ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ナタP


ヨミ: ナタピー
掲示板をミル!
20カキコ!

 

『ナタP』とは、VOCALOIDを使用した楽曲を発表している制作者の一人である。

 

最新作

すべて、6月12日リリース5thアルバムForest[動]』からのアップロードである。


■sm14686895[ニコ動]

■sm14678582[ニコ動]
■sm14670686[ニコ動]
■sm14594846[ニコ動]

公開マイリスト

■mylist/4237078

概要

初のVOCALOID楽曲は 『【鏡音リン】空に届く砂の山 Ver.1.2【オリジナル曲】[動]』だが、完成版としては2曲「フエト」が先行した。

使用しているボーカロイドは、鏡音レンリンがくっぽいど巡音ルカ初音ミク。初期は鏡音レンを中心に使用しており、レンの安定した低音には定評がある現在レンの他にがくっぽいど巡音ルカ等も使用しており、その歌も抜群の安定感を誇る。

シンセサイザー和音美しい、叙情的で広がりのある楽曲に定評がある。その一方で、自らギターを弾いてゴリゴリロックナンバーを披露することもあり、作の幅は広い。

がくぽオリジナル曲GACKT本人が審する「がくっぽいどコンテスト」に参加。氏の出演したニコニコ生放送で、ナタPの楽曲がピックアップされ、放映された。詳細は後述。

コミックマーケット78にて頒布される大型コンピレーション・アルバム『Try!』[外部]に、楽曲『スヌスムムリク』で参加している。また、2010年9月15日発売予定のコンピレーションアルバムEX:P2 ~Ex:Producers2~』に『1000001colors[動]』で参加、商業流通への参画も果たしている。

"NATARIE IN THE DREAM"

1stアルバムWATERISE:』以降は、絵師kuraタッグを組んでおり、淡い色彩美しい画が、繊細でありまた壮大な楽曲を包み込む。2010年7月22日現在、更にCDウェブサイトデザインを手がけるSHINN氏を加え、3人を中心とした「NATARIE IN THE DREAM」としての活動を展開している。

CDリリースも積極的であり、2009年9月6日発表の『WATERISE:』を革切りに、2010年8月14日4thアルバムCOLORS[動]』をリリースするなど、制作ペースは非常にい。3rdBEAUTIFUL DREAMER[動]』では、アルバム収録曲のデモ版(1番まで)が出来上がるたびにブログアップロードしている。

鏡音レンについて

先述の通り、完成版としてのニコニコ初投稿は『フエト[動]』。レンの渋い低音にリンのか細い歌がそっと寄り添うような、味わい深いバラードである。

以降、レンの低音を駆使して、『パーフェクトサークル[動]』『live in this moment[動]』などの深みのあるバラードや、『冬の虫[動]』『スターゲイザー[動]』などの美しいポップソングなどをコンスタントに発表し続け、いずれも非常に高いクオリティを誇っている。その調教そして楽曲のセンスを讃えて、ここ狭いP釈P等と並んで「伝説の低音レンマスター」のタグが贈られることが多い。

2009年9月6日開催の「THE VOC@LOID M@STER 9(ボーマス9)」にて、鏡音レンオンリー1stアルバムWATERISE:[動]』をリリース。その後KarenTレーベルよりiTunes Store等でダウンロード販売が開始された。

2011年6月12日には、鏡音レンリンAppendのみを用いた5thアルバムForest[動]』を頒布する。

がくっぽいどについて

がくっぽいどが発売されると即座に購入。そして、これまで発表してきたすべてのオリジナル曲がくっぽいどカバーする企画を打ち立て、『【神威がくぽ】バタフライ【オリジナル曲】[動]』をはじめとして次々とアップロードし始めた。

最初は短期間ですべてをカバーし尽して開する予定だったものの、3作で一旦中断し、4作開まではさらに2ヶの時を経る必要があった。現在は、『【神威がくぽ】しあわせな王子【オリジナル曲】[動]』までの計5曲が発表されている。

2009年7月27日がくぽ用に書き下ろした初のオリジナル曲【神威がくぽ】月色回帰【オリジナル曲】[動]』を開。がくっぽいどコンテストに応募するために作られた曲であった。がくっぽいどコンテストとナタPとの因縁については後述。 

2010年2月7日、「THE VOC@LOID M@STER 11」(ボーマス11)にて、がくっぽいどオンリー2ndアルバムノクターン[動]』をリリース。それに先駆けてタイトル曲である『【神威がくぽ】ノクターン【オリジナル曲】[動]』を投稿した。

巡音ルカについて

がくっぽいどコンテストに応募し、レンアルバムリリースした後、初のルカオリジナル曲BEAUTIFUL DREAMER[動]』を発表。レンがくぽと続いて低音をベースとした歌を持ち味としてきたナタPであるが、ルカでは一転して伸びやかで美しい高音を披露。これまでの調教スキルを存分に活かし、安定した歌メロディを朗々と奏でる同曲は、抜群の高評価を受けることとなった。

2010年5月9日の「THE VOC@LOID M@STER 12(ボーマス12)」にて、巡音ルカオンリー3rdアルバムBEAUTIFUL DREAMER[動]』をリリース。その発表に先駆けて、収録曲のうち4曲(『Lovers’ Eclipse[動]』『アニマ[動]』『マシーナリー[動]』『1000001colors[動]』)を、5日の間に立て続けにアップロードした。そのいずれも素晴らしい出来であったことから、リスナー(およびボーマスに向けて準備を重ねていた他のPたち)を驚愕させた。

初音ミクについて

2010年6月、ついに初音ミク(と初音ミクAppend)を購入。そして、同年8月14日発表の4thアルバムCOLORS[動]』にて、ミクを用いた楽曲が数曲収録されることが発表された。

その中から先行して、ミクソロ曲『VIRIDIAN[動]』を投稿した。AppendDarkを中軸に、ちょこっとデフォルトミクを混ぜた、深さと強さを兼ね備えた見事な調声を披露した。

がくっぽいどコンテストについて

2009年7月27日、「がくっぽいどコンテスト」に『【神威がくぽ】月色回帰【オリジナル曲】[動]』を出品。

しかし、参加しなかった『【神威がくぽ】バタフライ【オリジナル曲】[動]』の方がGACKTに留まり、同年12月15日コンテストの結果発表の生放送が行われた際にも、こちらの方が本人によって紹介された。未エントリー作品のため残念ながら入賞は出来なかったものの、ある意味においては非常にオイしいに遭ったとも言えよう(参考記事:「え」で伸ばす)。

シリツボミについて

ナタPがある日ふと投稿した『【鏡音レン】シリツボミ【オリジナル曲】[動]』が、どういう経緯か他のP・絵師の琴線に触れ、生作品が現れた。そして、アレンジ企画ツアーが始動し、果てには壮大な合唱で綺麗に総括する、という現が発生したのであった。

どの動画もアノ独特な形状の蕾の絵が含まれる。読みのし過ぎにはくれぐれも注意するように。

作品一覧

※ 画像をクリックすると動画へ、タイトルクリックすると動画記事ジャンプします。
※ 動画記事は、まだ作成されていないことがあります。

鏡音レンリン がくっぽいど 巡音ルカ 初音ミク その他

次へ»
最終更新日: 12/02/27 21:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ