ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラキュラ伝説


ヨミ: ドラキュラデンセツ
掲示板をミル!
2カキコ!

ドラキュラ伝説とは、コナミから発売された悪魔城ドラキュラシリーズスピンオフシリーズである。
初代『ドラキュラ伝説(以下ドラ伝)』とその続編『ドラキュラ伝説(以下ドラ)』リメイクと銘打った新作ドラキュラ伝説ReBirthが存在するが、本項では『ドラ伝』と『ドラ』について解説する


ドラキュラ伝説


1989年10月27に発売したゲームボーイソフト
2012年3月14日に、ニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信されている。

スクロールライフ制・残機制・時間制の、ステージクリアアクションゲームであり、全4ステージ
大きな段差を乗り越えるためにロープを昇降するアクションが初めて採用されている。
ゲームボーイ発売から半年という時期で発売されたが故に操作性が重く、携帯機だがじっくりを据えて挑まなければならない高難度なのが最大の難点。
トゲ天井トゲ床、トゲなどの即死ギミックが多く、足場ギリギリでのジャンプを要するシビアなものが多いため、この操作性の悪さを感じることが特に多い。
しかし、グラフィックの描き込みやBGMは非常に優れており、ステージの独特なギミックも評価されている

第1作『悪魔城ドラキュラ』より前の時間軸に位置する作品であり、主人公クリストファー・ベルモンドドラキュラを討伐する作品。
悪魔城ドラキュラ』の時点で本作の主人公の名が出ていたが、本来『悪魔城伝説』がその時間軸を描く作品になるはずだった説がある。
最終的にすべての整合性が取られた歴史では、本作は『悪魔城ドラキュラ』と『悪魔城伝説』を繋ぐ話となった。
発売時期2ヶの差や開発チームの違いなどで、設定の整合性などの混乱が起こってしまったようである。

サブウェポンがない代わりに、アイテムを取ってパワーアップしてを強化、最大強化すると攻撃時にの先からファイアボールを放つようになる。
だが被弾時にパワーダウンしてしまうため、被弾からの立て直しがかなり難しい
故に緻密なパターン化が必須となるが、そのパターン化した動きで着実に前に進めていけるため、独特の楽しみ方を持っている。
変態的な移動方法がないことも含めた本作での性や、ドラキュラが僅か15年で復活するほどのダメージしか与えられなかったことから、クリストファーは史上最弱のベルモンドと冗談交じりで言われることがある。

なお、二周以降は被弾時のダメージがどんどん倍化していく鬼畜仕様となっており、最終的には全攻撃が一撃死公式オワタ式状態となる。


ドラキュラ伝説Ⅱ


1991年7月12日発売のゲームボーイソフト

ドラ伝』の正式な続編であり、開発ノウハウの蓄積もあり、遊びやすさが飛躍的に向上している。
主人公の操作性が大幅にされ、即死ギミックだった針が大ダメージで済む、の強化が一部の攻撃以外被弾しても解除されない、など、嬉しい変更点が多数。
本家にあったサブウェポンクロス聖水の二種が採用されている。
それを考慮した上でも高難度だが、コンティニューだけでなく本作ではパスワードによるコンティニューも可になり、ステージ練習が容易になったことでさらに遊びやすくなった。
携帯機における『悪魔城シリーズ』を完成させた、悪魔城ドラキュラシリーズ傑作のひとつである。

ドラ伝』の頃に登場した、敵の爆発で崩れるから飛び出す針、ロープ移動などのギミック継続して登場。
その上で、滑や巨大なつり天井を始めとした新ギミックの登場により、挑戦者を飽きさせない。
個性的な敵キャラクターも多く、続投した敵も少なくないが、その全てが新規描き下ろしで登場している。
グラフィックも高評価だが、BGMは前作のさらに上を行く、ゲームボーイとは思えないほどの高になっている。

また、本作のさらなる特徴として、最初は4つのステージを任意に選択して攻略、全て攻略後敵の本拠地であるドラキュラが出現する……といったステージセレクト制となっている。
ただし類似した特徴を持つ『ロックマン』などとは違い、一度クリアしたステージの再選択はできない。

本作は『ドラ伝』からクリストファー・ベルモンドが主人公を続投。
ドラ伝』から15年後全に死んでいなかったドラキュラクリストファー息子ソレイユを支配し、復活を企む。
クリストファー息子のため、そしてドラキュラ討伐の為に立つ……というストーリーである。
何と正銘のおっさん主人公である。息子の為に(今まで以上ので)戦いに命を燃やす姿は父親の鑑。


ドラキュラ伝説ReBirth


詳細は『ドラキュラ伝説ReBirth』の記事を参照。
恐らく『ドラ伝』と同じ時間軸の作品という前提で制作された作品であり、あらすじを見る限りでは全ての整合性が取られた後の時間軸の作品である。


関連動画


ドラ伝


■sm930844[ニコ動]

ドラ伝Ⅱ

■sm122758[ニコ動]


関連商品


■azB000069TZR
■azB000069U04


関連項目



最終更新日: 17/08/07 20:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ