ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トーセンジョーダン


ヨミ: トーセンジョーダン
掲示板をミル!
9カキコ!

                        ,、ァ
                      ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|   1分561?またまた ごジョーダン
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、           _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/       ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.     /   ,.、     /

トーセンジョーダンとは、JRA所属の日本競走馬である。 
な勝ち天皇賞(秋)GIIを3勝。


概要


ジャングルポケット
エヴリウィスパーノーザンテースト

2008年11月1日デビュー。当初からそのは高いとされ、2009年世代のクラシック補にも挙げられていたが、折によりクラシックシーズンを棒に振った。

休養明けから徐々に結果を出していき、2010年アルゼンチン共和国杯で初重賞制覇。さらにその年の有馬記念で5着に入り実があることを示した。

その後もAJCC札幌記念を勝ち、重賞級のがあることを示してきたが、GIの宝塚記念では中間が順調ではなく9着に負けていた。
また、切れる末脚があるわけでもなく、の根性で勝利するタイプであったため、GI級のまではないという評価が多かった。

2011年天皇賞(秋)、トーセンジョーダンは上がニコラ・ピンナ騎手というあまり結果を出せていない騎手が乗ることも重なって、7番人気の低評価に支持される。
しかし、中団後方からジリジリと脚を伸ばしていき、最後はダークシャドウに詰め寄られるが持ち前の勝負根性でを見せ、優勝した。
時計は「1分561」という、ゲーム世界でしかありえないようなキチガイレコードレコードタイムであった。 これは、前半のペースが565というとんでもないハイペースになり、これに付いていった先行たちは総じて脱落。スタミナも要されるペースであったためトーセンジョーダンの得意な展開に向いたとされた。 ゆえに、この天皇賞(秋)勝利はまぐれであるという見方が強かった。

また、調教師の池江泰寿も「冗談(ジョーダン)かなと思った」とコメントを残した。

しかし、続くジャパンカップでは、スローペースになるのを見込んで逃げ先行になるという積極策に出た。
これが功を奏し、ブエナビスタにクビ差の2着であった。
終戦である有馬記念では前2走が評価され、オルフェーヴルブエナビスタに次ぐ3番人気レース自体はスローから勝負という不得意な展開であったが5着にり、自の高さを明した。

2012年大阪杯から始動。いかにも休み明けといった雰囲気であったが、3着に逃げった。
続く連覇のかかった天皇賞(春)では後方のオルフェーヴルを気にするがあまり、逃げるビートブラックを取り逃がしての2着。しかし、去年からの好調は続いており、古では安定した実績を持つとしてアピールした。
その後、裂蹄が再発。
元々ひづめが弱く、それにより大事なシーズンを棒に振ることもあった。
これにより、出走予定であった宝塚記念札幌記念を相次いで回避。
連覇のかかる天皇賞(秋)にぶっつけで挑むことになったが、13着と惨敗してしまった。


関連動画



■sm16040125[ニコ動]

■sm16303899[ニコ動]
■sm15540138[ニコ動]


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 13/04/29 23:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ