ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トリプルアクセル


ヨミ: トリプルアクセル

トリプルアクセルとは、フィギュアスケートにおけるジャンプのひとつ。

曖昧さ回避

概要


前進滑走から片足で踏み切って跳び上がり、回転してから逆の足で後ろ向きに着氷する「アクセルジャンプ」の一種。中で3回転した後に着氷するアクセルジャンプで、着氷時に半回転するアクセルジャンプ特性から「3回転半ジャンプ」とも言われる。
1978年世界フィギュアスケート選手権(カナダオタワ)にて、ヴァーン・テイラーカナダ)が世界で初めて成功させた。
ちなみに、「アクセル」はアクセルジャンプの考案者「アクセル・パウルゼン」(ノルウェー)が由来である。
 
アクセルジャンプISUが認定する6種類のジャンプでは一の前方踏み切りで、他5種のジャンプより半回転多く回らねばならないことから、最も難易度が高いジャンプとされている。
ルール上、ショートプログラムではダブルアクセルもしくはトリプルアクセルが必須要素とされ、フリー・スケーティングでも最低1回はアクセルジャンプを入れなければならない。
そのため、男子選手にとってトリプルアクセルは上位に食い込むための重要なになる。


女子ではクワドラプルジャンプ(4回転ジャンプ)を飛べる選手がどいないことから、実質的に最高難易度ジャンプとなる。トリプルアクセルを認試合で成功させた女子選手は数少なく、2018年2月15日現在までに世界でも8人しかいない。

1988年NHK杯にて、伊藤みどり女子選手として世界で初めてトリプルアクセルを成功。 世界初の成功者となったことから「トリプルアクセル」は伊藤みどりの代名詞となり、日本でも「トリプルアクセル」の知名度が一気に高まった。
さらに伊藤1992年アルベールビルオリンピック五輪女子史上初のトリプルアクセルを成功させている。
  
2010年バンクーバーオリンピックでは、浅田真央が1つの大会で女子最多となる計3回(SP1回、FS2回)のトリプルアクセルを成功させ、ギネス世界記録認定された。

ペアでは2006年トリノオリンピック井上ジョンボルドウィン組が史上初のスロートリプルアクセルを成功させている。


関連動画



■sm20045709[ニコ動]

■sm20067545[ニコ動]
■sm187095[ニコ動]
■sm200902[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 20/09/15 20:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ