ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート


ヨミ: デゼーヴェンプロヴィンシェンキュウフリゲート
掲示板をミル!
3カキコ!

デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン(De Zeven Provinciën)とは、オランダ語で『七州連合』という意味でオランダの別名もしくは美称(≒かっこいい言い方)。日本で言えば『瑞穂』もしくは『秋津島』みたいなもの。オランダではよく軍艦にこの名前がつけられており、現代までに7隻の艦にこの名前が名づけられている。本項ではその中でも最新のものであるデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲートについて述べる。


デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲートの概要


オランダ海軍の現時点における最新鋭のミサイルフリゲートであり、後述するグダグダの果てにオランダが独自に建造した。その対イージス艦に匹敵する。
現在4隻が就役している。 


NFR-90の立案と崩壊


1988年NATO8カ・加・・独・・英・西)は共同で60年代建造のフリゲート艦を代替する艦を開発ことを決めた。これがNFR-90……“Nato Fligate Replacement for 90's"、意訳すると『90年代NATO代替フリゲート』計画である。

しかし、共同開発というのは大抵死亡フラグでして……。

アメリカ:「アーレイ・バーク級大量生産のめどついたから降りるわ」
フランス:「このシステムだとうちのエグゾゼミサイル積めないから降りるわ」
イギリス:「フォークランド戦争の戦訓から考えると、このシステムでは低いから降りるわ」
イタリアスペイン:「ないから降りるわ」
ドイツオランダ:「まてやコラ

てな感じでわずか2年後に見事空中分解を起こしてしまった。 


TFCの立案とまたも崩壊


とはいえ代替艦をさっさと建造しないと時代遅れになる。そこでNFR-90の参加は二手に分かれ、独自に共同開発を行うことになった。

ホライゾン計画のほうは毎度のごとくイギリスが抜け残った2で共同開発を行うこととなり、これが『フォルパン駆逐艦』()『アンドレア・ドーリア駆逐艦』()として結実。なお、イギリスは船の設計段階での共同開発は降りたが防システムの共同開発では残ることになり、これが後にデアリング級として結実する。

そして、TFC計画はというと……。

スペイン:「共同開発はいいけど開発費で湯のようにが出て行くなぁ。うち貧乏なのに」
アメリカ:「いまならイージスシステム、お安くしますよ?」
スペイン:「乗った!」
オランダドイツ:「かせや

てな感じでスペインイージス艦乗り換えTFCを離脱(これが後のアルバロ・デ・バサン級フリゲート)。残った2で開発・建造したのがドイツザクセンフリゲート、そしてこのデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲートである。


解説



NAAWS


NFR-90が崩壊した(に開発費とどのミサイルを積むかが原因)元であり遺産でもある対システム

オランダタレス・ネーデルランド社が開発したシステムレーダーと戦術情報処理装置(要するにコンピュータプログラム)がセットになったシステムイージスシステムに似た構成から「ミニイージス」と呼ばれることもあるらしい。しかし対潜水艦戦のためのソナーとの統合は行われてない模様。まーヨーロッパじゃ潜水艦の脅威はあんまりないし。

中核は長距離捜索レーダーSMART-L』と多機レーダーAPAR』。この二つの組み合わせにより32個の標に対する攻撃と200の対空目標、150水上標を識別できるとしている。

NAAWSは結構つぶしが利くシステムらしく、デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級のほかにドイツザクセン級とデンマークアイヴァー・ヒュイトフェルトフリゲートにも搭載されているが戦術情報装置は3艦すべて違うものが搭載されている。

以下NAAWSの余談。


関連動画



■sm22959359[ニコ動]


関連商品


デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲートに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 14/08/19 04:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ