ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち


ヨミ: ドラゴンクエストセブンエデンノセンシタチ
掲示板をミル!
2811カキコ!
ドラゴンクエスト > ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

ひとはかになれる

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
基本情報
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PlayStation
ニンテンドー3DS
発売 エニックス
(現:スクウェア・エニックス
開発 PS:ハートビートアルテピアッツァ
DS:アルテピアッツァ
発売日 PS:2000年8月26日
3DS:2013年2月7日
価格 PS:7,800円
アルティメットヒッツ:2,625円
3DS:6,090
その他
ゲームソフトテンプレート

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、エニックス(現スクウェア・エニックス)から発売されたRPGである。略称はドラクエ7、DQ7。

概要

ドラゴンクエストシリーズの第7作

PlayStationで初のドラクエということで期待が高まり、売上は当時シリーズ最高の417万本を記録した(現在DQ9415万本以上が最高記録)。

PlayStationへ移り、3Dポリゴンが採用されたことでグラフィックが大幅に美麗化、ストーリーのボリュームも増大した。また、今作から斜めに移動することも可になった。
また、プログラム担当の山名学がかなり頑ったらしく、次の次を先読みロードする等の技術を駆使し、CD-ROM媒体にしてロムカセット並という驚異のロード時間の短さを誇る。

ストーリーは中盤まではに町ごとに独立したストーリーがあり、1つ1つ解決してまわるといった進行形式になっている。単純に町を脅かす魔物を倒しに行くだけのものもあれば、魔物と人、人と人の関係について考えさせられるような深いストーリー、必ずしもハッピーエンドで終わらないストーリーもあり、個々のストーリーの質は歴代のシリーズの中でも非常に評価が高い。

タイトルのエデンは旧約聖書に登場する「エデンの園」が元ネタ。また、この作品自体が聖書モチーフにしている、キリスト教グノーシスの思想の影を受けているという説が存在する。

また、最近のドラクエではおなじみの「はなす(仲間会話)」が初めて導入された作品である(戦闘中も会話ができるが、3回程話すと敵に先制されてしまうので注意。尚、戦闘中仲間に話せるのはシリーズ通してPS版の7だけで、3DS版7では戦闘中の会話はない)。
マリベルツンデレっぷりに魅了された者、暗いストーリーの中でガボに癒された者なども多く、仲間会話システムは本作をる上で欠かせない存在であると言っても過言ではない。

第5回日本ゲーム大賞優秀賞、2000年文化庁メディア芸術祭大賞を受賞している。

2012年10月31日ニンテンドー3DSソフトとしてリメイク版を開発中であることが発表され、2013年2月7日に発売された。BGM東京都交響楽団によるオーケストラになり、すれちがい通信に対応。

では2001年Dragon Warrior VIIとして発売された。3DS版では2016年9月16日に「Dragon Quest VII: Fragments of the Forgotten Past日本語訳:忘れられた過去の石版)」として発売。

2015年9月16日にはスマートフォン版が配信された。

ストーリー

広いん中にぽっかりと浮かんだグランエスタード島世界にはこのしか陸地がなく、人々はグランエスタード一のとその下町、そして漁村のフィッシュベルにて細々と平和に暮らしを営んでいた。

フィッシュベルに住む主人公少年グランエスタード王子キーファ、そしてフィッシュベルの網元の一人マリベルの3人はいつも一緒に遊ぶ悪友同士だった。そんな彼らが最近注しているのが、の北東にあるの遺跡だった。そこはの人々がけっして近づかない禁忌の場所だったが、好奇心旺盛な彼らにとっては絶好の冒険スポットであった。

主人公たちは遺跡地下への入り口をみつけ、そこに広がる迷宮の仕掛けを次次に解いていった。そして開かれたの先にあったのは、いくつもの台座と割れた石のかけら。かけらをつなぎあわせ、台座にはめ込んだとき、まばゆいとともに次の間、彼らは見知らぬに立っていた。

襲いかかる魔物たち。初めての村ウッドパルナで出会う人々。その地にふりかかる災厄。

ウッドパルナを支配する魔物を倒し、グランエスタードに戻ったとき、彼らは新しい大地が、あのウッドパルナが、自分たちのの隣に突如として出現したことを知るのであった。そして、主人公たちの手にある、石の欠片―石版-が、次なる大地が救済をめていることを示していた。

石版に封じられた大地の、徐々に明らかになる世界の全容、そしてその影でうごめく黒幕、はからずも、主人公たちは冒険を通じて、そのを解き明かして行く。そして数々の、出会いや別れをくりかえす。

登場人物


パーティーキャラクター



その他


転職システム

今作もダーマ神殿が登場。システムDQ6と同様、熟練度式の転職システムを採用している。人間職業勇者以外に「上級職を前提に持つ上級職」が登場した他、モンスター職が大幅に増え、モンスター上級職まで存在する。

特定職業を連続して経験する事で覚えられる「職歴特技」も登場。

今回も転職ダーマ神殿で行うことができるが、石版の世界主人公世界に、合わせて2つのダーマ神殿がそれぞれ存在し、両方で転職は可である。とくに石版世界ダーマ神殿大神官フォズ様は(とても)年若い女性なので一部のプレイヤー人気がある。ルーラで直接行けないにもかかわらず、転職の際はフォズ大神官に必ずいにいく人も。
なお、下記の表はPS版のものであり、3DS版は大幅に変更されているので注意。


次へ»
最終更新日: 19/04/19 14:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ