ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トレース


ヨミ: トレース
掲示板をミル!
275カキコ!

トレース[英:trace]とは、ある物をなぞること。あるいはその跡のこと。

この記事では特に、製図や絵画、イラストにおけるトレース技法について解説する。「トレス」と呼ばれることもある。


概要


製図や絵画、イラスト等において、元にする図を何らかの方法を用いて透かせ、それをなぞる事によって写しとる技法のことである。

製図などでは「トレーシングペーパー」と呼ばれる半透明のを用いてトレースする。イラストにおいては、「トレース台」と呼ばれる、白色のアクリの下にを仕込んだライトボックスの上にトレース元の図案とトレース先のを重ねて置き、に透かして写しとる方法などが一般的であった。またトレース台を用いた作業は、セルアニメーションの製作過程においても欠かせないものである。

近年ではコンピューターの普及により、トレーシングペーパーなどを用いなくてもコンピューター上で容易に図案を透かせてトレースすることが出来るようになった。

絵画の模写と混同される場合があるが、模写は他の作家の作品を真似て描く過程で作家の意図を理解、体感し自らの修練とするものであり、元の図案を機械的に写し取るトレースとは手段も的も異なる。強いて言うならトレースは模写ではなく、転写技法の一つと考えられる。


主な使用方法



作業の効率化、簡略化、クオリティアップのため


別の絵や写真を元にトレースして絵を制作することで、作業効率をアップさせつつ作画クオリティも上げることができる。漫画アニメ背景作画においては実写の資料をトレース(ないし模写)して利用する事は頻繁に行われている。

アニメーションでは、実写映像を撮影してその映像を1コマづづトレースし、非常に精巧でリアルな動きを再現する手法が存在する。詳しくは「ロトスコープ」の記事を参照。

自作の絵を素材とすることは特に、「セルトレス」という造で呼ばれる場合がある。ただし実際にトレースするわけではなく、自作の描いた絵を素材として切り貼り・加工・写すなどして絵を作ることをケースが多い。


手描きMAD


ニコニコ動画では、アニメなどをトレースたうえでキャラクターの一部を変し、別のアニメキャラクターなどに置き換えたパロディ動画などが人気である。他にも実写映像をトレース(ロトスコープ)したものや、「男女」や「ゲッダン」のように別の手描き動画をトレース元にしたものも多く存在する。

また、本編をそのままアップロードした場合権利者削除されてしまうアニメなどをトレースすることで手描き動画としてアップロードし、権利者削除を逃れようとする的のものも存在する。ただしこれで絶対削除されないということではなく、どちらかと言うとネタとしての要素が大きい。

アニメ・ゲームOPのパロディ動画には「○○OPパロ」としてタグがつけられており、トレースを用いたMADも多く含まれる。その他に、「手描きMAD」「手描き○○(作品名)」「トレース」「トレス」等のキーワード行させることで多くのトレースを用いたMAD検索することができる

基本的に元ネタを表記していればトレース行為自体が視聴者から批判される事は少ないが、著作権により動画権利者削除される可性はある。(この場合の削除は絵ではなく音が原因であることも多い。)


絵の練習方法として


自身の標としている絵師の特徴を掴むために、練習として好きな絵をトレースしてみる。初心者にとっては有効な練習方法の一つである。感覚を掴んできたら模写に切り替えてみるのも良い。

ただし、このように他人の作品をトレース・模写した絵を「自作のものとして」開することは、後述するトレパク行為に該当するのでするべきではない。


トレパク問題


トレパク」とは、「トレス」による「パクリ」という意味。必ずしもとは限らないが、にこの意味において「トレス」という呼称のほうが使用される傾向にある。詳しくは「トレパク」と「トレス疑惑」の記事も参照のこと。

トレースは元の図案をそのまま写しとる技術なので、図案の盗作問題に発展することがある。近年ではインターネットの普及に伴い著名作のトレースが発覚して炎上祭り状態に発展することもしくない。 同時に、過剰なトレース糾弾も問題になってきている。批判する側にトレス=悪(トレパク)」というイメージが先行してしまっており、トレースの問題点についての理解が乏しいまま議論が迷走しがちである。 

こうした議論の迷走の一因として、法的問題制作方法についての議論を混同する事が挙げられる。 

制作方法についての議論(技術的評価に対しての問題)
絵やイラストは「で描いたものであるという前提」のもとに技術的評価されやすい部分があるため、それがトレースであると判明した時、期待を裏切られた印を受けてしまう。しかしこれは創作の姿勢を巡る主観的な議論であって、明確な悪事とは言い難い部分もある。あらかじめトレースであることが明示してあればこの点はほぼ問題にならない。 
法的問題(著作権上の不法行為)
元の図案が他人の著作物であった場合、著作権の侵にあたる恐れがある。しかし、著作権親告罪であり、権利者による訴えがあって初めて法の立場から判断が行われる。よって当事者でない第三者がどうこう言える問題ではない。 当然ながら、著作権保持者から承諾を得ている場合や、元の素材創作物として認められないものは問題にならない。

関連動画



■sm577351[ニコ動]

■sm2212070[ニコ動]
■sm2452234[ニコ動]
■sm4441890[ニコ動]
■sm10417473[ニコ動]
■1365140687[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/01/08 19:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ