ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドンキーコング64


ヨミ: ドンキーコングロクジュウヨン
掲示板をミル!
394カキコ!
ドンキーコングの関連項目一覧 > スーパードンキーコングシリーズ > ドンキーコング64

ドンキーコング64とは、NINTENDO64にて1999年12月10日に発売された3Dアクションゲームソフト

スーパードンキーコングシリーズ初の3Dアクションゲームである。

2015年4月2日よりWii Uバーチャルコンソールで配信中。

概要

スーパードンキーコングシリーズ
ドンキーコング64
DONKEY KONG 64
基本情報
ジャンル アクションゲーム
対応機種 NINTENDO64
バーチャルコンソール
Wii U
開発元 レア
発売元 任天堂
発売日 N64:1999年12月10日
Wii U VC:2015年4月2日
価格 Wii U VC:1,028
人数 1人
2-4人(対戦)
ゲームソフトテンプレート

スーパードンキーコング』の続編で、引き続きレア社が開発を担当している。
元々は『ウルトラドンキーコング』というタイトル64DD向けに発売予定だった。

ハイレゾパックメモリー拡張パック)を必要とする作品の1つ。

同社が開発した『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムを多く受け継いでいる。
3Dアクションだが、『スーパーマリオ64』のようなアクション中心の作品というよりは、プレイヤーキャラの特徴を活かして複雑なフィールドギミックに挑戦する、解き中心の作品である。ただし、ディディーコングジェットパックなど操作に癖のあるものが多く、アクションが簡単かといわれるとそうでもなく、全体として難易度は高い。 
また、『バンジョーとカズーイの大冒険』同様、ちょっと不気味な描写も多いが、そちらほどトラウマ要素を抱えているわけではない。しかし、セーブオーバーは健在。

ドンキーコングをはじめとして5人(?)のキャラクターを使用でき、既にクリアしたステージにも別のキャラクターで挑戦するなどして解きを行える。

あらすじ

スーパードンキーコング』でDKアイランドを襲撃しドンキー達にボコボコにされたキングクルールが、新高性兵器ブラストティック」を移動要塞レムリンアイランドに抱えて帰ってきた。
ところが直前で、要塞が岩に突してブラストティックが故障、要塞自体も座礁してしまう。

修理のための時間稼ぎに、キングクルールディディーを初めとしたサル達を攫い、さらにの秘宝である「ゴールデンバナナ」を盗んで、いたるところに隠してしまった。

しかし詰めの甘いクルールは、ドンキーコングを攫っていなかった。
ドンキーは、仲間バナナを取り戻すために奮闘する。そしてやがて5匹のコングがうと、彼らはキングクルールの野望を打ち砕くために協して立ち向かう。 

システム

キングクルールが襲来したDKアイランドには計8つのステージがあり、5匹のコングを使い分けながらそれらのステージに挑戦していく。

コング達はそれぞれ、移動速度や攻撃が違うほか、急な斜面を登ることができたり、を飛べたり、滑できたり、巨大な岩も壊す強パンチを放てたりという固有の特殊を持つ。またそれぞれが、専用の「」と「楽器」を持っている。これらを利用して、ステージ内の仕掛けを解いていく。例えば、ドンキーコング楽器ボンゴブラスター演奏しないと開かないドアがあったり、ランキーコングしか昇れない坂があったりする。

様々なアクションを駆使し、「ゴールデンバナナ」を集めるのが今回の的。ゴールデンバナナは、(一部を除き)各ステージごとに25本隠されている。それぞれ、各キャラクターごとに5本入手可である。つまり1つのステージの中に、それぞれのコングが固有のを利用して解ける仕掛けが5個存在することになる…と単純に考えがちだが、実際はせっけいず絡みや各々ミニゲームの存在、仕掛けアンロックに必要なの限定で入手経路はかなり入り組んでいる。

ゴールデンバナナ普通に進めると合計200個取ることができる。なお、各ステージの入り口を開ける為に必要なゴールデンバナナの本数は後に行くほど増えるため、挑戦の順番及び探索の必要性は定まっている。そして数多くの収集アイテムが行く手を阻む(!?)ので、集めるだけ集めるのがよい。

収集アイテム

収集アイテムとしては他に、バナナバナナメダルバナナコインバナナフェアリー(の写真)、せっけいずクラウンなどがある。これらは全て、ファイル画面の達成率に強く影する。

バナナは各ステージごとに落ちており、そのステージボスに挑戦するためには、5匹合計で一定数以上集めなければならない。ステージに落ちている5色のバナナは、5匹のコングそれぞれのイメージカラーに対応している。そのため、その色に対応しているコング以外は、せっかくバナナを見つけたとしても拾うことは出来ない。1つのステージにつき、各コングごとに100本落ちている。各ステージでは、1つのキャラクター75バナナを集めるごとに、バナナメダルが手に入る。このメダルをある程度集めることで、クランキーラボにてミニゲームが遊べる。

バナナコインはその名の通りバナナの描かれたコインで、バナナと同様5色に分かれてステージ内に落ちている。コングフミリーとの買い物などで必要となる通貨であり、クランキーファンキーキャンディー楽器の購入や強化に必要になる。新しいステージに入った時点でいずれかの店に新商品が入荷するため、新しいステージに入ったら彼らを訪ねてみよう。

バナナフェアリーは、DKアイランドに散らばった妖精。『スーパードンキーコング3』のバナナバードにあたるものとみていい。DKアイランド近くの「バナナフェアリーアイランド」のバナナフェアリークイーンから全部で20匹のカメラ撮影、もとい回収を頼まれる。撮影した数に応じて、隠し要素が開放される。これらは違うファイルにも影するのでチートニューゲーム状態の実現も可。なお、カメラフィルムは有限で、落ちているものを拾って補給する必要がある。飛び方がトリッキーなため、簡単にはレンズに収められない。しかも1か所だけ2匹飛んでいる場所があり、そこは2匹まとめて撮影しないと成功とみなされない。全てのフェアリーを回収してバナナフェアリークイーンに会いに行くととあるアイテムが貰える。

せっけいずは、その名の通り、ブラストティックの「設計図」である。
カスラットを倒すごとに手に入る。これもコングごとに対応した色になっているため、各キャラクターカスラットを倒す必要がある。どのコングに対応したせっけいずを持っているかは、カスラットの頭の色を見れば一瞭然。
後述の通り、ゴールデンバナナと交換出来る。また、集めた数に応じて、ラストステージ難易度が低下する。

クラウンは、バトルアリーナクリアするごとにもらえる。あまり数は多くないが、対戦モードラストステージエリア開放のために必要となる。

ちなみに「N64コイン」と「レアコイン」というものもあるが、まあそのうち手に入るよ。

コングクルー

ドンキーコング

おなじみ、過去二度も攫われたらがヒーロー
タル大砲に入ったり、無敵になったり、レバーを引いたりとオーソドックスなを使ってを解く。

専用は「ココナッツ・ガン」。楽器は、「ボンゴブラスター」というボンゴ
イメージカラー黄色で、黄色バナナバナナコイン、せっけいずを拾える。

ディディーコング

甲斐なく通算2回攫われてしまったドンキー相棒

専用は「ピーナッツポップガン」。楽器は「エレキショッカー」というエレキギター
クリスタルココナッツを消費することで、「バレルジェット」を装備してを飛べる。
ピーナッツポップガンとバレルジェットは、後に『大乱闘スマッシュブラザーズX』でも披露された。 

その他、尻尾をばねにして高くジャンプしたり、強タックルを披露したりする。

イメージカラー

ランキーコング

腕がのびーる新米その1。

臆病でのんびりした性格。顔が間抜けで手が長く、クルー随一のギャグキャラクター。なぜか関西弁

カズーイダッシュ逆立ちして坂を駆け上ったり、ターボシューズ自分のバレルのですばやく走れたり、風船みたいに膨らんで浮かんでみたりする。
専用は「グレープ・シューター」という吹き矢楽器は「トロンボーンクラッシュ」。

イメージカラー

タイニーコング

クルー紅一点海外のみ、ディクシーという設定がある。

クルーでも随一小柄で、クリスタルココナッツを消費することでさらに小さくなる。ラスボス戦では、小柄になって相手の靴に入り込みを攻撃するという、非常にスケールの小さい闘を繰り広げる。
ツインテールを回すことで、ディクシーを髣髴とさせる回転ホバリングが可。また、彼女だけが使えるワープパッドなどがある。

専用は、カズーイの羽羽根を飛ばして攻撃する「フェザー・ボウガン」。楽器は「サックスハリケーン」というサキソフォン

イメージカラー

チャンキーコング

最後のコングクルー海外のみ、ディンキーという設定がある。

自慢で鈍重な巨体の持ちだが、その外見に反して優しく臆病な性格を持つ。

タイニーと対照的に、巨大になったり、強パンチをかましたりといったパワフルが多く、反面鈍い。また、体だけ透明になれたりする。

専用は、クルーのなかでも最も巨大な「パイナップルランチャー」。しかし楽器は、クルーの中でも一際おとなしい「トライアングルウェーブ」というトライアングルディディータイニーが小柄な体でパワフル演奏をする一方、巨大でトライアングルをかわいらしく鳴らすチャンキーの姿はかなり立つ。

オープニングでは一人だけ大ボケをやらかしているが、最終決戦では一人だけっ当な戦い方をし、クルールトドメを刺すという大役をつとめる。

イメージカラー

愉快な協力者達

クランキーコング

毎度おなじみのメタ意見炸裂じじいコング。いわゆる「初代」。

今回は、DKアイランドのそこかしこにラボを構えており、コング達に、パワーアップと称して怪しいクスリを売りつけてくる。覚えるパワーアップは「ヒップドロップコングスラム系」「体格活用系」「バレル系」「パッド系」の4種。要は、上述したコングごとの特殊である。
1つ残らずパワーアップしておかないとステージギミックが解けないため、コンプリートどころか最終決戦に行くのも難しい。ちなみに、彼の作るクソ不味いらしく、飲んだコングは皆むせこむ。 

また終盤では、ライトユーザー泣かせの難関となる。
レア社の往年の名作JETPAC』を遊ぶ環境を何故か整えており、これで5000点以上のスコアを出さないと、ボスステージ開放に必要な「レアメダル」をプレイヤーにくれないのだ。
そのため、プレイヤーは、彼のラボで『JETPAC』に挑戦しまくることになる。


次へ»
最終更新日: 19/06/05 02:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ