ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドキドキ伝説 魔法陣グルグル


ヨミ: ドキドキデンセツマホウジングルグル
掲示板をミル!
63カキコ!

ドキドキ伝説 魔法陣グルグルとは、衛藤ヒロユキ漫画魔法陣グルグル』を原作としたTVアニメ作品、およびゲームボーイカラー専用ソフトタイトルである。

実際の表記は『ドキドキ伝説 魔法陣グルグル』。略称は「ドキドキ伝説」、「ドキ伝」。


概要


初代TVアニメ1994年1995年テレビ朝日系。以下「前作」)から5年の歳を経て再度アニメ化されたもの。2000年4月4日から12月26日までテレビ東京系にて全38話放送。

題名の「ドキドキ伝説」は月刊少年ガンガン読者から募したもの。ロゴ微妙に変更され、グルグルの二つの「グ」の濁点原作や前作では三角形だが、ドキドキ伝説ではどっちの「グ」も丸になっている。各話のサブタイトルは「ワクワク!~」や「いけいけ!~」のように、頭に同じ音を繰り返す擬音語を用いている。

前作とべると役のニケ含む一部キャラ声優変更、デジタル移行や時代経過による絵柄の変化、全編ほぼ原作のみの構成、などの違いがある。

ストーリーは前作に収録できなかった原作5巻~11巻始めまで。前作の後半がアニメオリジナルのため話に繋がりはなく、5巻の妖精の村から当然のように始まり、11巻のエルエル砂漠に入る直前で中途半端に終わる。同様に、2017年アニメ3作とも関連性はない。

重要キャラ声優変更、時間帯がゴールデンタイムから夕方6時に移行、グルグル人気全盛期がすでに過ぎていた、絵柄の変化、放送局の変更、アニメ分野自体の縮小などで前作程の爆発的な人気を振るうことはなかった(最高視聴率・均視聴率ともに前作から半減)。その結果スポンサーが途中で降りてしまい、予定より2かほど2000年いっぱいで打ち切られたファンクラブ会報でも伝えられた)。


前作から声優が変更された主なキャラクター


ニケ・・・瀧本富士子南央美
ジュジュ・・・天野由梨荒木香恵 (天野が当時声優引退していたため)
レイド・・・鳥海勝美 → 久保田恵
ゴチンコ・・・安西正弘 → 小和田 (安西の病気療養のため)
サーチアイ・・・三木眞一郎赤石
バド・・・増岡弘 → 西
レナ・・・井上喜久子栗田ひづる


主題歌



オリジナル要素


オリジナルストーリーは、作品説明がメインの1話と打ち切るための38話(最終回)を除くと、実質22のみ。人間関係や「い絵本」のような原作5巻までの一部重要設定は、つじつま合わせのシーンがさりげなく挿入されるか存在自体消されている。

原作で会話に出るだけだったキャラも何人か登場する。例えば「コパール国王」や、ナナコナの話に出るだけで結局現れなかった魔物一の美人スエラ」など(「運命の女神」はニケの勘違いに合わせスエラという名を名乗っただけ。チクリ魔が魔界から呼び寄せた「ラブラブ作戦悪魔」はスエラの件と関係。なお本作のスエラの姿はナナコナヌシタのキラキラさせたような姿)。

そしてなぜか、レピア(コパールの武器屋の)やチクリ魔といった女の子キャラの出番が原作から大幅に増やされている。


22話「ウキウキ!コパールの休日」


タイトル通り、コパール攻略後の余談といった感じのオリジナルストーリー原作で描かれなかったコパール国王人間に戻った姿で登場し、その場にいなかったゴチンコ、バジャーニ、ドキドがなぜか駆けつける。また原作パンフォス編に全く出番のなかった闇の総裁に出番が増え、アラハビカまでパーティーを抜けてるはずのキタキタおやじまで現れる。


38話「ドキドキ伝説は終らない!」(最終回)


このアニメエルエル砂漠に入る直前で終わるが、最終回は典的な打ち切り展開であった。やたら詰め込んだ割に話自体はよくまとめてあるが、それでも展開の強引さが立つ。

魔法結社を立った直後の場面で急展開し、なぜか結社が二人を強引に連れ戻しを認めないという話に。そこへ闇の総裁とルンルン突然転送機で飛来し、原作には存在しないの総裁が(の闇の総裁に合わせの仲という設定で)サル姿で登場(しかも闇総裁とほぼ同じ変身経緯と展開)。

その後ニケらを襲う名レイドカヤ、チクリ魔がセットで登場。そしてククリの幻?でジュジュトマが(なぜか魔法使い勇者姿で)登場。秘の面々や盗賊団やコパール王女たちがみんなでオッポ祭りに参加するという設定でまとめて登場、という流れでドキドキ伝説のキャラがこの一話に総出演する。

魔王ギリも一応登場するが、戦わないどころか洞窟に閉じ込められたククリが幻として見るという、特に意味のない顔出しにとどまった。ちなみにニケは、原作の続きに出てくる「ゲソックの冒険」に似た幻世界で一人戦っている。最終的にの総裁は全には認めなかったが、様子見ということで二人はめでたくを続けるのだった。終わり


表現の制限


時代の変化か、表現に厳しいテレ東による時間帯を考慮した自主規制か、原作エッチネタ暴力的な表現がかなり制限されている。

ククリがケムケムに脱がされるシーンインナーを着ている。このため大量のさっぱり妖精着衣を隠すというよくわからない展開になってしまった。同じくジュジュすっぽんぽんにまたがるシーンは毛皮を着用、偽スエラ(運命の女神)がびすシーン手ブラではなくや布でしっかり隠している。

アダムスキーククリやレピアのお尻を触るシーンは「ほっぺぷにぷに」に変更され、触った後の「いいおしりククリ)」「素直なおしり(レピア)」もククリカット、レピアは「素直なほっぺ」に差し替えられた。

おっぱい」看は「Nice Body」に、「おっぱいの戦い」「おっぱいまんじゅう」もそれぞれ「ないすぼでぇ~の戦い」「ないすぼでぇ~せんべい」に変えられた。パンチラはもちろん全カット

きりなしのキタキタおやじが引き当てたカードの「死」は死神の絵に変更。天使ペペックも「くそ男」は言うが「死ね!」は言わない。スライ(おかしらの偽名)がモンスター放火するシーンではよくある「よい子は真似しないでね」をナレーションが言い、原作省略された消火シーンがきっちり描かれている。森の妖精マークがスライにささやく「コロス」も「やっつける」などの多少ソフトな表現に替えられた。

大臣がをレピアの首もとにあて脅すシーンは、机の兜を割るだけになっている。盗賊が兵ののど元にをあてる行為もなし。ルンルンで兵の首を絞めるシーンで脅かすだけ。イエタ村の村長首つりシーンは崖に差し替え。

一方で迷シーンわきの下でおにぎりを!!」は、おやじの掛けこそアレンジしつつもそのまま残っている

なお、上記の規制2017年アニメではほぼ全て原作通りの表現に戻された。


ゲーム


2000年11月17日に発売されたGBC専用ソフトSFCの2作品同様エニックス発売・タムタム開発。2017年現在魔法陣グルグル家庭用ゲーム機向けソフトとしては最後の作品となっている。

今作では絵柄などのベースアニメのドキ伝となり、静止画の量はSFC魔法陣グルグル2を大幅に上回る。代わりにマシンなどの問題からかボイスは挿入されなかった。難易度も低め。

ストーリーアニメと違って原作順を全に視しており、シュギ村からいきなりに飛んだり、逆に妖精の村へ一気に逆戻りしたりする。キャラ設定も変されたものが多い。マップは1章につき1マップ+1ダンジョンで、章を進めると前のマップに戻れない。とはいえダンジョン宝箱は消耗品しか入っていないため、取り逃し要素もない。引き継ぎ周回プレイもできるが、内容は1周と何も変わらず稼ぎや魔法陣収集を楽しむための機となっている。ちなみに、原作にもあった高級装備「ねこみみローブ」はいくらお金をためても購入できないようになっている。


ゲームシステム


ベースSFC魔法陣グルグル2で、ジャンルも同じアクションRPG魔法陣グルグル2と違ってプレイヤーニケククリを同時に操作できるようになった(Aボタンニケを振り、Bボタン十字キーの組み合わせでククリ魔法陣を描く)が、常時二人並んで動くため、ニケを動かし攻撃を避けると、ついてきたククリが代わりに食らうという事故が起こりやすい。

魔法陣は使い込んでレベルを上げたり、ミニゲーム修行でパーフェクトを繰り返すことで種類が増えていき、全部で96種類も使えるようになる。魔法キラキラニケの装備する武器扱いになり、攻撃が変化するだけで属性ごとの特徴はなくなってしまった。


関連動画


OP、ED曲、BGM集やゲームプレイ動画などがある。


■sm3943768[ニコ動]

■sm610094[ニコ動]


関連商品


■azB0000UN4QC
■azB00005FWWG
■azB00005HKPE
■azB000069TWO


関連項目



最終更新日: 17/10/19 22:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ