話「デレラジ…ゲストです」 牧野由依 (佐久間まゆ 役) 動画[動]
95回(2014/7/23) 347話「デレラジ…です」 M・A・O (鷺沢文香 役) 動画[動]
106回(2014/10/6) 392話「デレラジゲストですっ」 原田ひとみ(十時愛梨 役)
マジカルレッスン
3人でを合わせてプロデューサーからのレッスンをこなし、レベルアップコーナーニコニコ生放送ならではの機(アンケートを使ったり、回答のヒントとしてリスナーからのコメントを募ったり等)を用いたレッスンをすることも。略称は「マジレス
魔法が解けちゃった!
アーカイブ配信のみのおまけコーナー生放送後の様子やふつおたで読めなかったメールの紹介、感想、反会など、伝えきれなかった事を大公開!

※これ以外に、CINDERELLA MASTER その他の楽曲を、ふつおたマジカルレッスンの間に紹介している。コーナー名は未定


デレラジA


Aトーク
CM明けの本編最初のコーナー。いわゆるふつおたコーナー
卯月のAlways s(mile)ING!
悲しいこと、怒りを感じたこと、辛かったことなどを笑顔の達人、島村卯月が全でなぐさめて最高の笑顔に変えるコーナー
Antaがプロデューサー
渋谷凛クールに評価を下す、大喜利コーナー
美嘉senpAiカリスマレッスン
巷でにする難しい言葉、意味の分からない略語、難しいことわざなど、城ヶ崎美嘉が、どんな質問でも答えるコーナーただし、ITに関してはアイステ!!!へ。
今週の少女A
オンエアされたアニメの中に登場したアイドルたちを紹介するコーナー
次回予告タイプA
ニセ次回予告妄想して楽しむコーナー
かってにリアル346プロ
アイドルたちにしてほしい仕事などを勝手に依頼するコーナー。なおこちらはあくまで妄想なので、実現できそうな企画コロムビアへ送ること。
マジカルレッスン
プロデューサーから送られたレッスンをこなしてレベルアップす。神回を呼ぶか、ぽんこつが露呈するかの二択になることが多い。
デレラジAの事務所探訪
デレステ」のマイルームを紹介するコーナー土曜にやってるあの番組のパk…オマージュ
最近のトレンドはグッズレイアウト文字を書くこと。
ウワサノート
デレステ」のロード画面に出てくる「アイドルのウワサ」のような、アイドルの噂を妄想して送るコーナー。あくまで噂であるから偽は問わない。

デレラジ☆


ふつおた
デレラジ当時と同様。デレラジ☆になるにあたって「Aトーク」から名称が戻された。
スターアルバム
投稿されたアイドル紹介文を紹介する。今週の少女Aから称された。
デレラジ事務所探訪
デレラジAの「デレラジAの事務所探訪」と同様。デレラジ☆になるにあたって称された。
ウワサノート
デレラジAから継続。滅多にやらない。
マジカルレッスン
デレラジ・デレラジAから継続
パーソナリティパーソナル
初出演者を対に、その出演者のことをいくつかの質問を通じて視聴者に知ってもらうコーナー
頂戴いたします!
デレステ名刺で作られたアレンジ名刺を紹介するコーナー。滅多にやらない。
ARoundシンデレラ
2018年9月実装されたデレステARを使って撮影されたアイドル写真を紹介する。

用語・コメント


でれっす
ラジオ開始時のあいさつユーザーからの投稿を元に、それを短縮する形で決定した。デレラジA(エース)では「でれえーっす」、デレラジ☆では「れすた」と変更された。
おやすーん
ラジオ終了時のあいさつはっしーこと大橋彩香の提案で決定した。元々は、はっしーブログでのあいさつ
2017年9月おまけ有料化以降、本放送終了時は「おつかれさまでした」、おまけ生配信「魔法が解けちゃった」終了時に「おやすーん」を使用している。
やみのま
神崎蘭子台詞闇に飲まれよ!(訳:お疲れ様です!)』の短縮形。ラジオ終了時の非公式挨拶で、生放送終了後にプロデューサー達がコメントでこの挨拶を交わしている様子が見られた。現在は上記の「おやすーん」か、下にある「ねるぐ」に駆逐されてしまった模様。
ぞの
ラジオ慣れしていない三人が、ディレクターからの示に傾注してしまい、 文字通り『の間』が発生していたことによるもの。
デレラジを聞いた今井麻美(如月千早役)と中村繪里子(天海春香役)が、 アイマスタジオにて『初々しくて可愛い所』と摘したのが始まり。
回を重ねるごとに『なぞのま』発生率は下がっている模様(?)。
わんこ
大橋彩香のこと。前述した今井麻美ゲスト出演したとき、はっしーに対して「ついつい『お手』とかやりたくなるよね」と発言したところ、間入れずはっしーミンゴスに「お手」をしたところから、ミンゴスはっしーのことをちょくちょく「わんこ」と呼んでいる。
この経緯から、ミンゴスはっしー限定のあだ名であることには注意。
ねるぐ、かくかく
大橋彩香読み間違いによるもの。それぞれ「寝具」「各々」のこと。
後日、「ねるぐ」は本当に実在する商品であることが判明した(正確には「Nelgu[外部]」という)。
へごちん
大橋彩香のこと。別番組(下記参照)で「頭へ、ごちん」のことを、何故か続けて「頭を、へごちん」と読んだのが元ネタだが、デレラジではその感からか、一時はすっかり「ポカをやらかした大橋さん」→「ポカをやらかした人への呼びかけ」となっていた。
その後、"へごちん"または"へご"はすっかり大橋ニックネームの一つとして定着し、今や"はっしー"を駆逐する勢いである。原因はあのラジオ大橋本人もこれを認めているが、シンデレラガールズ関連ではなるべく"はっしー"と呼んでほしいらしい。
飯屋
原紗友里本田未央役)のこと。本当は「救世主(メシア)と呼んでいいんだよ」と原が言ったのを「飯屋」と聞き間違えたことから。例によってノリの良い界のこと、すっかり定着してしまった。
ところが、第47回(2013/7/31)の放送にて、急病で大橋が欠席したとき、原が急遽代理パーソナリティとして登場し、番組を盛り上げた。飯屋が本物のメシアになった間であった。なお、それ以降はまた飯屋に戻ってしまった模様。
ちなみに飯屋のデレラジ登場率はゲスト中でも高く、とくに2013年11月はほぼ1回置きに参加、さらに第3回ニコニコ超会議でも大橋不在のデレラジチームの助っ人として参加し、すっかり"不動の準レギュラー"を定着させた感がある。
2014年10月より、同様にゲスト出演が多かった青木瑠璃子と共に別番組CINDERELLA PARTY!(通称:デレパ)のパーソナリティに抜され、言わばライバル関係となったため、これまでの関係が変わるのかと思われたが、第115回にまたしても大橋不在(シンガポールでのイベント出演のため)の代理パーソナリティとして出演している。
ランス
アニメドキドキ!プリキュア』に登場する妖精(マスコットキャラ)。
CV大橋彩香であり、デレラジのマジカルリプライで似たような話し方をする事がある。
変身アイテムである「ラブリーコミューン」でいつでもを聞くことが可である、買おう。
更にランス相棒四葉ありす北条加蓮役の渕上舞が担当しているし、この作品のOPは赤城みりあ役の黒沢ともよが歌っている。
drrrrrrr
ドラムロール……ではなく、リニアモーターカーのこと。
104回(2014/9/23)のマジカルレッスンでリニアモーターカーを説明することになった福原綾香リニア自体をよく知らなかったため「ドゥルルルルル」とエンジンの駆動音のような何かで表現した。感のインパクト弾幕向きの表現からあっという間に普及し、この時のゲスト・原と青木によってCINDERELLA PARTY!でも登場することになった。最近ではアイマスニコ生が始まる1分前になるとこのコメントで画面が埋め尽くされるのがお決まりになりつつある。このコメントに紛れてリニアに乗りたがるPaアイドルが現れたり、字面が似ているゲスい笑い声が混ざることも。
ジャストシステムもニッコリ(ジャスニコ)
コーナー「Aトーク」のコールのあとに流れる弾幕。ジャストシステムIMEATOKに引っかけたもの。ちなみにATOKは正しくは「エイトック」と読む。デレラジ☆への移行で「Aトーク」は「ふつおた」に戻ってしまったため、以降は「ジャストシステムガッカリ」などのコメントが流れることもある。
普通|◯◯
オープニング終了後、デレラジDVDCMが挟まるのだが、それを担当しているのは島村卯月であるため、彼女普通さに引っかけ、電車列車の行き先表示を真似て「普通|◯◯」の様々な弾幕が流れる。希に急行快速準急の他、特定の路線でしか走っていないマニアック列車種別も流れていくので、元ネタを探ってみるのも楽しいかも知れない。なお、アイマス10thライブの後の放送では西武球場前行きが、シンデレラガールズ3rdライブシンデレラの舞踏会 -Power of Smile-」終了後は幕張メッセのある幕張行きが多かったようである。なお、2017年9月編でCMをするキャストランダムになったため、この字幕が流れることは少なくなった。
mkdy
エンディング前にはシンデレラガールズコミックCMが挿入されるが、それを担当しているのは城ヶ崎美嘉である。そして始まりの一言がいつも大抵は「城ヶ崎美嘉だよー」であるため、いつの間にかその台詞が「ミカダヨー」「mkdy」と略されるようになった。希に「ミクダニャー」「ffdy」など、あまり関係のないアイドルの名前が流れていくこともしばしばである。なお、2017年9月編で(ry
かむらちゃん
佳村はるかが原稿を読んでいるときに「噛む」と流れるコメント(「佳」が「か」と読める)。
もともとは、松嵜麗佳村はるかの呼び名として付けたもの(参考[外部])であったが、コメントとして用いられる場合はたいてい上記の意味。

ゲスト(週替わりパーソナリティ)一覧


初登場順。【】内は当番組内での呼称(基本的に敬称略。必ずしも、一般的な称ではないので注意)。


次へ»
最終更新日: 19/09/05 16:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ