ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドクツルタケ


ヨミ: ドクツルタケ
掲示板をミル!
108カキコ!
[テンプレ名] この記事のきのこにはな成分が含まれています。
誤って食べてしまうと取り返しのつかないことになる可性が高いです。

ドクツルタケとは、最強毒きのこである。


概要


[画像]【分類】ハラタケテングタケ科テングタケ属
【学名】Amanita virosa
(学名の由来)Amanita→小アジアの地名から/virosa→有

毒きのこ御三家の一つ。かつて今関六也博士毒きのこ番付でシロタマゴテングタケとともに「横綱」とされたことから、「横綱級の毒きのこ」と紹介されることも多い。毒きのこ話題になると必ず登場するきのこなので、この記事で知識を蓄えていってほしい。

・ひだ・柄・つば・つぼと、きのこ全体がいずれもで、その姿はまるで純の衣をまとった天使を思わせる。実際に、欧では「死の天使destroying angel」と喩えられ、同時に畏れられている(注・ドクツルタケだけが死の天使と呼ばれているわけではなく、むしろアメリカでは近縁の別種をこう呼ぶことが多い)。

ドクツルタケは、意外かもしれないが、里山や雑木でも普通に見られるきのこである。その遭遇頻度たるや、敢えて探さなくても自然に見つかるほどである。シロマツタケモドキなど、純のよく似た食用きのこはあるにはあるが、間違ってドクツルタケを食べてしまうと死亡する可性が高いため、専門以外は決して手を出さないようにしていただきたい。


毒性


ドクツルタケは3つの武器(猛)を持っている。アマトキシンファロトシンロトシンである。アマトキシン以外の2つは即効性で、2-3時間で効果が表れる。しかし、この2つは消化管から吸収されないため、注射でもされない限りはほぼだと考えられている。なお、ビロトシンはドクツルタケ以外のきのこからは見つかっていない。

ヒトを死に至らしめる決定的な武器がアマトキシンであり、これは食後最低15時間という長い間をおいてその兆を表しはじめる。その恐ろしい症状については、ここに書くことも憚られるほどであるが、一つ言えることは、死を免れる可性はほとんどということである。

近縁のタマゴテングタケ(A. phalloides)については、ニンジンビタミンCを大量摂取して命だけは取り留めるという治療法(バスアン法)があるにはあるが、これをドクツルタケ中に適用したという話はまだ聞かない…。


ドクツルタケの仲間たち


シロタマゴテングタケA. verna)は、ドクツルタケと眼的に区別するのが難しく、同種として扱う意見もあった。KOHカリウム溶液を垂らして黄色にならない点や、柄にささくれがない点が数少ない相違点である。
しかし、近年の研究により、ドクツルタケとシロタマゴテングタケが意外にもそこまで近縁ではないことが判明し同属同節なので非常に細かいレベルでの話である。ヴィロサたんとヴェルナたんは双子姉妹だ、という従来の見解を覆すことになった。

中央部・つば・つぼなどが色を帯びるものがあり、アケボノドクツルタケ(A. atkinsonniana)として区別される。しかし、ドクツルタケも僅かにみを帯びることがある。


関連動画


 左の動画のドクツルタケはささくれが顕著。右の動画のドクツルタケは典的。


■sm2380485[ニコ動]

■sm5572738[ニコ動]
■sm11860694[ニコ動]
■sm22469643[ニコ動]


関連商品


■az4635232018
■azB00005GQHO
■azB00DTQEMQA
■az4054042635


関連項目



最終更新日: 17/08/25 23:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ