ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニジンスキー


ヨミ: ニジンスキー
掲示板をミル!
23カキコ!

ニジンスキーとは、

  1. ヴァーツラフ・フォミーチ・ニジンスキー(Вацлав Фомич Нижинский) - ロシアバレエダンサー(生1890年~1950年)。本稿前半で記述
  2. ニジンスキー(Nijinsky) - 1から名前を取った1967年まれのアイルランド競走馬本項後半で詳述
  3. ニジンスキー(Nijinsky) - 1の生涯を描いた1980年開のアメリカ映画監督: ハーバート・ロス)
  4. ニジンスキー - 1の晩年を描いたパルコ劇場の戯曲(作: William Luce, 演出: John Tillinger)
  5. ニジンスキーにぐ(Tribute to Nijinsky) - ロシアフィギュアスケート選手エフゲニー・プルシェンコFS使用曲(作曲: Edvin Marton, 振付: Юрий Смекалов)
  6. ニジンスキー~奇跡の舞~ - 宝塚歌劇団組のミュージカル(作・演出: 原田諒)

1の概要(バレエダンサー)


ヴァーツラフ・フォミーチ・ニジンスキーは、ロシアバレエダンサーである。ミドルネーム日本ではフォミッチと表記されたり、そもそも省略されることもある。

1890年にウクライナのキエフで生まれる。サンクトペテルブルクの舞踊学校バレエを学んだ後、ロシアバレエ団創立者のセルゲイ・ディアギレフに見出された。ディアギレフは同性愛者であり、ニジンスキーと体関係にあった。

高い跳躍中性的な動きで観客を魅了し、ミハイルフォーキン振付の「薔薇の精」でその跳躍を存分に披露したとされる。残念ながら、ニジンスキーが演じる姿を収めた映像は存在しない模様。

ニジンスキー自身も振付を行なうようになったが、初めて振付をした1912年上演の「牧の午後」では、自慰行為にふける牧ギリシア神話に登場するパーン)を題材とし、これを露に表現したことで物議を醸した。しかし、結果的に同年だけで15回の上演を行い、次第に受け入れられてモダンバレエの先駆けとなった。

翌1913年に振付した「春の祭典」では、バレエの基本である垂直ライン視し、内股で首を傾げる動作を取り入れた。初演では開演後に客席で意見が分かれ、上演の最中に乱闘が起こり、野次が飛び交うという大混乱を招いた。しかし、初演以降は混乱も起きずに受け入れられている。
同年の南演の途中、ニジンスキーのファンであったバレリーナのロモラ・デ・プルスキと結婚嫉妬したディアギレフにガチ切れされてロシアバレエ団を追放される。自身でバレエ団を結成するが、行は不振に終わる。

第一次世界大戦時、ハンガリーで拘留される。1916年にディアギレフから振付師として呼び戻されるが、この頃に統合失調症を発症。

1919年のスイスでの演を最後に、二度と舞台に復帰できなかった。また、スイス演後から入院するまでの数週間で「ニジンスキーの手記」を残している。
その後は精神病院を転々とし、1950年に死去。亡くなる時に「薔薇の精」のポーズを取ったと言われている。

ニジンスキーの死後、ロモラ夫人が英ダービーダービーステークス)に招待され、夫の名をもつニジンスキーの二冠達成を見届けている。

あまりにも新な振付で上記のような混乱も招いたが、次第にモダンバレエとして評価されるようになった。
曖昧さ回避にも記載のあるように、スケート選手のプルシェンコが「ニジンスキーにぐ」という演でニジンスキーの振付を取り入れて演じている(2003年-2004年シーズンFS使用曲。ロシア杯では、芸術点において旧採点方式の満点であるオール6.0点を獲得)。


2の概要(競走馬)


ニジンスキーとは1967年まれのアイルランド競走馬。いわゆる英国三冠敗で制し、現在のところ最後の英国三冠馬になっている。

Northem Dancer(ノーザンダンサー) Flming Page Bull Pageという血統。は言うまでもなくウルトラ大種だが、まだフレーミングページと交配された時にはまだ種入り二年で、ニジンスキーがセリに出された時には産駒はデビューもしていなかった。

それなのにニジンスキーは破格の8万4千ドルで落札された。これは当時のカナダ二歳レコードだそうである。もちろん、ノーザンダンサー競走馬時代の実績もあるのだが、実はのフレーミングページからしカナダダービーにあたるクインズ・プレートとカナダオークスを制して年度代表に選ばれたほどの名だったのである。おまけに、2歳時に既に170cmも体高があったという見栄えのする体。そこをアイルランドヴィンセントオブライエン調教師に見初められ、チャールズ・W・エンゲルハードアメリカ宝石王)に購買されたのだった。

「ニジンスキー」と名づけたのはエンゲルハードである。「北の踊り子」と「炎の一節」の子供に、ロシア天才バレエダンサーの名を付けるとは見事と言う他い。ニジンスキーは中で静止すると言われた跳躍と、中性的な妖しい表現伝説となったダンサーだが、同時に狂気を併せ持つと言われ、若くして精を病んで後半生を精神病院で過ごし、不遇のまま没したという悲しい人物でもある。

「生まれ変わったらになりたい」といったとも言われている。その名を受け継いだニジンスキー。実は彼も狂気とまでは言わないが「炎のようだ」とまで言われるほど気性のしいだった。気に入らないことがあると房から出てこない。後ろ足で立ち上がって威嚇する。調教でもまったく言うことを聞かず、オブライエン調教師は根気強く致をしなければならなかった。

しかしながらデビューするとこれがもうモノが違う。ほとんどなりで5連勝。アイルランドイギリスの2歳チャンピオンと評価され、既に英ダービーの大本命とされるようになった。

3歳になり、一叩き(古相手だけど楽勝)して望んだ2000ギニーはこれもほとんど追われることなく抜け出して圧勝。ダービーはそれまでのレース振りから距離不安が言われたが、中団から圧倒的な脚で突き抜け史上二位のタイム勝。アイルランドダービーも3身差で勝利

キングジョージ&クインエリザベスステークスではなりで、直線で上が相手を見ちゃう余裕があるというあきれたレースっぷりで優勝。ちなみに負かしたは全部古で、必死に追い捲って二着したのは前年の英ダービーである。

あまりの強さにこの時点で々に種入りシンジゲートが組まれたのも理からぬ話。544万ドルは当時の世界レコードだった。

次の標は当然、凱旋門賞だった。しかし、キングジョージから凱旋門賞までには二ヶ以上。ちょっと間がく。どうしようかと思っていたオブライエン調教師。そこに「是非、セントレージャーに出て三冠馬になってくれ!」という要望が聞こえてきたのである。

セントレジャーの行われるドンカスター競馬場の関係者だった。当時、既に三冠路線は形骸化しており、特に2920mも走らなければならないセントレジャーは中短距離メインになりつつあった競馬の流れから外れてしまって、有がことごとく回避する有様だったのである。実はニジンスキー以前にも二冠は何頭か出ていたのだが、どれもセントレジャーに出ていなかった。最後の三冠馬バーラムというでなんと1935年の話だった。

ニジンスキーが出て三冠馬になれば話題になり、再びセントレジャーに陽が当たる時代が来るかもしれない。そういう論見らしかった。オブライエン調教師は渋ったが、結局、のエンゲルハードが了承してニジンスキーはセントレジャーに出走。直線抜け出してあっさり勝利35年ぶりの三冠馬となったのであった。

どうみても楽勝だったのだが、騎手レスター・ピゴットは直線が長く感じたという。やはり距離がニジンスキーには長かったのだろう。ニジンスキーはレース体を減らしてしまい、回復に手間取ってしまう。

そして凱旋門賞。圧倒的な一番人気に押されたニジンスキーは直線で先を行くササフラを交わしたものの、伸びがく、上のピゴット騎手が思わずを入れると、大きく左によれて体勢を崩し、ササフラに頭差差し返されてしまったのである。

敗の名の敗戦はいつだって衝撃的だが、ニジンスキーの敗戦はアイルランドイギリスで大ニュースになり、大きな議論を呼んだ。あれほど強かったニジンスキーが負けた理由はどう考えても、距離不向きであった過酷なセントレジャーの疲れだとしか思われず「セントレジャーに使うべきではなかった」という非難がオブライエン調教師の元に舞い込む騒ぎになった。この騒動のおかげでセントレジャーは「凱旋門賞なら出てはいけない」レースに成り下がってしまったのだった。逆効果にも程がある。

もっとも、凱旋門賞の後に出走したチャンピオンステークスでも二着に敗れているように、競走馬のピークを過ぎていたのだという説もあるので、一概にセントレジャーを悪者にするのもどうかと思う。そもそも、ニジンスキーは3歳時、4月から10月チャンピオンステークスまで8戦も走っている。欧州の山坂ある競馬場で、厳しい2400m以上ののG1レースを5回も走っているのだ。そりゃ疲れるだろう。凱旋門賞ではなんか大汗かいて泡吹いているのが動画で確認出来る。

ニジンスキーはこれで引退。13戦11勝二着2回の連対率100%を達成している。動画で見た感じ、3歳前半の強さは桁違いであり、特にキングジョージの遊んでいるようなレースは一見の価値がある。

引退後、アメリカで予定通りに種入りしたニジンスキーは、期待通り。いやいや、544万ドルでもちょっと安かったか?というような大活躍をみせる。なにしろ、G1レベルレースを勝ったを書き出すだけでも大変というレベルである。意外な事に英国リーディンサイアーは一回しか獲っていないが、種入りした産駒も数知れず、一代で「ニジンスキー系」と呼ぶに相応しい一大勢を築き上げるのである。

日本で特に有名な産駒はマルゼンスキーラムタラだろう。

持ち込みとして日本で走ったマルゼンスキーは桁違いのスピードで圧勝を続け「スーパーカーだ!」と日本中を驚嘆させた。種としても大活躍し、おかげでその後日本に大量にニジンスキー産駒が種として輸入される事となった。ちなみに、マルゼンスキーはニジンスキーに体や雰囲気がそっくりである。

ラムタラはニジンスキーの死後活躍。英ダービーキングジョージを制し、ニジンスキー産駒がそれまでどうしても獲れなかった凱旋門賞も制して念をらしたのだった。ニジンスキー最後の傑作というに相応しい名である。後に日本に輸入され(ry

なお、種入りしたときにアメリカに同名の種1958年 トムフール産駒)がいたため、区別のために名の後に「II」を付けられた。そのため、厳密にいえば「ニジンスキーII系」と呼ぶのが正確ではあるのだが、1958年産のニジンスキーはおそらくさほど活躍しなかったため、単に「ニジンスキー系」とされている。

1992年25歳で死亡一流の競争成績と種成績を併せ持つ世紀の名であった。サラブレッド歴史が続く限り、その名は血の中に残り続けて消えることはいであろう。


関連動画



■sm10293481[ニコ動]

 ■sm10293630[ニコ動]

■sm2585062[ニコ動]
 ■sm2641156[ニコ動]

■sm2911698[ニコ動]


関連商品


■azB0000AOD5C
■az4403230571


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 16/11/10 20:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ