ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トゥルー・ビリーバー・シンドローム


ヨミ: トゥルービリーバーシンドローム
掲示板をミル!
2カキコ!

トゥルー・ビリーバー・シンドロームtrue-believer syndrome、狂信者症候群、信じ込み症候群)とは、何らかの超常現象超自然現象について真実であると信じ込んだ人が、その「超能力者」からトリックであったことを告白されるなどの非常に明確なインチキの拠を示されてもなお、その超常現象/超自然現象を信じ続けてしまうことである。


概要


1976年に発売された書籍『The Psychic Mafia』(サイキックマフィア、直訳すれば「超能力マフィア」)内で初めて言及された言葉だとされる。

この『The Psychic Mafia』は自らも霊媒として活動していたM. LaMar Keeneが「霊者らがどのようなトリックを用いて顧客を騙し、霊を信じさせてお金を巻き上げていたか」を告白する内容の暴露本である。

この本の中で、「霊媒自身がインチキであったと告白した後にも、変わらず(あるいは以前よりさらに強固に)霊を信じ込んで執着してしまう客がいる」という現および、M. LaMar Keeneがその現を「the true believer syndrome」と呼んでいることが紹介された。

The need to believe in phony wonders sometimes exceeds not only logic but, seemingly, even sanity.

(まやかしの秘を信じたいという欲求は、時に論理逸脱するのみならず正気を失わせることすらあるようだ。)

※同書籍より引用、意訳

『The Psychic Mafia』では、オペラ作品『The Medium』(邦訳タイトル『霊媒』。ジャンカルロ・メノッティ作)でも類似の場面があることが紹介されている。このオペラ主人公はいんちき霊媒で、作中で「私はあなたを騙していたのだ!」と顧客らに告白する。しかし顧客たちはその告白を受け入れない。このオペラは1940年代に初演されたものであり、「トゥルー・ビリーバー・シンドローム」という用としては『The Psychic Mafia』が初出であるものの、こういった出来事が起こりうることはかなり以前から知られていたことがわかる。

ここまで読んで「なぜそんな矛盾した心理状態になるのか?私にはまったく理解できないし想像も共感もできない」と感じた人もいるかもしれない。

しかし、「その超常現象を信じて多くの他人に広めてしまったり、自分や家族人生を賭けてしまっている」という状況を想定してみるとどうだろうか。そういった状況では、今さら「私が信じていたこの超常現象は誤りだった」と認めてあらゆることを軌修正させるよりも、そのまま信じ続けている方が乗り越えるべき心理的ハードルは低いこともあるだろう。また、信者は「霊者自身も気づいていなかったようだが、実はいんちきのつもりで意識のうちに本当の霊を使っていたのだ」などと思い込むことで強引に矛盾を打ち消し、合理化することもある。これらの心理は「今さら引っ込みがつかない」とか「自己欺瞞と合理化」という言葉に単純化することもできる。

「引っ込みがつかない」「自己欺瞞と合理化」といった心理状況を人生で経験している人も少なくないだろう。また仮に自分で経験したことはなくとも、「引っ込みがつかないだの自分を騙すなどといった気持ちはかけらも想像もできないし、そんな気持ちになるのは異常だけだ」とする人は少ないのではないだろうか。こう考えれば、「トゥルー・ビリーバー・シンドローム」もそれほど理解・共感しがたい状態というわけでもなく、普通の人が普通に陥る可性がある状態かもしれない。

『The Psychic Mafia』の和訳版『サイキックマフィア―われわれ霊者はいかにしてイカサマを行ない、大を稼ぎ、客をレイプしていたか』では、原著の「the true-believer syndrome」(ハイフンが付かない「the true believer syndrome」と表記している箇所もある)は「狂信者症候群」と訳されている。しかし「信じ込み症候群」の方が本来の意味に近いのではないかとする意見もある信じ込み症候群(true believer syndrome) - 懐疑論者の祈り[外部]。なお「syndrome(症候群)」と付いてはいるが、上記の経緯からわかるように正式な医学的/心理学的用というわけではない。

本来は超常現象の分野で使用される言葉だったが、カルト宗教などや、さらには超常現象宗教が関わらないデマ陰謀論疑似科学などの場合でも類似の心理現が生じるようであり、そういったケースを評する際にもこの言葉が使用されることがある。


関連商品


■az044016849X
■az4903063135


関連リンク



関連項目



最終更新日: 19/05/05 22:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ