ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニクラス・ルーマン


ヨミ: ニクラスルーマン
掲示板をミル!
1カキコ!

ニクラス・ルーマン(1927~1998)とは、社会システム論で有名な社会学者である。


概要


1927年ドイツリューネブルクで生まれた。第二次世界大戦への従軍から捕虜収容所での生活を体験し、戦後ギムナジウムを卒業裁判官助手からニーダーザクセン州の文部を経る。しかしアメリカに留学しタルコット・パーソンズらと出会う。帰後は博士号を取り、社会学者として活動、フランクフルトであるユルゲン・ハーバーマスとの論争でも有名である。

彼の思想的な出発点は、人間は制度によって負担を軽減するというアーノルト・ゲーレンの「哲学人間学」、社会はあらかじめ構造が規定されておりそれに合わせて機的な働きが必要になるというタルコット・パーソンズの「構造―機システム理論」などにある。これらを合わせてルーマンは、複雑な環境人間システムによってその複雑性を縮減する、という社会システム論を展開したのである。ピエール・ブルデュー近代を階級分化した社会ととらえたのに対し、ルーマンは機分化した社会ととらえたのである。

そしてルーマンのもう一つ大事なキーワードがウンベルト・マトゥラーナ、フランシスコ・バレーラから影された「オートポイエーシス(自己生産)」である。人間コミュニケートできず、ただコミュニケーションのみがコミュニケートできる、というあれである。
つまりルーマンは社会を成り立たせているのは人間でも行為でもなくコミュニケーションであり、システムシステム自身が自分で生産しそれが延々と繰り返され続けている、ということをするのだ。社会システムから社会システムが生まれ、その新たな社会システムがまた新たな社会システムを生み、ということが続けられていくのである。


関連商品


■az4480096779
■az413010098X
■az4787714066


関連項目



最終更新日: 17/05/18 21:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ