ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラゴンクエストIV 導かれし者たち


ヨミ: ドラゴンクエストフォーミチビカレシモノタチ
掲示板をミル!
492カキコ!
ドラゴンクエスト > ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
基本情報
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
PlayStation
ニンテンドーDS
iPhone/iPad/Android
開発元 FC:チュンソフト
PS:ハートビートアルテピアッツァ
DS:アルテピアッツァ
発売元 FC:エニックス
PSDS:スクウェア・エニックス
発売日 FC:1990年2月11日
PS:2001年11月22日
DS:2007年11月22日
アプリ:2014年4月17日
価格 FC:8,500円
PS:6,800円
アルティメットヒッツ:2,625円
DS:5,490円
アルティメットヒッツ:2,940円
アプリ:1,800円
対応年齢 CERO:A(全年齢対応)
その他
ゲームソフトテンプレート

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、エニックス(現:スクウェア・エニックス)がファミコン向けに1990年に発売したゲームソフトである。その後リメイク版としてPlayStation版が2001年に、ニンテンドーDS版が2007年に発売され、2014年にはスマホ版も配信される。


概要


略称はドラクエ4、DQ4、DQIV。

ドラゴンクエストシリーズナンバリング第4作であり、天空シリーズの第1作である。天空城マスタードラゴンなどが初めて登場した作品となる。

本作は第1章から第5章までストーリー分割されており、それぞれ役が違うオムニバスストーリー形式を採用している。各章では様々な生い立ち、遇を持つキャラクター達が冒険の旅立つ経緯が描かれており、DQシリーズの中でもキャラクター焦点を置いた作品となった。

DQシリーズで初めてAIによる戦闘システムが採用され、主人公以外の仲間キャラが自分で行動するようになったが、逆に細かい示が出来ない(作戦「めいれいさせろ」が存在しない)ため、作戦によっては仲間がお馬鹿な行動を連発するという悲しい事態を引き起こすこともしばしばあった(クリフトザラキ連発が有名)。リメイク版は作戦「めいれいさせろ」が使えることとAIの内容自体が変わったことでいくらか善している(でもクリフトだけは・・・)。

また、敵側の事情などが深く描写された初めてのDQでもある。
本作のラスボスであるピサロには人がおり、しかもその人を人間に殺されてしまい、ピサロは怒り、本来は地獄の帝王を復活させるために使うはずだった「進化の秘法」を自らに用い異の怪物へと変貌する。
そのため同情の余地のある敵として感情移入するプレイヤーも少なくないが、ピサロ人を殺される前から人間界に対し破壊工作を行っており、倒すべき敵には変わりない。
なお、リメイク版では6章が追加され、5章までのラスボスであったピサロ仲間となり、ともにの敵と戦うというストーリーになった。
ピサロ仲間になってうれしいという意見に加えて、勇者幼馴染であるシンシアを生き返らせずにピサロ人であるロザリーを生き返らせたり、悪行を重ね反の言葉も出さないピサロパーティに加わるのはおかしいという批判も少なくない(ただし、ピサロは最初から最後まで人間は滅ぼすべき存在と言う考えがあり、その信念がブレていない以上当たり前とも言える。仲間になったのはあくまで先の敵が一致したに過ぎない。また、FCでは容量が足りずに泣く泣くストーリーを削ったらしいが、それがPS版の追加シナリオと同じものであるかどうかは不明)。

なお、GBCでもリメイクが出る予定だったが様々な都合でお蔵入りとなった。こちらではPS以降の6章とは全く異なる「クインメドーサ」なる隠しボスが登場する予定であった。これはGBCDQ3における本来DQ4との連動を行う予定であったモンスターメダルデータから確認できる。6章とはまた別のおまけ要素だったのかも知れないが、これを元にリメイク6章はFC版の没シナリオとは全く違うとする意見もある。

リメイク版では上記のシナリオ追加に加えて、DQ7から仲間との会話、移民の町のシステムが採用されている他、「せんれき」のシステムが追加されている。


主な登場人物



導かれし者たち



次へ»
最終更新日: 19/06/26 19:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ