ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3


ヨミ: ドラゴンクエストモンスターズジョーカースリー
掲示板をミル!
300カキコ!

忘れられし思いを いまこの手に・・・

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3とは、スクウェア・エニックスから2016年3月24日発売した
ニンテンドー3DS専用ゲームソフト/ダウンロードゲームである。略称は『DQMJ3』
先行して体験版2016年3月9日より配信されている。こちらでは本編で使えるコードが手に入る。


概要


ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3は、ドラゴンクエストモンスターズシリーズの最新作でジョーカーシリーズの最新ナンバリング作品である。ジョーカーシリーズシステムを踏襲しつつ、新たな要素を取り入れている。
詳しい内容については、各個説明していく。


今作の新要素


主人公が身に着けているの装置。
敵の名称や強さなどを調べられたり、隠れた宝箱や見えないなどを探し当てたりする。

仲間にしたモンスター背中に乗って移動するシステム
イメージ的にはDQ8にあったキラーパンサーバウレン的なもので、・陸・
それに該当するモンスターの背に乗って 様々な場所に移動をする。
(例・ひくいどりに乗ってへ、ダッシュランに乗って陸を駆ける魔王である竜王の背に乗る 等)
本作の玉であり、全てのモンスターに乗ることができる。
戦闘時でも騎乗することができ、その場合はモンスターを引き上げられる反面、そのモンスターが倒されると落魔し、次のターン作戦替え・命不可能になってしまう。

上記のライドオンから、他のマスターとライド技術を競い合うバトルとは異なる競技。
ルール自体はシンプルフィールド上にいるスライムを自分のゴールに連れていくだけ。結果に応じて報奨があるので、中盤とかで遊びのついでに経験値も入るので活用してみるのもいい。
またWi-Fiで全プレイヤーと対戦することもできる。バトルに自信がない人でも気軽に楽しめるようになっている。

カラーフォンデュというモンスターによって行われるカラーチェンジ
カラーフォンデュ兄弟を助けた後にカラー変更ができるようになり、主人公カラーリングの他、
仲間モンスターの色を色々と変えることができる。

ダークマスターによって生み出された異形のモンスター
通常のモンスターべて見たでは半身がマ素で汚染されたいびつな形をしている。
も通常のものと異なりターン経過でが上がったりする。
代表的なブレイクモンスターは、スライムキメラアークデーモン、とげショボー、スカルゴン
余談だがスカルゴンはこのブレイクモンスターフラグシップ的な存在らしく、他作品とのコラボイベント品として登場している(DQMSLモンパレ、どこでもモンパレなど)。


前作からの要素、引継ぎ等



登場人物等



新規参入モンスター・他作品からの新規参入モンスター


ここではDQMJ3から参戦するモンスター過去DQナンバリングなどから
モンスターシリーズ初登場のモンスターを紹介していく。(情報は各公式HPの画像やムービーより)

DQMJ3オリジナル

キングホイミスライムメーダボードレジアクセル 

DQⅩ(新規参戦モンスター)

ニードルマン魔女グレイツェル、ビックハット、プリーストナイト、インキュバスダークプラネットダークネビュラス
サンダーシャウトたんすミミックパンドラチェスト密林の守人、飛竜飛竜飛竜飛竜
大魔王マデサゴーラ

DQMSL・モンスターパレード

グランシーザーDQMSL)、ベスキングモンパレ)、キラークリムゾンモンパレ)、闇の王ラードモンパレ

その他、過去のナンバリングなど

ガメゴンロードマリンスライムしびれくらげデスロットきめんどうしメトロゴースト


配合


本作では配合の仕様がまた新しくなり、まず性別という概念が止された。そりゃデスピサロとかメタルゴッデスとかわけのわからない仕様ネタにされたこともしばしばあったが…ともあれ、この仕様変更のおかげで性別を間違えて配合しなおし…という手順を踏むことなく円滑に作業を進められるようになったのはうれしい。

この他てんせいのつえがなくてもそもそも配合元のモンスターを選択できたり、スキルを極めて捨てればとして手元に残ったりといろいろ便利になった部分が多い。またジョーカー3ではあくまの書系統が削除されたが、カラーフォンデュの登場であくまの書と同じような使い方ができる。

テリワン3Dの究極配合、イルルカの新生配合に続き、ジョーカー3では生配合が登場。エンディング後に解禁される要素で生まれる子供の+値が100えていればOK。前作より制限が非常に緩められており、各モンスターに定められている固有特性(スライムなら「会心出やすい」)以外コスト上限をえない限り特性自由に差し替え可サイズ変も制限なし(4ドラゴンキッズもスモールギガンテスもOK)と非常にフリーダム
ギガボディ(ダメージ上限9999)+暴走機関(テンションアップによりアタカン&マホカン貫通)+こうどうはやい(いきなりリバースは今作不在)からのマダンテぶっぱ速要注意戦術筆頭補になっている。今まで猛威を振るっていたみがメタは後述の理由により弱体化していたり、呪文の賢さ補正が上がっているのも追い


本作のメタルボディ


ジョーカーが始まって以来、各所で猛威を振るってきたみがわりメタル、通称みがメタ。圧倒的守備と耐性を誇るメタルモンスターに攻撃を肩代わりしてもらうこの戦術はお手軽かつあまりにも強だったために、ルカニマインド(休み)・ハック弱点化、みがわり弱体化などスタッフもテコ入れに苦労してきた。

そんなテコ入れをあざ笑うかの如く相変わらず猛威を振るっていたみがメタだが、今作で遂に致命的な弱点が追加される。というのも特性メタルボディに凄まじいマインド耐性低下がついているのだ。具体的に言うとメタルボディが-10、ハードが-11、ハードが-12。これがどれくらい苛かというと、ギガボディ(+4)&こうどうおそい(+2)&休みガードEX(+4)をつけてようやくメタルボディの補正を相殺できる程。デフォルトマインドに効耐性を持つモンスタードラゴン系+エスタークなどがいるが、「1で」「メタルボディを持ち」「マインドを効にした」上でまともに戦わせるのは中々難かしい。
これを避けるためには特性ライトメタルボディ&全ガード+に差し替える必要があるが、もちろん今までと同じようにはいかず、スモールボディや複数回行動を持たせると容赦なく守備が下がるし、特性メタルキラーも非常に怖い。
他にもせいけんづきがGサイズ全体化の対になったのを皮切りにメタルにも安定して大ダメージが入る攻撃手段が大幅に増加し、今作のみがメタは今まで以上に大きなリスクを伴うことになった。とはいえ耐性が確保しやすいし、死に際の特性活用すれば今まで以上に戦況を有利に運びやすいのも確か。いかに死ぬかまで考えて戦略を立てるといいだろう。

余談だが、みがわりそのものにも「自身のテンション2段階低下」が追加された。みがわり以外の行動がしにくくなったが、テンションを奪う攻撃に強くなるためどっこいどっこい。

なお、本作でまた新たなメタルモンスターが多数追加された。彼らの共通点は固有特性が「にげあし」(メタルライダーは例外)、低いHP上限値(メタルライダー普通)、守備上限1500(メタルライダー聖銀のどくろあらいは例外)、属性攻撃半減、&耐性低下・吸収・マインド弱点、その他異常減という共通点を持っている。
なお、メタルライダードラゴメタルデフォルト特性ライトメタルボディだが生配合でメタルボディ以上に差し替えればメタル系と同じように運用可

以下、このような特徴を持つモンスターを列記する。

()メタルスライムメタルブラザーズはぐれメタルメタルキングプラチナキング
メタルパールメタルエンゼルメタルトリュフメタルホイミンメタルゴッデス
スライムゴールドゴールドパールゴールドエンゼルゴールデントーテム、ゴールデンスライム
スライムマデュラ聖銀のどくろあらい
メタルライダードラゴメタル(この2体はライトメタルボディがデフォ)

マインド耐性をどうするかはパーティーと要相談だ。固有特性「にげあし」は当然死に特性だが、この特性コストは0なので、他の特性の選択の邪魔にならないと考えればメリットでもある。
余談だが、今までスカウトか特殊配合でしか調達できなかったメタル系だが、本作ではスライムマデュラが位階配合で生み出せるようになっている。


関連動画



■sm27845795[ニコ動]

■sm28385676[ニコ動]

RTA(走者・lawren[動]さん)

■sm29863340[ニコ動]


関連商品


■azB018QPYTNY
 ■azB018QPYTKM


関連コミュニティ


ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



次へ»
最終更新日: 17/03/01 00:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ