ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス


ヨミ: ドキドキプリキュアマナケッコンミライニツナグキボウノドレス
掲示板をミル!
79カキコ!

ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレスとは、アニメドキドキ!プリキュア』の劇場アニメーション作品である。

2013年10月26日開。映画プリキュアの第15作である(レギュラーシリーズ映画では第10作)。


概要


監督伊藤尚往は、記念すべき初代『ふたりはプリキュア』 の第1回を演出した人物で、プリキュアに携わるのはMH46話以来、実に7年半ぶり。また、ベテラン俳優谷原章介が本作のゲストキャラクターを演じることでも話題となった。原はこれまでにも何度かアニメ映画に出演した実績がある上に、5児の父親もあってハトプリから家族共々プリキュアファンであることを明かした。プリキュアへの着もあって、ハラショー本編でも高い演技を見せているので必見。

本作はプリキュアシリーズ映画作品としては初めて、第26回東京映画祭に特別招待作品として参加することが決定、開幕日の10月17日にはオープニングカーペットアライバルにも参加、プリキュア達やその声優5人、原がグリーンカーペットを歩いた。10月20日には同映画祭でワールドプレミア上映され、その舞台挨拶事前イベントでは生天目仁美渕上舞宮本佳那子の3人がウェディングドレス姿で登場したことも話題となった。 

余談だが、映画開初日である10月26日は『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の開初日でもあり、全く異なる2つの魔法少女アニメが同じ日に封切りされたことでも話題となった。初日二日間の行収入はまどか1位ドキプリ2位まどかに軍配が上がったが、ぴあの出口調による初日満足ランキングではまどかを抑えて堂々の第1位いた。

当然ながら映画館では両作品を同時上映している所が多く、はしごして見に行った観客もかなりの数に上ったと思われる。また、まどかドキプリは共通のテーマとして「」が物語キーワードとなっているが、そのベクトル逆だったと言って良い。ちなみに、同時上映している映画館で同日に両方とも見るなら、まどかドキプリの順に見ることをお勧めする。理由は言わずもがな

 

ネタバレ注意 この項は、映画ネタバレ成分を含みます。
ここから下は自己責任スクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブタイトルとは裏に、今作はマナたちの過去物語題となっている。捨てられたモノたちが恨みを持って敵になるという描写は、映画フレプリ(『おもちゃの国は秘密がいっぱい!?』)に近いが、懐かしい過去の時代に閉じ込められるという点では、劇場版クレしん名作オトナ帝国の逆襲』を彷彿させる。だが、祖を亡くしたマナは、同日にかつての悲しい思い出がり(それがかえって、過去世界への郷愁を強くさせてしまう)、六花ありすマナがいない世界のため一の寂しさを覚えるなど、単に懐古が良いものばかりではないという現実を突きつけられる所もポイントである。

過去にもプリキュア同士の戦い(『雪空のともだち』)や、プリキュアキスシーン(『お菓子の国のハッピーバースディ♪』)など、通常のテレビシリーズでは実現が難しいことをこれまで色々挑戦してきた映画プリキュアだが、今回はプリキュアの流血シーンネットではかなりの反を呼んだ。出血シーン自体は、過去にも『プリキュア5』のココミラクルライト突して怪をしたり、ハトプリコブラージャキュアサンシャインの攻撃でに傷が付いて怒るシーンなどがあったが、いずれも軽い傷で済む程度であった(いずれも脇役であり、プリキュア戦士が血を流した場面は過去に例がい)。それだけにキュアハートマシューに肩を噛まれて、地面に血が落ちるほどの深手を負った場面ではかなり衝撃的であっただろう。
では、これまでタブーだった流血シーンを敢えて描いたのか?やはりこれは、思いがけない事故で命を奪われ、マナと共に歩む未来を失ったマシュー(マロ)の怒りと悲しみを、自らも痛みを伴って受け止めたマナを描くために必要不可欠だったものではないだろうか(『風の谷のナウシカ』を連想すれば良いかもしれない)。いずれにせよ、摯に向き合ったマナの願いが通じたおかげで、マシューの凍てついた心は解けて和解することが出来たことは間違いない。

また、プリキュアを助ける妖精ベベルの正体が、マナの亡き祖五十鈴であったことと同時に、マナの口癖である「モチロン」など彼女の人柄・性格は祖譲りであることも判明した。ドキプリ放送開始時から、歴代プリキュアでも一二を争う優秀な人っぷりを見せていたマナだったが、キュアドリーム(もう一人の自分である、ダークドリームとの別れ)やキュアムーンライト前で相棒妖精父親を喪っている)の前例を見ると、悲しい過去を乗り越えしたプリキュアは一回りも二回りも強く成長するのかもしれない。また、五十鈴ベベルを演じた杉山佳寿子は『プリキュア5』のデスパライア以来となる出演で、2役を演じ分けつつ(同一人物だが)、孫を想う祖の立場を好演しており、特にラストシーンで涙する人が多く見受けられる。

いずれにせよ、今作は歴代プリキュアシリーズの中でもシリアス度が高く、内容も重い作品であった(これまでの作品に見られたギャグシーンは非常に少ない)。先述の出血シーンの他にも、登場キャラクターの「死」を正面から描ききったという点など、子供向けアニメならば賛否両論が起こりそうな内容を採用する英断をしたアニメスタッフには拍手を送りたい。ネットレビューを見ると、今回の映画を見て涙を流した人も多く、『花の都でファッションショー…ですか!?』と同様に、どちらかと言えば子供よりも大人になってから作品の魅がわかるかもしれない。

その一方で、ラストバトルがあまりにもあっさり過ぎて盛り上がらなかった、結婚式シーンが短すぎる、キュアエースの登場が唐突で亜久里の扱いにも難がある、全般的に内容が詰め込みすぎて駆け足気味、といった難点や苦言も見受けられるのも否めない。70分前後という映画の尺の制約がある(それでもシリーズ単独作品では最長の72分ではあるが)以上致し方ないことではある。 また亜久里の扱いについても後に本編終盤で明らかとなった出自の秘密を考えれば、映画での登場の仕方はその秘密の伏線とも考えられるだろう。

また、プロデューサーが変わって色々と新しい試みが行われているテレビ本編同様に、本作でも前述の流血シーンを含め新たな試みが行われている。その最たる物として、今回のミラクルライトであるミラクルブーケライトを使うシーンでは、初めてプリキュア達がライトを自ら使うだけでなく、亜久里が劇場の観客に使うよう呼びかけるというメタ要素が導入された。また、エンディングCGムービーテレビそのままではなく、1コーラス長くしており、キュアハートがエンゲージモードへと変わったり、プリキュア達がライトを振ったりする演出が施されている。さらに、オリジナルキャラクターソングが作品のテーマソング(挿入歌)として用いられたり(キャラクター自身が歌った曲が用いられるのは『チクタク危機一髪!』のガンバランスdeダンス咲舞ver.以来)、バトルシーンクラリネット演奏するシーンといった要所要所でCGを多用するなど、様々な試みが見られる。


スタッフ



主題歌



キャスト(ゲストキャラクターのみ)



余談


本作の物語の中心となったのがマナ結婚。そして前述したようにマナ役の生天目仁美ワールドプレミアウェディングドレス姿を披露し、話題となった……と共に、「ウェディングドレスを着ると婚期が遅れる」というジンクスがあることから生天目の婚期を心配する人も少なからずいたと思う(特に正妻が先にゴールインしているだけに)。

そんなことが人々の記憶の片隅にあったかどうか分からないが、それから10ヶほどした、2014年8月4日生天目、そしてマナ誕生日のこの日に生天目ブログを更新した[外部]。そこでマナ誕生日を祝うと共に、自身の入籍報告を行ったのである(ちなみに最初の報告は前日に行われた誕生日イベントで観客に向けて行ったとのこと)。

まさかの誕生日ビッグサプライズに、プリキュアスタッフや同僚声優先輩プリキュア声優、業界関係者や声優仲間、そしてファンからの祝福の言葉が多数寄せられ、さらに前年のプリキュア主人公というネームバリューもあって、報道各社がネット上で記事を出し(特に日刊スポーツでは面でも記事となった)、NHK NEWS WEBつぶやきビッグデータでも名前が入ることに。ファンからのお祝いイラストの中にはウェディングドレス姿のマナやエンゲージモードキュアハートもあったのは言うまでもい。

なにより、その前の週には初代プリキュア美墨なぎさ役の本名陽子の入籍報告もあり、プリキュア声優の相次ぐ結婚で沸き立ったのだった。ちなみにブラック家族で言えばこれで5人となる。チョッピ中の人については触れてあげないで下さい……

まさしく、「なば結婚!」となった今回の結婚。「未来につなぐ」を地で行くよう、末永幸せを願わずにはいられない。

その後、同じくあの場でウェディングドレス姿を披露した琴役の宮本佳那子2019年2月11日に入籍している。


その後のベベル(五十鈴)


映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』において、ベベルがマナ達含む歴代プリキュアたちの回想シーン(挿入歌「39フェアリーズ」の映像シーン)でプリキュアの協者達(TV本編30話に登場したキュアエンプレスの元パートナー妖精メランも含む)・他作品のレギュラー映画ゲストキャラクター達・NSシリーズキャラクター達と共にモブ登場。なお、五十鈴としての姿の登場はないが、故人であるプリキュア家族としては初(この他、『ハートキャッチプリキュア!』のコロンや『プリキュアオールスターズNewStage』のフーちゃんといった他界しているキャラクターがいる)。


関連商品


■azB00HHKVYYC
■azB00HJIANEE

■azB00ET820C0
■azB00ET820PM


関連コミュニティ


■co395


関連項目



次へ»
最終更新日: 19/07/01 09:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ