ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドイツ帝国


ヨミ: ドイツテイコク
掲示板をミル!
32カキコ!
基本データ
正式
名称
ドイツ (Deutsches Reich
 ※便宜的に Deutsches Kaiserreich
国旗 ドイツ帝国 
首都 ベルリン
皇帝 ヴィルヘルム1世
 (1871年1月18日1888年3月9日
フリードリヒ3世
 (1888年3月9日1888年6月15日
ヴィルヘル2世
 (1888年6月15日 ~ 1918年11月18日

 ドイツ帝国とは、1871年から1918年の間存在したドイツの統一政権。第一次世界大戦時のドイツである。中世~近世の神聖ローマ帝国を「第一帝国」、第二次世界大戦時のナチス帝国を「第三帝国」と呼ぶとき、この帝国を「第二帝国」とすることがある。

 また、政が崩壊したのちに成立したドイツ共和ヴァイマル共和政)とナチス・ドイツの時代も、正式な名は「ドイツ」(Deutsches Reich)だったことから、これと区別するために Deutsches Kaiserreich の呼称を用いることがある。

 よく勘違いされているが[画像を見る]ドイツ帝国は、[画像を見る]プロイセン王国が他のドイツの中小諸を征して作った帝国ではない。プロイセン王がドイツ皇帝を兼ね、プロイセン政治家・軍人が帝国政・軍事を取り仕切っていたのは確かであるが、それでも形式上は下表にもあるように、バイエルンその他の諸君自由との連合であって、プロイセンはその盟という位置づけだった。

 プロイセンヴィルヘルム1世がドイツ皇帝に即位することになった際、王は皇帝即位によってプロイセンの伝統や独自性が損なわれ、かつ他の諸に対しても礼であるという考えを持っていたので戴冠を嫌がり、宰相ビスマルクがあの手この手の説得をし、即位は「ドイツからの推薦」という御立てを整えて、ようやく戴冠にこぎつけたという逸話がある。
 また、かのアドルフ・ヒトラー第一次世界大戦で参加したのは、出生地のオーストリア軍ではなくドイツ軍だが、入隊したのは「バイエルン」の軍隊だった。

ドイツ帝国の構成諸国

( )内の数字は連邦参議院帝国上院)における議席数

大公 帝国直轄州
プロイセン (17)
バイエルン (6)
ヴュルテンベルク (4)
ザクセン (4)
バーデン (3)
ヘッセン=ダルムシュタット (3)
メクレンブルク=シュヴェリーン (2)
オルデンブルク (1)
ザクセンヴァイマル=アイゼナッハ(1)
メクレンブルク=シュトレーリッツ (1)
エルザス=ロートリンゲン (3)
自由
ブラウンシュヴァイク (2)
ザクセン=マイニンゲン (1)
アンハルト=デッサウ (1)
ザクセン=コーブルク及びゴータ (1)
ザクセンアルテンブルク (1)
リッペ=デトモルト (1)
ヴァルデック=ピルモント (1)
シュヴァルツブルク=ルードルシュタット (1)
シュヴァルツブルク=ゾンテルスハウゼン (1)
シャウムブルク=リッペ (1)
ロイス (1)
ロイス (1)
ハンブルク (1)
リューベック (1)
ブレーメン (1)

ドイツ帝国成立まで

 有名実化していた神聖ローマ帝国ナポレオン戦争によって全に消滅(1806年)した後、ドイツオーストリア帝国ハプスブルク帝国)とプロイセン王国の二大をはじめとする、数十の中小君に分裂。ウィーン会議により、これら諸の緩やかな連合としてドイツ連邦1815年)が成立したが、法も経済バラバラで、ドイツ人(≒ゲルマン民族)の国家には程遠い状態。フランス革命の影民族意識が高まる中、分裂した「ドイツ」を統一しようという動きが出てくるのは当然の事だった。


大ドイツ主義と小ドイツ主義


 「統一ドイツ」構想には2つの流れがあった。ハプスブルク帝国ドイツ人地域(≒オーストリア)を含めた統一をしようというドイツと、これを除いた統一をしようというドイツである。というのも、オーストリアの君であるハプスブルク帝国は、ハンガリーボヘミアチェコ)・バルカン半島・北イタリアなど、ゲルマン以外の民族も包括する帝国だったので、オーストリアが加わるか否かによってドイツ人(≒ゲルマン民族)の統一国家という性格が大きく変わる可性があったためである。

 ここでもよく勘違いされているのが、オーストリアは大ドイツ義を導し、プロイセンは小ドイツ義を導していたという説である。
 オーストリアドイツ連邦のなかでプロイセンを抑え、中小諸に睨みを効かせようとしていたが、大ドイツ義はオーストリアハプスブルク帝国)からドイツ人地域を分断させるものとして、反対していた。
 また、プロイセンオーストリアの影が強まるのを嫌っていたが、のちのドイツ皇帝戴冠時の逸話にもあるように「統一ドイツ」なるものが「プロイセン王国」を損なうという思いがあり、オーストリアに対抗するという意味で消極的に小ドイツ義的立場をとっていたに過ぎない。


帝国成立までの国家連合の変遷


  1. ライン同盟1806年 ~ 1813年) ・・・ 神聖ローマ帝国の消滅後、フランス皇帝ナポレオン1世の導で、オーストリアプロイセンを除くドイツによって作られた国家連合。事実フランスへの従属体制で勢は弱く、ナポレオン敗北とともにあっけなく解体。
  2. ドイツ連邦1815年 ~ 1866年) ・・・ ナポレオン敗北後に成立したドイツ国連合。旧・神聖ローマ帝国の範囲(消滅時点)が対となっていたので、ハプスブルク帝国内のボヘミアも領域に加入。また、ルクセンブルク大公を兼ねていたオランダ1837年までハノーファー王を兼ねていたイギリス1864年までシュレースヴィヒ及びホルシュタイを兼ねていたデンマークも、各々その資格において加盟。
    フランクフルト連邦議会が置かれオーストリアが議長となっていたが、1848年3月革命では小ドイツ義者が導権を握り、プロイセンフリードリヒヴィルヘルム4世を「ドイツ皇帝」に推薦する決議を採択。しかし市民革命による推戴は王の忌避するところとなり、ここでの「ドイツ帝国」成立は失敗に終わる。
    その後もオーストリアプロイセン導権争いの場となったが、1866年の普墺戦争オーストリア敗北バイエルンなど親オーストリア的な々を除いた地域で「北ドイツ連邦」が成立したため、ドイツ連邦は消滅した。
  3. ドイツ関税同盟1834年) ・・・ ウィーン会議の結果プロイセンは領土を拡大したが、新領土のラインラント・ヴェストファレンは本から離れた飛び地だったので、統治に支障を生じた。そこで通商の便を図るため、プロイセン領に挟まれる形で存在するヘッセン=ダルムシュタット大公と北ドイツ関税同盟(1828年)を締結。その後、他のドイツ間で締結されていた関税同盟を統合して、1833年にドイツ関税同盟条約が調印された(発効:34年)。
    結果的にオーストリアを除外する形で関税同盟が成立したので、「小ドイツ」による統一の端緒のひとつとなった。
  4. ドイツ連邦1866年1871年) ・・・ 普墺戦争の結果、プロイセン導で成立した北部ドイツの連合。盟プロイセン王国と、その従属という性格が強かった。普戦争フランスは「プロイセン王国」に対して宣戦布告したが、北ドイツは北ドイツ連邦の盟約に基づいて参戦し、連邦外の南ドイツもこれに加担したので、普戦争を独戦争と呼称することがある。ドイツ帝国の成立により、発展的解消。

普仏戦争とビスマルク外交

 北ドイツ連邦に加わらなかった諸も含めた「統一ドイツ」を作るために、共通の敵としてフランスを想定していたビスマルクは、周到な準備の末、フランスとの戦争を誘発。フランスが先に宣戦布告したためドイツはすすんでプロイセンの同盟者となり、プロイセン軍(ドイツ軍)はフランス軍を撃破。セダンの戦いでフランス皇帝ナポレオン3世を捕虜にし、パリへ進撃する。

 普戦争について、ビスマルクが穏便な条件による期講和論、大モルトケ参謀総長ら軍部が領土割譲など強硬論を唱えたという解説がよくなされるが、アルザス=ロレーヌ(エルザス=ロートリンゲン)の割譲をもともとしていたのはビスマルクであり、パリ攻撃で内への撃をしたのもビスマルクローン陸軍大臣(ビスマルクの盟友)である。
 ただし、ビスマルクは「イギリスロシアが介入してくる前に終戦する」という考えによるものなので、「穏便な条件」はともかく「期講和」には合致している。

 パリ陥落の10日前となる1871年1月18日プロイセンヴィルヘルム1世はパリ郊外ヴェルサイユ宮殿の「の間」においてドイツ皇帝に即位した。
 ナポレオン3世のフランス第二政は、皇帝が捕虜となった時点で崩壊。首都と鼻の先で敵国皇帝の戴冠式を挙行され、軍隊は首都パリコミューンの動乱も起こった。5月に結ばれた講和条約で、フランスは賠償アルザス=ロレーヌの領土割譲を課され、普戦争にまつわる一連の出来事はドイツに対する大きな遺恨となった。
 ドイツ統一を成し遂げたビスマルクの外交は、フランス際的孤立によって封じ込め、復讐戦争(特に対・対露の二正面戦争)を防止することが眼となった。


ビスマルク外交



次へ»
最終更新日: 16/07/04 20:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ