ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドリフターズ


ヨミ: ドリフターズ
掲示板をミル!
78カキコ!
曖昧さ回避

ドリフターズとは、

  1. 1953年頃に活動を開始したアメリカコーラスグループ
  2. 昭和を代表する日本コミックバンドコント集団。グループの名前は1.に由来。本稿で記述
  3. 平野耕太漫画⇒ ドリフターズ(漫画)

ドリフターズとは、昭和を代表するコミックバンドコント集団である。正式名称は「・ドリフターズ」、通称ドリフ


概要


現在でもベタで大な演出の笑いを「ドリフ」と形容されることもある、一つのを打ち立てた伝説お笑いグループ

メンバーは以下の6人が最もよく知られており、単に「ドリフ」と呼ばれた場合はこれをすことがほとんどである。

代表番組は「8時だョ!全員集合」(TBSテレビ)、「ドリフ大爆笑」(フジテレビ)、「飛べ!孫悟空」(TBSテレビ)など。


歴史


前史-ロカビリーバンド時代~コミックバンド期

ドリフターズ自体はメンバーを変遷しつつ1956年日本を代表するウエスタバンド東京エスタボーイズ」と「マウンテンボーイズ」という二つのバンドが合併して「サンズオブドリフターズ」という正統派バンドとして誕生し、後の大物ミュージシャンが多く参加していたが、数々のメンバーチェンジの果てに、二代リーダーである桜井夫の元で徐々にコミックバンド化して、1964年現在知られる形になった。

いかりや体制確立

実質リーダー状態であったいかりや長介に不満を持った小野ヤスシメンバークーデター状態でドンキーカルテットを結成して脱退、脱退に失敗した加藤茶と、急遽集められた高木ブー仲本工事荒井注によって現在ドリフ下地が出来上がる。 (いかりやはこの新生ドリフ結成時に正式に通算4代リーダーとなった)

ドリフ明期の活動の中で特筆すべきは、1966年に来日したThe Beatles日本武道館演の際に前座を務めたことであろう。この時の映像奇跡的に現存しており、彼らの初期の様子をい知ることができる重な資料となっている。ちなみに、このビートルズ日本演を観に、当時高校生だった志村けん武道館に赴いたそうであるが志村が観に行った演日は前座にドリフが出演しなかった日のため、惜しくもニアミスしたという逸話がある。

■sm14420019[ニコ動]

コント集団時代以降

コミックバンドからコント集団に転じ、伝説お笑い番組「8時だョ!全員集合」で人気グループ仲間入りをする。
しかし、1974年荒井注突然脱退。この時同じく辞めようとしていたが失敗した加藤の口添えで付き人だった志村けんが加入。数年のスランプを経て「東村山音頭」で人気爆発し、第2の黄金時代を迎える。

ドリフ全盛期人気は凄まじかった。特に加藤茶志村けんはまさに子供たちのアイドル的存在であり、彼らの発するギャグ子供たちが真似するとしてPTAから「下品」とかれて問題になっていたほどである。

ドリフ自身によって、グループ歴史コントにして見せている。

■sm9193203[ニコ動]

1985年に「全員集合」が終了して以降は徐々にそれぞれのソロ活動が活発化し、継続して放送された「ドリフ大爆笑」でも志村加藤組といかりや・仲本高木組に分かれてコントを収録することが多かった。
1990年代中頃から「大爆笑」で「全員集合」時代の舞台コント再現するなどの活動を行い、彼らの笑いを見て育った後輩芸人たちの影もあって再評価の機運が高まった。

2000年年始の富士フィルムCMにおいて、田中麗奈と競演した「七福」でいかりや・加藤仲本高木荒井志村の『6人ドリフ』が実現し話題となった。皮にもこれが荒井注生前最後のTVCM出演となった。

2001年NHK紅白歌合戦ザ・ドリフターズとして初出場。

2004年いかりや長介の死去により存亡が危ぶまれたが、その後もケーズデンキTVCMで残された4人のメンバーが出演するなど細々ながら活動を継続している。


関連動画


■sm9675266[ニコ動]
■sm3934787[ニコ動]

■sm3113262[ニコ動]
■sm11203274[ニコ動]
■sm561549[ニコ動]
■sm7660118[ニコ動]


関連商品


■azB0000XB5Q0
■azB0009P7VK8
■azB001A1Q4HG
■azB000QJMARQ


関連コミュニティ 


■co12297


関連項目



最終更新日: 18/09/18 21:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ