ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニィス


ヨミ: ニィス

ニィス(NIS)とは、日本タイプファウンドリーである。

株式会社エヌアイシィへ編入合併し会社としては解消しているが、同社フォント開発事業部門のブランドとして存続している。


概要


日本情報科学」という商号で、1970年7月29日伊藤によって創業。

1983年日本で初めてパソコン用のアウトラインフォントの独自開発に成功。日本ビクター三井物産に対してOEM納入を行った。この際、活字書体の使用権を取得し利用していたが、より高品質な書体をと1988年より書体デザイナーに新規に書体制作の依頼をするようになった。

そうして生み出された書体ソフトウェアへ搭載されたほか、PC向けのフォントパッケージ製品として販売が始まった。この際、フォントブランド名について、日本情報科学英語商号であった「Nippon Information Science」の頭文字を取って「NIS Font(ニィスフォント)」とした。1996年11月には商号も「ニィス株式会社」に変更された。

パッケージ製品では商用利用が可な製品のほか、安価に多くの書体を一部商用利用できる「多楽」、個人利用限定で品質を落とした「まる徳フォントパック」などの製品も販売された。まだ書体の出っていなかったDTP明期において、豊富なデザイン書体えていたニィスフォントは重宝され、ダイナフォントなどと共に2000年代にかけての印刷物やテレビテロップなど非常に幅広い場面で用いられた。

2007年からは「年間フォントレンタル」を開始。これにより価格に応じてまとまった数の書体を(映像などの一部条件を除いて)商用利用できるようになった。その後、会社は2013年に長産業グループ下に入り、2015年グループ再編に伴ってグループ企業と合併、株式会社エヌアイシィの一部門「フォント開発事業部」となっている。

近年は商業利用に対して高額の追加料が必要などの厳しいライセンスや、他社に較して少ない対応字数などが枷となり、よりライセンスなどが使いやすい他のタイプファウンドリーに顧客が流出している。それを受けてか2017年にはサービスの刷新を行い、レンタルサービスサブスクリプションサービスNIS Ticket」として一部条件を緩和、NIS_UDゴシックという書体リリースするなどしている。

新書体のリリースは少なくなっているが、それでも訴求力の優れた書体は多く、熟れたデザイナーの根強い支持を得ている。


代表的な書体


S明朝
広告デザイナーの関征によって制作された、フラッグシップオール明朝体
筆の運びと形が意識された「ソフト」、文字幅を一定とした「ハード」という仮名違いがある。
それぞれ、W3〜W9までの7ウェイトで構成されている。
JTCじゃんけんU
線は均一だが手書き系の格を持つ、ポップ体に分類されるデザイン書体
2000年前後の面で特に人気を博していた。
仮名が漢字よりも小ぶりで、文字を詰めた際のまとまりが感じられる書体である。

 JTCウインシリーズ

モリサワじゅん」などで知られる書体デザイナー三宅康文氏に委嘱し制作された、ニィスフォントでも代表的な書体群。

JTCウインS
モダンシンプルゴシック体。併せて用いられる「ウインクスL」などの仮名書体が有名。
1、3、4、6、7、8、10の7ウェイトから成るファミリー
より細くした「JTCカル」という書体もある。
JTCウインM
従来のものにエレメントばっており直線的な明朝体
1、3、5、7、8、9、10の7ウェイトで構成されている。
JTCウインR
JTCウインSの格をそのままに丸くしたようなモダンゴシック体
1、4、7、8、10の5ウェイトで構成されている。
JTCウインZ
直線のみで構成された新なデザインゴシック書体で、ニィスフォントの中でも特に人気が高い。
1、5、10の3ウェイトがある。
また、明朝体を元にした「JTCウイン ZM」も存在する。

関連商品


■azB07B8MW61H
■azB07B8WBF9L
■azB00KXSA2ZM


関連リンク



関連項目



最終更新日: 21/05/07 04:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ