ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ナウル


ヨミ: ナウル
掲示板をミル!
103カキコ!
基本データ
正式名称 ナウル共和国
Republik Naoero
Republic of Nauru
国旗 ナウル共和国 国旗
クリックで原寸大表示
国歌 ナウル祖国
公用語 英語、ナウル?(未確定)
首都 なし(詳細は概要に)
面積 21.1km2世界第192位)
人口 約1万人(世界第192位)
通貨 オーストラリアドルAUD)

ナウルとは、太平洋のほぼ直下(南緯0度32分)に存在する極小島である。

概要

ただ一つので構成された1968年独立となる。正式名、ナウル共和国。

いわゆるミニ国家の一つで、際的に承認された国家の中では面積が小さい順にバチカン市国モナコに次ぐ三番に位置付けられる。国連加盟としては最小のモナコに次いで二番の中では世界で最も小さい。

は南北方向・東西方向にそれぞれ約5kmの幅を持つ。面積は21.1km2。この広さは東京都品川区大阪府池田神奈川県綾瀬市より若干狭く、千葉市区や千葉県鎌ヶ谷市東京都多摩市とほぼ同じ位、大阪市住之江区愛知県尾張旭市埼玉県北本市より若干広い程度である。

首都特に定められていない…というより面積が小さいこともあり、都市という概念が存在しない世界地図などでは「ヤレン」が首都とされているが、ヤレン都市ではなく単なる地区であり、政庁が所在しているだけである。

太平洋に浮かぶ絶の孤であり、現在外国人への観光的でのビザ発行は行なっていないので、旅行客が上陸する事は難しい。とはいえ、数少ない航空便でひとたびナウルの空港に降り立ってしまえば、ビザがなくとも何とかなってしまうという話もあるらしい。もちろん、確たる保は出来ない。特に通貨の両替ができず、クレジットカードもまともに使えないため、あらかじめオーストラリアドルを十分用意しておく必要がある。

太平洋戦争中、1942年より旧日本軍が占領していたという歴史もある。当時の燃料庫や台跡などの戦跡が今も残っているが、放置状態にある。

働かない国民

の人口は12,570人。そのうちナウル民は7,291人。在留邦人は1人。ただ、人口に関しては諸説様々あり、はっきりしていない。

民の大半が働く事を知らず、働く意志もない。なにしろ、祖の代から労働とは縁の生活をしていたので、理もない。現在な産業もない。ある意味ニートだらけのともいえる。

かつてはの表面を覆っていた海鳥由来の良質なリン鉱石の採掘・輸出によってナウルは大な富を成した。1人当たりの所得が世界で最も多かった事もある。そのおかげで、税金もなく全てのサービス教育費・医療費など)は無料の上、年金が支給される為、民は全く働く必要がなかった。リン鉱石の採掘場で働くのは外から出稼ぎに来た労働者であった。民のする事といえば、起きる・食べる・遊ぶ・寝るのいずれかである。

であるにもかかわらず、漁師はほとんどいない。採りは単に趣味として存在するようだ。食事も内に10軒ほどある中国外国人が営む中華料理店で済ますので、自ら料理をする必要がなかった。 公務員ですら外国人(専門性の高い分野を中心にオーストラリア人・フィリピン人・インド人など)が3割を占める時期があった。

20世紀初頭から資によって潤っていたナウルの富だが、20世紀末にとうとう一次埋蔵量にあたるリン鉱石が枯渇。世界に類を見ない富裕一気に最貧仲間入りとなった。民ののような生活も終焉を迎えた。そんな危機的事態であるにもかかわらず、やっぱり民は働かない。

とはいえ、なにも策で枯渇を待っていた訳でもなく、ナウル政府は来たるべき資枯渇に備えて、様々な投資事業を試み、外でのオフィスビルやホテル、更には営の保険会社、運会社、航空会社の経営に乗り出していた。経営は外国人にまかせっきりだったらしい。そして、ことごとく失敗。 残ったのは不良債権の返済だった。

アクロバティック外交

枯渇後はアクロバティックな外交を展開。元々ナウルは中華民国台湾)を国家承認していたが、中華人民共和国中国)を国家承認し、台湾との外交を断絶。これによって中国からの資援助を引き出す。かとおもえば、数年後に台湾との外交を復活、中国交断絶して台湾からの資援助を引き出した。中国台湾外交面で手玉に取るとは、ある意味で恐るべき国家である。

2003年には突然ナウルは諸外と数週間に渡って音信不通状態になり、政変か内乱かと騒がれた。しかも派遣されたオーストラリアの調団からの連絡も途絶える始末。このあまりにミステリアスニュース2ちゃんねる上でも様々な憶測が飛びかったが、結局の所、通信機器の故障と判明。まったく人騒がせな……。

また、オーストラリアで引き受けきれない難民の収容場所を提供、見返りとしての資援助を受けたり、それとは別に同らびニュージーランドから償資援助を受けている。日本からも1999年2005年まで、合計694ドル償資をナウルにおこなっている。

公共交通機関がなく、や電の供給も不安定など、インフラ整備の不備も立っている。

ナウルの現在

2000年代以前はこんな体たらくであったが2004年以降ナウルは経済政策失敗の負の遺産に取り組み始めている。

ナウルの失業率は2004年には90という異次元の数値を叩き出していたが2011年には23%2019年には18まで下落し民はちゃんと働くようになったご様子。(それでも失業率は非常に高いが…)

枯渇したとされるリン鉱石であるが枯渇したのは「一次埋蔵量」にあたる部分であり現在は「二次埋蔵量」にあたる部分を採掘している。これはあと30年は持つと予測されている。

またナウルはオーストラリアへの難民を代わりに受け入れる、難民収容施設事業が経済の柱の一つとなっている。(ただ難民の扱いは非常に劣悪であると摘されている)

こんな感じでナウル経済は成長を取り戻し一人当たりGDP太平洋のなかでは上位に位置すると見事な復活を遂げた。

ただしリン鉱石はいつか枯渇するし難民収容も環境に大きく左右されるためナウル経済は依然として不安定である。

そのためナウルは経済の多化として観光業にを入れ始めた。その一環としてナウル共和国政府観光局日本事務所のTwitterアカウント[外部]を開設した。そのツイートがウケたことでマイナー国家にもかかわらずフォロワーは急増、人口をはるか旧宗ドイツ(約11万人)を上回り駐日政府観光局の中で世界一位にまで上り詰めた。また、同事務所のwebサイト[外部]は極めてシンプルなことで知られている。これは、「通信環境が悪いナウルでも快適に使える駐日政府観光局最速サイトを目指す」という意図[外部]に基づいて構築されているため。

また懲りずに投資にも手を伸ばし2015年ナウル世代間信託基が設立された。

ただし今回はアジア開発銀行の技術支援を受けており新型コロナウイルスの流行による気後退まで増益を続け2017年5600万ドルの評価額だったのが2020年には1億4000万ドルまで増加しており前回と異なり安定した運営を見せている。

新型コロナウイルスの襲来

…が2020年新型コロナウイルス世界中で猛威を振るいナウルにも大きな影を与えた。

感染者数は現時点では未だ0人なものの2020年GDP成長率は-1.7と推計されており経済へのダメージは免れなかった。

ただし太平洋でナウルより経済ダメージが少ないツバル(+2%)、キリバス(+0.6)、パプアニューギニア(-1.5)の3ヵだけであり実は致命的なダメージは受けていない。

なお観光業に特化している大惨事と化している。(下位3ヵフィジー-15バヌアツ‐9.8パラオ-9.5)

関連動画


■sm33610730[ニコ動]

■sm37857517[ニコ動]

関連商品

■az4757210981

関連項目

関連リンク


最終更新日: 21/01/29 01:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ