ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラえもん のび太と七つの竜の玉


ヨミ: ドラエモンノビタトナナツノリュウノタマ
掲示板をミル!
81カキコ!
フィクション この項は高濃度のフィクション成分を含んでいます。
この項編集者たちの妄想の塊です。ネタなので本気にしないでください。
[画像を見る]

『ドラえもん のび太と七つの竜の玉』とは、藤子・F・不二雄原作漫画ドラえもん』および鳥山明原作漫画DRAGON BALL』のキャラクターが登場するアニメ映画シリーズおよびそれを原作とした漫画である。
ナメック星編(フリーザ編)」と「人造人間編(セル編)」の2作が開された。

一般的には大長編ドラえもんシリーズとして扱われているという設定である

ナメック星編(フリーザ編)」の行収入はカプセルコーポレーションスネ夫パパの知り合いのにより歴代最高の5300億円を達成しているという設定である


タイトル、配給、製作など


タイトル 『ドラえもん のび太と七つの竜の玉』
ナメック星編(フリーザ編)
『ドラえもん のび太と七つの竜の玉』
人造人間編(セル編)
原作 ドラえもん』、『DRAGON BALL
原作 藤子・F・不二雄鳥山明
配給 東宝東映
制作 シンエイ動画ADK
東映アニメーション
テレビ朝日藤子・F・不二雄プロ小学館
フジテレビバースタジオ集英社
その他 小学館コロコロコミック』、集英社週刊少年ジャンプ
任天堂バンダイナムコエンターテインメントバンダイSONY
小僧寿しツクダオリジナルロート製薬はごろもフーズハピネット日清食品
など

概要


原作は『ドラゴンボール』の「ナメック星編(フリーザ編)」と「人造人間編(セル編)」である。
そこに『ドラえもん』のキャラクターゲスト的に登場する話となっているが、『ドラゴンボール』のキャラクターより『ドラえもん』のキャラクターの方が活躍する。
ただし、「人造人間編(セル編)」においては、孫悟空病気で死んでしまった時系列となっているものの、「ナメック星編(フリーザ編)」にてドラえもんたちの登場により、通常の歴史と大きく変わっているのが特徴である。

原作者や原作においてだけでなく、上記の通り、配給、製作などがライバル会社をえた合作となり、製作決定当時は大変話題となった。
ナメック星編(フリーザ編)」が『土曜プレミアム』(フジテレビ系列)で、「人造人間編(セル編)」を『日曜洋画劇場』(テレビ朝日系列)で、地上波テレビ版として連続で放送され、2日連続他局で放送という異例な放送形態だった。

もともと劇場版オリジナル作品であったが、『週刊少年ジャンプ』と『コロコロコミック』の両方に掲載されているほか、「ナメック星編(フリーザ編)」のみは単行本コミックス化もされている。
現在、「人造人間編(セル編)」を連載中。
なお、漫画版には「人造人間編(セル編)」へと直接つながる「ナメック星編(フリーザ編)」の後日談も描かれている。

合作であることを意識してか、OPおよびEDの音楽と一部歌詞は『ドラえもんのうた』(『ドラえもん』のOP)であるものの、ほとんどの歌詞は『CHA-LA HEAD-CHA-LA』(『ドラゴンボールZ』のOP)の一部に替え歌されている。
また、作中BGMは『ドラゴンボールZ』と『ドラえもん』のものの両方が使用されている。


ナメック星編(フリーザ編)



■sm8857041[ニコ動]

ある日、スネ夫パパ友達のマズダの社長から自動車ミニチュアをもらってきたので、スネ夫毎度おなじみにのび太たちにそれを自慢した。
もちろんおなじみの展開になり、のび太ドラえもんミニチュアをねだるが、スネ夫と同じ自動車ミニチュアでは癪なので宇宙船のミニチュアが欲しいと言う。
またまたおなじみの展開で宇宙船の部品のコピードラえもん具で出すのだが、その宇宙船はカプセルコーポレーション製の孫悟空が乗る宇宙船だったのだ。

そしてき地でおなじみの展開で会ったジャイアンたちとともに宇宙船を組み立ていざ乗ってみると、のび太ジャイアンの手違いでそのまま宇宙へと出発。
その宇宙船の的地はナメック星だったので、のび太たちは宇宙旅行という名ナメック星へと向かうこととなる。

ナメック星に着いた一行は、途中見つけた何者かに破壊された集落で死んだたくさんのナメック星人撃し立ち寄る。
そこでまだ息があるナメック星人少年カルゴを具で治療し、回復したカルゴに話を聞くと、どうもフリーザたちがこのナメック星を攻めて来ているようだ。

たまたまそこに死んでいたその攻めて来た異人からスカウターゲットし、ものすごく高い戦闘力が集まっているところへ向かうのだった。

そして、そこでフリーザベジータ、あとから来た孫悟空と出会い、孫悟空ベジータとともにフリーザと戦うことになる。

後日談

■sm12679228[ニコ動]

フリーザを倒してから数日後の漫画オリジナルストーリー
ナメック星編(フリーザ編)」の後日談という位置づけではあるが、「人造人間編(セル編)」へと直接つながる一種の予告編ストーリーとなっている。

なりきりプレートで舞空術を使えるようになったのび太たち。
そんな様子を見守る悟空たちだが、そこへ占いババがやってくる。

占いババは、本来ならばナメック星超サイヤ人になっていた孫悟空だが、ドラえもんたちの登場で歴史が変わり超サイヤ人になれていないことを告げる。
また、1年9ヶ後にフリーザがやってくること、また、3年後にはさらなる強敵が現れることを告げ、急いで修業を行うように告げる。


人造人間編(セル編)


■sm17098996[ニコ動]

のび太たちが修業を開始してから2年が経った。
中学生となったのび太たちは、フリーザの来襲やさらなる強敵の来襲に備えて修業を続けていたのであった。
一方、孫悟空病気で死んでしまっていた。

そんなとき、フリーザ父親であるコルドを連れてとうとう地球へ襲来して来ることをのび太たちは気で察知し、フリーザが降り立つ場所へクリリンたちと合流する。

一方、降り立ったフリーザとコルドはそこで青年と出会う。
青年フリーザたちを倒そうとするが、そこにベジータが登場し、ベジータ超サイヤ人となってフリーザたちをあっさりと倒してしまう。

のび太たちもベジータたちのもとへ向かい、青年が別の未来からきた、ベジータの子・トランクスであることを知る。
一方、トランクス孫悟空がすでに死んでいること、ドラえもんが同じく未来パラレルワールド)からきたことに驚くが、ドラえもんたちへ来たる人造人間について告げ、未来へ帰って行った。

孫悟空がいない今、人造人間との戦いが始まる。

詳細は、漫画版が開され次第順次更新予定。


ちなみに


アニメドラゴンボールZ』と『ドラえもん(のぶ代ドラ)』のBGM作曲が両方とも菊池俊輔氏であり、曲調に似た部分があるため生まれたネタである。


関連動画


■sm8084517[ニコ動]
■sm8125170[ニコ動]
■sm101517[ニコ動]
■sm8628778[ニコ動]


関連商品


■azB00005HQSK
■azB002ACKLDM


関連コミュニティ


■co81527


関連項目



最終更新日: 19/09/18 00:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ