ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トリフィド時代


ヨミ: トリフィドジダイ
掲示板をミル!
13カキコ!

トリフィド時代(The day of the Triffids)とは、ジョンウィンダム作の長編SF小説である。

邦題は出版社などによって異なり、例えば「トリフィドの日」「怪奇植物トリフィドの侵略」「植物人間 地球滅亡の日」と題された本もある。


概要


1951年に発表されたいわゆる社会崩壊物のSF古典モンスターパニック社会崩壊といったテーマの作品の嚆矢的な存在として知られている。また、当時の作品らしく冷戦に強いを受けている。


あらすじ


「トリフィド」という動く植物が食糧、油脂の原料などとして利用されるようになった近未来のある日、世界は世紀のショーに湧いていた。流星群によりに染まる様を人々は楽しんだが、トリフィド栽培農園の技師ビルは、トリフィドに襲われた負傷により一時的に視を失っていた事によりそれを見ることが出来なかった。翌、いつまでたってもも病室に現れないことを不審に思ったビルは、勇気を振り絞ってを覆っていた包帯を外す。すると、そこにあったのは混乱の極みに陥ったの有り様だった。昨流星群物語後半で、実は体現ではなく某軍事衛星放出した細菌兵器なのではという考察が明かされる)を見物した人々はみな視を失っていたのだ。

秩序が崩壊した社会の中、偶然視を保った人々の間で自治組織が結成されるが、やがて方針の違いから崩壊して行く。また、疫病の流行やトリフィドの脱走により生き残った人々もどんどん倒れて行く。

そんな中ビルは仲間たちと共に新たなコミュニティを作り社会の復していく。


映像化


幾度か映像化されており、日本でも流通している。特に1962年版(邦題『人類SOS!』)は名作と言われ、視を失った人々が群がるシーン人工衛星による世界的異変(映画版では隕石が原因)という構図、そしてタイトルロメロ監督のナイト・オブ・ザ・リビングデッドにを与えている。


トリフィド


本作のタイトルにもなっている植物怪獣。某ソ連)が密かに開発していたものが事故により世界中にばらまかれた……らしい。全長は二メートルほどで、太い幹に三本の脚の様な器官がついていて、スピードは遅いものの自で移動する事が出来る。また、最上部には食虫植物のような消化器官があり、毒針がついたを振りまわして獲物を殺し、程良く腐敗した所で食べたりする。音に反応するが視覚は持たない。

良質の油が取れ、食用にもなった為全世界で栽培されていたが、社会混乱によって管理するものがいなくなり制限に歩き回り人類の敵となった。


ゲーム等のモンスターとして


本作が有名であるためか、ファンタジー系のゲームなどには、「トリフィド」が植物系の敵モンスターとして採用されている作品もある。しかし「トリフィド」という名前と「植物」という部分しか参考にして居ない場合が多く、上記の特徴をそのまま描いているものはあまりない。


関連動画



■sm4603877[ニコ動]


関連商品


■azB002R53WHE
■az4488610048


関連項目



最終更新日: 18/07/24 22:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ