ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドンキーコング


ヨミ: ドンキーコング
掲示板をミル!
279カキコ!

ドンキーコング』 (Donkey Kong) とは、任天堂より発売されているゲームシリーズ、およびそれに登場するキャラクターである。略称は「ドンキー」。

現在、"ドンキーコング"と呼ばれるキャラクター2代目であり、初代ドンキーコングは"クランキーコング"と呼ばれる。

よく、コング=ゴリラと誤解されるが、ゴリラ英語名もゴリラである。なぜ誤解されるのかは、このゲーム映画キングコング』のせいだと思われる(ドンキーコング生みの親である宮本茂氏はコング=ゴリラだと思っていた節がある)。


概要


ドンキーコングタイトル画面

第1作は、1981年任天堂からアーケードゲームとして発売。FCゲームウォッチでも発売され、当時の小学生を虜にした。のちに世界的に有名になるマリオが初めて登場したゲームでもある(マリオ初登場のゲームは『マリオブラザーズ』だと勘違いされがちである)。

元々、シューティングゲームレーダースコープ』の不人気により大量に在庫を抱えたNintendo of America社の要望で在庫処理の為のコンバージョンソフトを要された任天堂が急遽社内募により立ち上げたレーダースコープ基流用の企画により生まれたゲームである。『マリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』で知られる宮本茂デザイン等のゲームデザインをほぼ一人で手がけ、プログラミングは『レーダースコープ』と同じく池上通信機という会社が行った。但し宮本氏の作った原案にはジャンプの概念が存在しておらず、マリオジャンプさせるアイディア池上通信機側が出したものである。しかし、後に池上通信機と訴訟沙汰になった為、続編である『ドンキーコングJr』の開発にあたっては本作のプログラムを逆アセンブルで解析するハメになった。一方で池上通信機は任天堂と手を切りセガと手を組むこととなり、ある意味では「ドンキーコングのもう一つの続編」ともいえる『コンゴ・ボンゴティップタップ)』を開発することとなった。ちなみに、コレコビジョン移植され、同じ池上通信機開発の『ザクソン』と共に看タイトルとなった。今では考えられないが、この頃は任天堂ゲーム任天堂ハード以外の庭用機に移植されることも僅かながらあった。

また、ドンキーコング基ファミコンの原であったように、ゲーム&ウオッチ版ドンキーコングはファミコンコントローラーの原であると同時にニンテンドーDSの原でもある。他社のゲーム機では、庭用機だとテンキーが採用されたり、操縦桿だったりして扱いづらいものが多く、ポータブル機(電子ゲーム)ではレバーを採用したために突起物が怪や故障の原因となっていたりした。これを解決したのが十字ボタンであり、現在庭用機のコントローラーの基礎となっている(ちなみに、既に特許は満了している)。一方で、海外ではCOLECO社製の電子ゲーム版ドンキーコングも発売されており、こちらはゲーム&ウオッチ版と違いアーケード版のアップライト筐体を模した本体デザイン、FL管採用によるカラー画面が特徴である。理にアーケード版を再現しようとせず、液晶画面の表現の範囲内で様々なシーン展開を経てコングを追い詰める様子を2画面に詰め込んだゲーム&ウオッチ版と、貧弱なハードと限られた表現を駆使してあくまでもアーケード版を可な限り再現しようとしたCOLECO版。どちらも名作の名にふさわしいだろう。

ストーリー主人公であるマリオがドンキーコングというゴリラに似た怪物にさらわれた女の子を助けるというもの。

当時のコンピューターゲームは、シンプルゲームが多かった中で、この作品はゲーム性とキャラクター性を全面に出した当時としてはしいタイプゲームの一つで、日本のみならず海外でも大ヒットした。また、家庭用ゲームファミコンでの発売初期にファミコンの売上に貢献したゲームでもある(というか、そもそもファミコン自体がドンキーコング基コストダウンした設計である(ただし、CPUZ80から6502に変更されたせいで移植には難儀している)。また、コレコビジョン版ドンキーコングのヒットファミコン開発動機の一つだったと言われている)。ドンキーコング基自体も、『レーダースコープ』からのコンバージョン版は別として、レーダースコープ基は『ドンキーコング』を動作させるにはオーバースペックだった(そのせいで、『レーダースコープ』の価格は100万円近くと非常に高価になった。これも爆死の原因である。ちなみに、『スペースフィーバー』『シェリフ』が約15万円である)為、『ドンキーコング』に必要のない機や性をごっそりカットしてコストダウンがなされている。

よく、ファミコンの『スペランカー』というゲームがすぐ死ぬことで有名だが、このゲームも『スペランカー』ほどではないが低い位置から落ちても死んでしまう(このことはあまり有名にはなっておらず、今のマリオからは考えられない)。ちなみに、インストカードでは「ジャンプで到達可距離は歩幅(=キャラクター幅=16ドット)」「落下しても耐えられる高度はキャラクター身長まで(ジャンプで降りた場合も同様。75mの下りリフトで垂直ジャンプすると死にます。また、落下音が聞こえたら基本的にアウト)」旨の説明がある。ちなみに、75mの最下段に降りた場合は高度に関係なく死ぬ。また、耐えられる高度であっても落ちるor飛び降りた場合は着地時に高度に応じて硬直時間が発生する(硬直はジャンプ起点と着地点が同じ高さでない場合に発生するので、着地点がジャンプ起点より高くても硬直は発生する)。なお、画面外に向かってジャンプした場合は落下判定に入らない限り(落下音が鳴らない限り)画面端で同じ軌で跳ね返ってくる。

ちなみに、マリオ人役はピーチ姫で有名だがこのゲームヒロインは、レディ(ポリーン)と呼ばれる女の子である。

続編である『ドンキーコングJR.』では、驚くべきことにマリオ悪役になっていて、マリオムチを振り回し主人公に向けてワニなどをけしかけてくる。今のところ、マリオ悪役ゲームはこの『ドンキーコングJr.』だけと思われる(「敵役」という意味ではこの限りではない。『VSレッキングクルー』をルイージ側でシングルプレイした時など)。

ドンキーコング3』では、主人公マリオではなく、スタンリーというキャラクターになっている。何故そうなったかというと、『ドンキーコングJR.』でマリオがドンキーコングを売却してしまい、飼いが変わったからである。初代三部作のラストSTGで、しかも背景にあるビニールハウス組みが『レーダースコープ』を思い出させる(敵の動きなど、プレイ感は『スペースファイアバード』にやや近い)のは何の皮だろうか?

大乱闘スマッシュブラザーズ』に出てくるハンマーを手にした時に流れる曲はこの『ドンキーコング』が初出である。

通称:ハンマー状態

1994年にはイギリスレア社が開発し、大幅にリニューアルされたSFCソフトスーパードンキーコング』が発売。こちらも大ヒットすることになり全世界800万本以上の売上を記録した。この作品から登場しているドンキーコングは2代目ドンキーコングとなり、今ではマリオと同じく任天堂を代表するキャラクターの一人としてされている。

2004年レア社マイクロソフトに売却されるものの、2010年発売の『ドンキーコング リターンズ』は、任天堂子会社であるアメリカレトロスタジオが開発を行い、再び500万本のヒットを収めた。

世界でのシリーズ累計販売本数は5300万本以上。

爆死したゲームの基の在庫処理企画という、いわば敗戦処理係として生まれた時、まさかこれほどまでに息の長いキャラクターに育つとは一体が想像しただろうか?


シリーズ作品



初期シリーズ



スーパードンキーコング



マリオvs.ドンキーコング



その他



主な登場キャラクター



マリオ


 [画像を見る]

言わずと知れた第1作の主人公。『ドンキーコングJR.』では悪役として登場。その後、元ペットであるドンキーコングを売却したため、売却後である『ドンキーコング3』には登場しない。

初登場時ははっきりとした名前がく、ミスタービデオ」やジャンプマン」などと呼ばれていた。マリオという名が付けられたのは2作から。のちにギネスブックに載るほど有名なキャラにまで出世した。GB版ドンキーコング以降、ドンキーコング作品には長らく登場しなかったが、『マリオvs.ドンキーコング』でドンキーコングと再び争うようになった。

現在では『マリオ=ドンキーコングの主人公』というイメージではなく、『マリオマリオシリーズ主人公』として定着している。されるべき主人公である。


レディ(ポリーン)


[画像を見る]

第1作のヒロインマリオ人。

初代ドンキーコングにさらわれてしまい、マリオに助けられる。GB版以降の作品ではポリーンと言う名前を付けられている。

ピーチ姫の原とも言われており、ピーチ姫ポジションを譲り渡す形で他の作品にはあまり登場していない。

しかし、スーパーマリオ オデッセイにてマリオシリーズ初登場。その後については項参照。


初代ドンキーコング(クランキーコング)


[画像を見る]

第1作の敵キャラマリオの初めてのライバルとして世に登場した。

息子ドンキーコングJr.、孫に2代目ドンキーコングがいる。元々はマリオペット。しかし、『ドンキーコング』で悪さをしたために『ドンキーコングJr』で売却される。

GBソフト『ドンキーコング』(1994年)までは"ドンキーコング"として登場するが、『スーパードンキーコング』(1994年)からは、孫に"ドンキーコング"の名を譲り、"クランキーコング"という名前で老いた状態で登場している。


ドンキーコングJr.


[画像を見る]

2作ドンキーコングJR.』の主人公。初代ドンキーコングの息子


次へ»
最終更新日: 19/06/23 13:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ