ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニコニコ大百科:◇


ヨミ: ニコニコダイヒャッカヒシガタ
掲示板をミル!
12カキコ!

ここでは、ニコニコ大百科において「マークが付いた編集者について説明する。

※「マークが付いた編集者については「ニコニコ大百科:∞」、「マークが付いた編集者については「ニコニコ大百科:★」を参照。


概要


2021年4月22日初出。同年4月24日開催の「ニコニコネット超会議2021」、ならびにその中の一企画【超百チャレ】ネット超会議2021の記事を編集してみよう」と連動するようなかたちで導入された。

一部の記事を除き、通常であればニコニコ大百科の記事はプレミアム会員しか編集できず、一般会員は編集できない。しかし一部大百科公式企画キャンペーンでは、一般会員が申請することで「マークが付与され、こうした制限が一定期間解除される。編集権限を一時的に拡大することで、お試しで大百科の記事を編集してもらい、あわよくばそのまま定着してほしいという狙いがある。

加筆依頼 以下の項は要検証です。
実際に「マークを付与された方など、加筆・訂正をして下さる協者をめています。

マークの特徴としては、以下が挙げられる。


導入までの経緯


詳細は「ニコニコ大百科:★」に譲るが、元々一部大百科公式企画において、有志に編集権限を拡大・付与する動きは過去数件あった。ただ付与する相手がほんのごく一部であったこと、告知が最小限度だったことから、こうした編集権限の拡大も特には問題視されなかった。

しかし2020年4月、「ニコニコネット超会議2020」の関連企画として、「大百科!春の編集祭り」が始まる。詳細は当該記事に記載してあるが、要約すると、一度申請してしまえばでも」マークが付くため、①一般会員が、②自身のユーザー記事を作成する必要もなく、③編集の連投規制を受けずに編集できるといった状況が一時的に続いた。また企画に際し、ニコニ広告との連動、限定バッジの付与など、告知較的大規模なものとなった結果、」マーク編集者が急増。立て逃げ記事・他サイトからの剽窃記事を乱立するユーザーも散見されたため、企画の評価はあまり芳しくない。運営もこうした問題点は把握しており、今後善する旨を表明していた。

こうした企画の反省点を踏まえ導入されたのが、「マークである。


「◇」マークが付与される企画一覧


カッコ内は「マークの有効期限。


関連コミュニティ・チャンネル


■channel

■community
■community


関連項目



最終更新日: 21/04/24 00:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ