ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トランスフォーマー ザ・ムービー


ヨミ: トランスフォーマーザムービー
掲示板をミル!
38カキコ!

トランスフォーマー ザ・ムービーとは、戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー劇場版アニメである。
近年では単純に「ムービー」と言うとトランスフォーマー(実写映画)すことが多い。

よって、私にいい考えがある。本作を一言で表す時は「ザ・ムービー」とするんだ。そうすれば間違える人も少なくなる。


概要


世界アニメ史に残ると言っても過言ではない、名作アニメ映画制作東映動画、いまの東映アニメーションである。
今の業界から見ても作画技術・枚数・描き込みなどが半端ではないことになっていることで有名。 

シリーズとしては初代と2010を繋ぐユニクロン戦争のことを描いた作品であり、2010への導入にあたり非常に重要な役割を持つ。
…のだが、日本ではザ・ムービーを即座に上映するということが出来なかったうえに、諸事情で本来予定していた開日からも遅れに遅れることになった。
そのため、日本子供達はCMでの「コンボイが死んだ!」という驚愕キャンペーンや、2010の第一話冒頭でナレーションにいきなりこれまでの末などなどを聞かされ、然とするしかなかった。

本作もまたアメリカ導であるため、いろいろツッコミどころがあるのがご嬌な作品だが、それだけにいろいろ胸を締め付けるような展開が多く用意されている。

最大の要素は、本編では引きずり下ろして細切れにされても、血祭りにあげられても死ななかったトランスフォーマー達が、あっけなく死を迎える点である。
コンボイの死だけに飽きたらず、ファンには染み深かったあんなキャラやこんなキャラ一発であっけなく死んだりする。正直ファンには辛いシーンが盛りだくさんなのだ。
特にシーズン1から活躍していた多くのキャラは商品展開上の都合なのか、率先して戦死扱いにされてしまっている。

辛い要素があるものの、やはり熱い展開、使い切れないくらい渡された何十億円単位の予算から生まれた作画などと、トランスフォーマーファンにとっては伝説と慕われるクオリティ映画作品である。

ちなみに日本開されたのは、1989年2010の放映からそれなりに後で、しかもチャリティ上映にとどまっている。

さらに不運なのは、本作のDVDが今は入手困難であることである。一応かつては発売されていたのだが……。


関連動画



■sm4205846[ニコ動]


関連商品


■azB00005HSH5


関連項目



最終更新日: 12/11/21 03:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ