ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラゴニック・オーバーロード


ヨミ: ドラゴニックオーバーロード
掲示板をミル!
44カキコ!

ドラゴニック・オーバーロードとは、「カードファイト!! ヴァンガード」に登場するユニットカード)である。


スペック


ノーマルユニット
クランかげろう 種族フレイムドラゴン
グレー:3 パワー11000 クリティカル:1 シールド:なし
【V/R】:他のあなたの《かげろう》の、ヴァンガードリアガードがいないなら、このユニットパワー-2000
【V/R】:[CB(3)]そのターン中、このユニットパワー+5000し、
【V/R】:このユニットアタックが相手のリアガードヒットした時、このユニットスタンドする。』を得て、
『ツインドライブ!!』を失う。

軍事国家航空攻撃部隊・かげろう指揮官神速の機動で最大の戦果を挙げる。
他を圧倒する様に、戦場では「真紅死神」「黙示録の」とも呼ばれる。
地獄の業火に例えられるブレスエターナルフレイム」が放たれた時、
すべての者は消えることのない絶望の炎に恐れおののく。

公式ポータルサイト「今日のカード」[外部]より引用


スペック(無限転生版)


ノーマルユニット
クランかげろう 種族フレイムドラゴン
グレー:3 パワー11000 クリティカル:1 シールド:なし
【LB(4)】:《かげろう》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー10000し、
【V】:[【CB(1)】,あなたの手札から《かげろう》を1枚選び、捨てる]このユニットリアガードアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】する。そのターン中、このは使えなくなる。(コストを払わなくても、このは使えなくなる)』を与える。
 【V】:このユニットアタックした時、あなたのリアガードが相手のリアガードより多いなら、そのバトル中、このユニットパワー2000
【V/R】:盟(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

を束ねる大君称号、「オーバーロード」を冠する“かげろう”の指揮官にして、かつては帝国最強とまで謳われた猛将。
過去の大戦の折に禁忌のに手を出した反動で、命を落とすまでには至らなかったものの、いつ醒めるとも知れない深い眠りに落ちてしまった。 さらに、その状態にあってなお“リンクジョーカー”に危険因子と判断され、「ブラスター・ブレード」ら他の英雄と共に封じられていたが、事解放。 同様の事態を避ける為、以降は帝国の地下にある堅安置所に移される。 しかし、一向に覚める気配のい彼を亡き者として扱うも多く、“Я(リバース)”のを恐れた一部上層からは「遺体の棄」をすべきという案まで出始めていた。
外界の喧騒が届かぬ場所、多重結界に守られた大の中。 予期せぬ再誕の日が刻一刻と迫っている事に気付くことなく、大君は眠り続ける。

公式ポータルサイト「今日のカード」[外部]より引用


概要


[画像を見る]かげろうグレード3ユニット
元々のパワーグレード3の中で高準の11000であり、トライアルデッキに2枚入っているという集めやすさもあって、かげろう使いなら4枚積みもさほど不思議な事ではない。

他のかげろうユニットが場に出ていなければパワー9000にまで落ちてしまうが、かげろう単独でデッキを組めば気にならないだろう。

カウンターブラスト3枚で、発動したターン中に「このユニットリアガードへのアタックが成功したらスタンドできる」自動を得る。パワーも+5000するが、ヴァンガード時のツインドライブ!!は出来なくなる。
つまりドライブチェックは1回しか出来ないが、相手のリアガードに攻撃が当たればスタンドするので、最大3枚のドライブチェックが可と言う事である。
相手からすれば1回の攻撃でとにかく防御したいところだが、パワー16000にブーストの数値を加え、さらにトリガーの+5000まで考えて防御しなければならない。
しかし、『閃光の盾 イゾルデ』のようなガードユニットガードされることもあり得る。

1回しかドライブチェックできないというデメリットを回避するなら、リアガードで効果を発動するという手がある。
攻撃が終了しても、スタンドトリガーなどでスタンドできれば再びパワー16000で攻撃できる。

なお、ブースト効果は1回の攻撃しか得られない。スタンドトリガーを引いてブースト役のユニットスタンドすれば再びブーストできるが、パワー16000は現在11000パワーユニットを攻撃する際に10000シールドを要できるので、十分高パワーである。

ブースターパック「限転生」では今までと別のとなって登場。
ブレイクライドで、リアガードへのアタック後、コストを払って再びスタンドするを与える。同じくブレイクライドでスタンドを与える『ドーントレスドライブドラゴン』とべると、こちらは1度アタックリアガードへ行うのでヴァンガードへの連続攻撃ができないが、消費手札枚数はこちらの方が少ない。他のグレード3との相性を考えながらどちらを入れるか決めておきたい。

尚、は違ってもカード名は同一の為、どちらも合わせて4枚までしか入れられないので注意。

このユニット進化形態として『ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド』、Я形態として『ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”』、ユニットとして『煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート』などとにかく数に関連ユニットが存在する。詳しくは該当ページを参照。


メディアミックスにおける活躍


アニメでは主人公の彼氏櫂トシキの使用する切り札ユニット。彼の理解者でもある三和タイシも使用している。
先導アイチの使用する『ブラスター・ブレード』と共に作品を代表するユニットであるが、販促のため他のかげろうグレード3ユニットである『勝利の化身 アリフ』『ボーテックス・ドラゴン』『ブレイジグフレアドラゴン』『デュアルアクスアークドラゴン』『アンバードラゴン “蝕”』なども使用するため、使われなかった回も多い。

ライド時の口上は「これがの本当の姿だ。ライド・ザ・ヴァンガード!この世の全てのものを焼き尽くす黙示録の炎!ドラゴニック・オーバーロード!!」何とも中二臭い口上であるなにがTHEだカッコつけやがって!
起動を「エターナルフレイム」と呼んで発動している。

第2話で櫂トシキがライドし、先導アイチを窮地に追いつめた。その時のテンションは、その後のファイト以上にテンションが高かった。実は伏線だったり。
[画像を見る][画像を見る]30話の矢作キョウ戦で、1回の「エターナルフレイム」をガードされて不発に終わったが、その後ヒールトリガーを引いてコストを確保。再び「エターナルフレイム」を発動させ、アヘ顔ダブルガードを引きだした。
第38話では三和"大納言"タイシがリアガードとしてコールした。この時、櫂が使用した口上を化して発言している。

第2期「アジアサーキット編」では『ブラスター・ブレード』『ブラスター・ダーク』と共に謎の勢力によって封印されてしまう。最終回にて解放されたものの、続く第3期「リンクジョーカー編」では櫂トシキなるかみデッキリンクジョーカーデッキを使用したため長らく彼に使用されなかったが、第54話(通算159話)での雀ヶ森レン戦にて限転生仕様のこのカードを使用。ライドし、最終的に『ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”』にクロスブレイクライドした。

余談

その人気の高さと、あまりにユニットが多くなってしまったせいか、5周年記念で行われたグッズ化を巡るクラン人気投票ファイターズグッズフェスティバル」のかげろう部門を全て「オーバーロード」が制圧してしまうという事が起きた。全員同一人物であるため、まるでリアルボーボボ人気投票である。

■im5545934(静画)


関連動画



■1294902919[ニコ動]

■1312451383[ニコ動]
■1317279856[ニコ動]
■1333694217[ニコ動]
■1390792747[ニコ動]


関連商品


■azB004FGM198
■azB004SSAT4C
■azB004SSAT06
■azB004OA7ZT6


関連項目



最終更新日: 16/12/23 19:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ