ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニアークティック


ヨミ: ニアークティック

ニアークティック(Nearctic)とは、1954年まれのカナダ産の競走馬

世界的大種ネアルコに持ち、競走馬としてカナダを中心に走り活躍した。
としてノーザンダンサーを送り出したが、息子世界を塗り替えたせいか今一知名度が低い。

名前は生物地理の区分で、北アメリカ大陸グリーンランドを示す「新北区」を意味する。


生い立ち・競走馬時代


Nearco、Lady AngelaHyperionという血統。

イタリアが誇る名であり、ナスルーラロイヤルチャージャーなど大種サイアーオブサイーズの代表格。ハイペリオンは英ダービーにして英リーディング6回の大種
母親は一大系の祖、プリティーポリーの一族に属している。活躍は本以外にステークス優勝を何頭か出し、ノーザンテースト彼女の孫にあたる。良血である。

血統表(外部リンク)を詳しく見ると、結構セントサイモンが濃い。
因みに本が活躍していた当時、ネアルコ×ハイペリオンの配合はあまり良くないと言われていた。

カナダの実業にして名エドワードテイラーの手によって生産された本カナダでキャリアスタートさせ、通算47戦21勝。アメリカへ遠征してコースレコード勝利を収めた事もあり、に短距離からマイル戦でその快速を遺憾なく発揮した。4歳時にはカナダの年度代表に選ばれている。


種牡馬入り後


1960年(6歳)から種入り。当初テイラーが保有していた牧場で種生活を送っていたが、後にアメリカシンジケートが組まれ、アメリカを据える事となった。

1961年に初年度産駒が生まれたが、その中にかのノーザンダンサー(Northern Dancer)がいた。ノーザンダンサーカナダからアメリカクラシック二冠を達成。種入りすると、文字通り世界の血統地図を塗り替えたノーザンダンサー以外にも活躍がおり、に英2000ギニーやジャックルマロワ賞を優勝したノノアルコがいる。通算で7回のカナダリーディンサイアーとなった。

1973年に慢性的なリンパ節炎により、安楽死の措置が執られた。享年19歳。遺骸は故郷の牧場に埋葬され、死後の1977年カナダ競馬殿に選出された。


今のニアークティック系



ノーザンダンサー系


ニアークティックの代表産駒であるノーザンダンサーだが、種入りするとナスルーラ30年くらい掛けて世界中に広まったのに対し、その倍のスピード世界中にその血を広めた。2018年現在でもヤバいくらい血が広まっており、欧州サドラーズウェルズ、北ストームキャット豪州ではデインヒル流を占める。日本でもマルゼンスキーノーザンテーストモガミなどが流行していた。

ノーザンダンサー流から陥落することは多分い。ニジンスキーヌレイエフの直系が衰えつつあっても、サドラーズウェルズストームバードダンジグヴァイスリージェントが活発です。


非ノーザンダンサー系


ノーザンダンサーい時期から活躍したため、ニアークティック系≒ノーザンダンサーと考えられる事もあるが、どっこいノーザンダンサー以外も健闘している。

代表例はアイスカペイド(Icecapade)である。競走馬としてはそこそこといった所だが、種入りすると第1回BCクラシック優勝ワイルドゲインを輩出。そのワイルドゲインも種として活躍し現在でも系は存続している。日本ではワイルドラッシュ・トランセンド子がダート戦線で一定のニッチを確保している。

他にもノアルコ(Nonoalco)が英1000ギニー優勝ケイティーズを送り出し、その系子孫にヒシアマゾンアドマイヤムーンがいる。渋いところでは有馬記念優勝ダイユウサクを輩出。系は今でもオーストラリアに残っている。

決してノーザンダンサー一辺倒な種ではない。それだけは言いたかった。


関連動画



■sm22681267[ニコ動]

■sm15854233[ニコ動]


関連商品


■az4130602195


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/07/14 12:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ