ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父~


ヨミ: ドラゴンボールゼットタッタヒトリノサイシュウケッセンフリーザニイドンダゼットセンシカカロットノチチ
掲示板をミル!
36カキコ!

惑星べジータに今・・・

一人の男の子が、産を上げた・・・

『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空~』とは、1990年10月17日)に放送されたテレビスペシャルである。


概要


ドラゴンボールシリーズ初のアニメオリジナル設定によるテレビ映画で、全作品中で孫悟空たちが活躍するより前のエピソード0的な側面を持つ重要なエピソード
63.5話として、フリーザ編の外伝として1時間スペシャル扱いで放送された。
孫悟空が生まれたシーンから始まり、そのバーダックがカナッサ人から「未来を予知できる幻の拳」を受け、惑星べジータサイヤ人滅亡の運命を知り、フリーザとの対決までを描く。
関西地方夏休みなどに劇場版が放送される際にも再放送されているが、一部のシーン(ミートに向かう4人、気絶して意識を取り戻しフリーザの幻を見るシーン)がカットされている。
2011年には事実上の続編である『ドラゴンボール エピソード オブ バーダックEPISODE of BURDOCK)』(通称エピバダ、EOB)が発表されている(本作のラストと同作の冒頭シーンの不整合性など、不自然な点も多いが)。

原作者・鳥山明をはじめ、現在においても本作をドラゴンボールの長編作品最高傑作に挙げるも多く、鳥山明自身も本作の主人公バーダックを「惑星べジータを滅ぼしたときに最後まで抵抗したサイヤ人」として原作漫画に登場させている。

なお、劇場版ドラゴンボールZ 神と神』では、破壊神ビルス惑星ベジータ破壊の原因の本人であるかのように示唆されている。ビルス側近のウイスに対し「惑星ベジータを訪れた際にベジータ王の接待が気に入らなかったため、フリーザに命じて惑星ベジータを破壊させた」とっている。

演出面においても、評価が高くバンクによる使いまわしが多いが未来を予知するサイヤ人」という設定を生かして過去作品の名場面を随所に挟み、悟空の闘いと修行歴史を知ることができるほか、透過を効果的に用いた画作り、スカウターの弱点を突いたバーダックテクニカルかつスピーディな戦闘シーン、そして何より大きいのは本作を徴する戦闘BGMソリッドステート・スカウター」の存在であろう。

この「ソリッドステート・スカウター」は、YMOオマージュでありながらDBZ世界観に絶妙にマッチし、菊池俊輔氏のそれとは一線を画するシリーズ中ではやや異質な作品でありながら、後年ゲーム作品でも菊池氏のBGMに混じって採用されたり、ニコニコ大百科でも作品より曲が先に記事になったりしていることから、その人気が伺える。

放送から20年以上経過したものの、ニコニコ内でも本作を用いたMADが未だに作られるなど、高い人気を誇るが、本編そのものの動画フリーザ様のご命権利者の要望により、削除されている。

なお、ゲームでは『ドラゴンボールZ3』以降のゲーム作品でバーダックが使用可となる作品が増加しており、中にはあの世悟空と再会する、ラディッツ結婚していないことを突っ込むといった知られざる一面やありえないIFストーリーが展開されることも。
サイヤ人だけあって、大抵は線技が体となるが、『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR』のように劇中にみせたような相手の裏をかくスタイルの技が搭載される傾向があり、実際にこの作品のようなスピーディなテクニカルバトル再現することも可

なお、本作およびもうひとつのスペシャルドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』は、BOXセットの特典映像としての商品化はあったものの、単品での商品化が大幅に遅れ、なんと日本で正式に単品販売されたのは2011年になってからである。
しかも、当時のシネテープが散逸したため、音モノラルである。
アメリカDVDはリージョンの違いで日本では再生不能
また、CM前のアイキャッチが未収録(ニコニコをはじめとして映像ソースとして使われているのはアイキャッチが存在しないため、何らかの方法で変換したアメリカ版の可性が高い)。

この当時の放送を良好な状態で所有している君は、『本来の音』でのこの作品を持つ数少ない人間なので、大切にしてもらいたい。
そして、何かしらの媒体に録音し、デジタル化して保存しておこう!
(昨今、こういった「個人所有」の映像ソースソフト化される事例が増えてるので、東映に送れば、ステレオ版が出るかも?)


銀河パトロールジャコとの関係


2013年鳥山明自身の筆で久々に発表された連載作品「銀河トロールジャコ」は時系列的には本作とほぼ重なる時期にあたる作品になる。

しかし、「カカロット父親バーダックである」という点以外はまったく繋がらず、特に単行本に収録された読み切り作品の「DRAGON BALL -」はバーダック装やべジータ髪型をはじめ、惑星べジータの様子すらも異なり、本作での出来事は全に視されている形になっている。このあたりはもうひとつのスペシャル絶望への反抗」も漫画版との展開がかなり異なっているが、「絶望への反抗」が連載当時に作られた作品でまだ変部分に面影があるのに対し、本作の場合は漫画だとバーダックが明確に妻や子供を大切にする描写が見られるほか「未来を予知する」すら持っておらず、全な別物になっている(元々鳥山は悲劇な物語はあまり描きたくない、自分の描く話は基本的に軽い話が多いともっている)。

このため、本作の扱いがかなり曖昧になってしまうが、鳥山明の本作開時のインタビューによれば「なら絶対に描かない作品。いい意味で違うドラゴンボールを観ている」といった発言があるので
東映アニメドラゴンボールZにおける第0話=たったひとりの最終決戦」
漫画原作DRAGON BALLにおける第0話=DRAGON BALL -」
とでも解釈するのが自然なのかもしれない。
(同じ理由で「神と神」もGTには繋がらないが、これも上記のように「アニメ版最終章=GT」「漫画版の続編=神と神」と解釈するべきなのかもしれない) 


登場人物


この作品では、オリジナルサイヤ人が多数登場している。
うち、メインの5人はアニメスタッフの中勝祥がデザインし、鳥山明リファインしたものが使われている。


なお、以下の人物は後付で登場したために本作には登場していないが、本作で描かれている「惑星ベジータ消滅前後」→「孫悟空地球到達」の一連の出来事に何らかの形で絡んでいることが後の作品で明らかになっている。

スタッフ



関連動画


絶望への反抗!!との合作MAD

一度運営に消されている作品の為ご視聴はおめに


■sm12458019[ニコ動]


関連商品


■az4089081416
■az4089082048


関連コミュニティ


『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空~』に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目


こうしてドラゴンボールの壮大な物語

幕を開けたのであった


最終更新日: 14/04/13 19:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ