ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ナインティナインのオールナイトニッポン


ヨミ: ナインティナインノオールナイトニッポン
掲示板をミル!
31カキコ!

 「「ニコニコ大百科!ナインティナインのオールナイトニッポン!」」

ナインティナインのオールナイトニッポンとは、1994年4月2014年9月ニッポン放送キーステーションとして全ネットで毎週木曜深夜25:00~27:00に放送されていた深夜番組である。

本項では、同番組の後継となったナインティナイン岡村隆史オールナイトニッポンにも触れる。


概要


パーソナリティナインティナイン岡村隆史矢部浩之)。移り変わりのしい深夜番組では脅威の長寿番組であり、オールナイトニッポン歴代パーソナリティ最長在任記録を更新している。最終的にはにオールナイトニッポン史上前人未到の放送期間20年6ヶ・放送回数1013回という大記録を立した

1994年4月4日放送開始。当初は月曜2部(深夜27:005:00)の放送だったが、当時木曜1部担当の福山雅治の一時的降のため、わずか3ヶ現在木曜(当時の1部)に昇格。1999年に当時の「LF+R」の大編に伴い木曜22時台の「オールナイトニッポンSUPER!」に半ば強制的に移動を余儀なくされるが、当時「SUPER!」が関東ローカルだった、時間が繰り上がったことにより過ネタが読めなくなった、ナイナイ本人たちの深夜へのこだわりにより、わずか半年で再び木曜25時台(当時の「@llnightnippon.com」)に復帰。以降最終回までこの時間で放送されている。

テレビとは違い、ラジオでの2人はテンションが低く、を吐くことも多い。しかし、「深夜生放送」や「ハガキ投稿」ににこだわり続けており、その点では同時期に始まった「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)と共通する。

基本的に毎年新年1週木曜日と他の時期に年2回お休みがあった。ナイナイライブを毎年9月に開催していた時期は開演前が木曜に当たるとお休みになる事が多かったが、年によっては開催地の大阪でのネット局であるラジオ大阪スタジオより放送されたこともある。

「今週のインパクト」と番組放送中の普通おたよりのみメールファックスOK。それ以外のコーナーは全てハガキのみで募集となっている(封書もNG)。ハガキ岡村が疲れる、読みにくいという理由でペンや色ペンの使用はNG黒ペン手書きか、印刷で書かないといけない。


タイムテーブル


基本的に1時台はトーク。2時台はハガキネタメインである。以下のタイムテーブルは基本的な通常放送の場合であり、あくまでも安である。

放送時間 コーナー 内容
25時00分 オープニングトーク 番組開始と同時にナイナイの2人がを合わせて一言、今日の内容に関連するキーワードを叫んでからタイトルコールをして番組がスタートする(通称「怒鳴り」)。あらかたトークが終わると矢部「ナインティナインのオールナイトニッポン、この番組は(1時台メインスポンサー数社)以上各社の協賛で東京有楽町ニッポン放送キーステーションに全36局ネットでお送りします」クレジット読み上げ、1曲が流れる。
1時台前半のメインオープニングから最初のCMあけの約30分に渡り岡村によるフリートークが展開される。矢部は聞き役、ツッコミ役にし、トークを盛り上げる。
週刊誌スポーツ新聞、ネットニュース話題となる岡村の発言が飛び出すのはこのコーナーが多い。
25時15分頃 番組からのお知らせなど
25時20分頃 岡村さんのフリートーク
25時35分頃 今週のインパクト 1時台後半のメインリスナーから今週インパクトのあったニュース、出来事を募り、その事柄について2人がトークを行う。芸ネタやちょっとした話題自然、新聞や雑誌の暇ネタ投稿者の身の回りに起こった出来事など話題は幅広い。年に2~3回ほど、岡村「疑わしきは罰せずの会ネタ「警鐘ネタ暴走し、矢部と口ゲンカ、言い争いが起こる事があり、全くコーナーが進まない事がある。
このコーナーのみ、メールでの定期募集が行われている。
25時55分頃 メールFAX紹介、2時跨ぎトーク フリートークインパクトに関するリスナーからの意見や感想、情報が紹介される事が多い。26時の時報にあわせて岡村が「2時!」と叫ぶのが番組の儀式となっている。ネット局によっては時報チャイムが鳴らないので岡村がいきなり「2時!」と叫ぶ事になる。
定期的に2時台に行う新コーナーの告知を行う事もある。
26時00分頃 悪い人の夢 2時になるとすぐにスタートする(2時跨ぎトーク伸びる場合は除く)長寿ネタハガキコーナー
笑福亭鶴瓶が悪いことをしている内容を密告する「悪瓶のコーナー」が元ネタ。夢の中で悪い有名人がこんなことをしていたというのをレポートする。冒頭の「夢見ました、悪い○○が××していました」のみ固定であり、後の文章は事実フリーとなっている。ここでの盛り上がりからシリーズ化し、定期コーナーになる例も多い。
26時15分頃 (定期的に変更される各種ネタコーナー 数ヶおきに変更されるコーナーが2~3個存在する。
コーナーが終了する際は、全てのハガキを読んだ後に岡村「終了~~~~~~~」コールし、ファンファーレが鳴る。
当初のコンセプトからハガキ職人暴走し、ネタの内容がおかしい方向に逸脱してくると岡村矢部「ちょっと、変な方向に行ってますので職人の皆さんよろしくお願いします」などと注意を促す事がある。 
26時40分頃 セルゲイブブカ 2時台後半のネタコーナー。架の雑誌「セルゲイブブカ」のスクー写真の見出しにありそうな文面、タイトルを考えるコーナー元ネタは雑誌「BUBUKA」に棒高跳びの名選手セルゲイ・ブブカひっかけたもの。
26時50分頃 矢部浩之のどりちんクラブ エンディング前最後のコーナー。性に関する相談や悩み、疑問のハガキをもとに2人がトークを行う。特に結論が出ないまま、ジングルが入ってCMへいく事が多い。
26時55分頃 エンディング エンディング前には必ず放送日周辺に起こった事件や出来事についてのナイナイの2人の軽いトークの入ったジングルが流れる(通称口笛ジングル)。
矢部「ナインティナインのオールナイトニッポン、この番組は(2時台メインスポンサー数社)以上各社の協賛で東京有楽町ニッポン放送キーステーションに全36局ネットでお送りしました」クレジット読みエンディングトークとなる。エンディングテーマはその時話題になった事に関する曲。特別な回では初代エンディングテーマであるホブルディーズの「月夜星空」となる。
番組最後に「ワーワー言うとります。お時間です。さようなら。」 という口上の挨拶をして番組を終わる。一部ネット局が1部で飛び降りのため26時58分には放送は終了する。

の点取り占い
CM明けのジングルコーナー。その時々のニュースや気になった事に点数をつけ、その昔駄菓子屋で売られていた点取占いのような文面を作る。このコーナーの採用者にはナイナイバッジが進呈される。

ハガキ職人大賞
3ヶに1回。1月4月7月10月最初の放送で行う。3ヶ間に読まれたハガキが多い職人ベスト5を紹介する。どんな長文ネタであろうが、点取りやセルゲイブブカの一言ネタでも1枚としてカウントされる。優勝するとナインティナインのオールナイトニッポンのハンコが押された専用葉書50枚。2位には30枚。3位には20枚がプレゼントされる。6位以下10名ほどは「頑り屋さん」としてランダムに紹介される。

たちのLOVE&SEX
年末最後の放送における特別企画ゲスト出川哲朗を迎え、全コーナーを休止し、2時間丸ごとリスナーの性の悩みや自らの性癖などの議論を行う。なぜか岡村出川が喧で常に言い争い、口ゲンカが起こるのがお約束となっている。 


ノベルティ・罰則


この番組でハガキが採用されると特製ノベルティが進呈される。それとともにオールナイトニッポンの名を咎めるような行為を行ったリスナーには罰則が科せられる事がある。ノベルティグッズの詳細は極秘であり、譲渡や転売写真による開や見せびらかしは罰則の対となる。

オカミント・ヤベーション
2014年現在ノベルティグッズ。ウケがよかった作品には矢部の名がついたノベルティ。通常のネタでは岡村の名がついたノベルティが進呈される。

ダブル
スタジオが大爆笑となったネタや特別企画などでは上記のオカミント・ヤベーションがセットで進呈される。

インパクトコンパクト
「今週のインパクト」のコーナーで一番インパクトがあったハガキを送ったリスナーに進呈される。

ナイナイバッジ
の点取り占い」のコーナーに採用されたリスナーに進呈される。

常連ハガキ
1クールごとに開催されるハガキ職人大賞の上位3名に進呈される。番組名のスタンプが表に押されており、他番組に送ることができないようになっている。換をしたり、他の番組に送ったのがバレると破門となる。

毒饅頭
ひどい下ネタハガキを送ったリスナーに進呈される。ジャネットネタ杉本ネタでは定番である。在庫切れのため最近は止され、ひどい下ネタは一で「何もあげません」となる。

何もあげません
あまりにも低レベル、あまりにもお下劣すぎる最低下ネタハガキを送ったリスナーには何もノベルティがもらえない。しかしこの番組では「栄誉」とされている。

破門
ナイナイのオールナイトニッポンにおける最大級の罰則。オールナイトニッポンの名を汚す行為を行ったもの。ハガキ職人であることをエサに悪事を働いたもの。岡村逆鱗に触れるハガキを送ったもの。ノベルティグッズ転売したりしたものは即刻破門となる。岡村の許しが出るまで一切ハガキが読まれなくなってしまう。
過去には常連であることをエサに雑誌で友達を募集しようとした者、「NHKのど自慢」に出演すると言っておきながら出演しなかった者、聴取率が取れるからスペシャルウィークで自分の特集を組んでくれと言った者、岡村の実家にアポなし訪問した者ハガキを読んだあとの岡村さんの態度がそっけないと意見し岡村逆鱗に触れた者など様々である。


破門となった者や、とんでもない下ネタハガキを送ったリスナーに対し、反文をめる罰則。この対応により、全破門だったり、お許しが出たりと対応は様々である。
番組側としては気を利かせた文章を用いて反の念を表現してもらいたいという意図もあるが、たまにな文章で許しを請う反文も送られてくることがあり、岡村が苦笑することもある。

お休み
あまりにも酷すぎる下ネタハガキ投稿した者に与えられる罰則。基本的に「1週お休み」であり、翌週の放送でハガキが一切読まれなくなる。

卒業
2011年1月6日放送回で一生まれた罰則。「IPPONグランプリ」(フジテレビ)でネタハガキを数多く読まれた常連のハガキ職人の報告ハガキの言葉遣いが悪かったため、岡村逆鱗に触れ、「あくまで破門ではなく『IPPON グランプリ』で採用されるレベルにまで達したのだから卒業でええんとちゃう?」ということから破門ではなく卒業というほぼ同等の罰則を与えられそうになった。そのハガキ職人からの気の利いた反FAXが放送中に送られてきたため、「再入学」という形で岡村から許された。 


ジャネットと杉本彩


様々な有名人ハガキネタとしていじってきたこの番組であるが、その中でもジャネットジャクソン杉本は別格の存在である。


次へ»
最終更新日: 16/03/23 18:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ