ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トウショウファルコ


ヨミ: トウショウファルコ
掲示板をミル!
4カキコ!

トウショウファルコとは、1986年まれの日本の元競走馬である。

日本競馬史上最も手な


概要


グリーングラスカメリアウショウ、ハンダンサーTTGの一を占めた名うてのステイヤー。は未出走で繁殖入りしたが、その祖TTGの筆頭トウショウボーイを産んだソシアバターフライスピードとスタミナが融合した、結構いい血統である。

トウショウファルコがとにかく有名なのはその見たである。毛でたてがみが色の、いわゆる「尾毛」。尾毛と言われるサッカーボーイトーホウジャッカルなど意外と数がいるが、トウショウファルコの金髪具合はその中でも抜きんでている。三に大流星も大きい。とにかくド手なルックスで非常に注されたのである。ついたあだ名が「走るベルばら」。まあ、オスカルっぽいっちゃあオスカルっぽい・・・のか?
名の由来は漫画北斗の拳」に登場した「色のファルコ」ことファルコ将軍である。この年のトウショウ牧場の同期にトウショウサウザーユリアウショウと北斗の拳が由来となった名が複数登録されている。1歳年下には名脇役シノケンシロウもいた。ケンシロウ脇役ってのも変な話だけど。

当初は裂蹄の持病に加えて後が踏んりが効かない欠点を持ち、デビュー後しばらくは条件として過ごした。4歳初頭にはついに障練習を始めるが、適当レースがなく地に戻ってきてしまう。しかしこの障練習のおかげで後がしっかりしたらしく、徐々に成績が向上。翌年七夕賞で3着すると年末にオープン特別を勝ち晴れオープンに昇格。翌1992年には杯(東)とAJCCを連勝。ついに本格化かと思われた矢先に蹄球炎を発症。休養明けの天皇賞(秋)で惨敗し、その後は度重なる折で戦列に復帰できないまま引退競走馬としては不完全燃焼に終わった。
ちなみにトウショウファルコはだいたい逃げるか、逃げに近い先行で活躍した。勝ったAJCCも逃げ切りである。あのド手な金髪(しかも長)をたなびかせてずーっと先頭走ってんだから、そりゃ立つよなぁ。

引退後は「グリーングラスの後継種に!」というもあったが、強い要望があり東京競馬場で誘導となった。現役時代から女性ファンの多いだったが、誘導になってからも黄色援をもらってたらしい。
99年に誘導引退し、その後は根岸競馬場跡地に建てられた馬の博物館で時折乗の役をこなしながら余生を送り、2005年に19歳で世を去った。


関連動画


2ちゃんねるを集計した結果2位だった

■sm18237777[ニコ動]


関連商品


トウショウファルコに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目


毛の皆さん


最終更新日: 17/02/07 19:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ