ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニニンがシノブ伝


ヨミ: ニニンガシノブデン
掲示板をミル!
93カキコ!

ニニンがシノブ伝とは、2000年から2006年にかけてコミック電撃大王に連載されていた
古賀一の漫画、ならびにそれを原作としたアニメ作品である。


概要


ドジで天然ボケなくの一見習いのシノブと、シノブの友人である女子高生、そして正体不明の異生物音速丸を中心とした個性的な登場人物たちが毎回騒動を起こすハチャメチャコメディ
シリアスな展開がほぼ皆無であり、純ギャグ漫画として楽しめるようになっている。
原作者である古賀一は、昔から忍者漫画を好きだった(作中に登場する高校は、恐らく忍者漫画大御所土三から)ようで、一度忍者漫画を描きたかったらしいが、実際連載してみると、「忍者漫画に分類したら怒られる」ような作品に仕上がったと言っている。
また、古賀一作品の例に漏れず、一コマコママニアック小ネタが散りばめられており、これがシノブ伝をはじめとする彼の作品の人気に繋がっている。
他にも古賀一作品のお約束はいくつか存在するが、それらはどが当作品にも当てはまる。

なお、本来は「サザンくのいち ニニンがシノブ伝」という題名にする予定だったようだが、長すぎるということで没となった経緯がある。
作中の登場人物サスケ主人公となる話「サザンサスケ伝」は、この没案から採用したものと思われる。


主な登場人物


声優アニメ


アニメ


原作の連載開始から遅れること4年後の2004年ユーフォーテーブルによりアニメ化された。
一回の番組で15分の話を2話放送する形式を取っている。なお、アニメでは原作2話分の話をめて1話にしている。

シノブ役の水樹奈々音速丸役の若本規夫をはじめとして、レギュラーキャラに放送当時でも声優を起用している。

基本的に原作通りの展開(一部、台詞キャストアドリブ等で追加・変更されたが)であったが、放送当時はまだ原作完結していなかったため、終盤にかけてオリジナル伏線り始めた。
そして、その伏線が解き明かされぬまま、アニメオリジナル最終回になったが、ここにきて「今までった伏線は全て意味なものだった」と明言する異例の展開となった。
これは、最終話の冒頭でネタにされた「初回と最終回だけ作画に気合の入っているアニメ」と同様に「投げっぱなしの壮大な伏線」という、当時から蔓延していた粗製濫造アニメの悪しき習を風刺したものであると思われる。
ちなみに、アニメOP映像においても、一度も登場することのかったシノブライバルキャラクターアニメオリジナル)も、そのような最終回のための伏線であったようだ。


ニコニコ動画とニニンがシノブ伝


原作の掲載雑誌がマイナーであったことや、アニメU局深夜帯放送であったこと、何よりニコニコ動画が誕生する前に放送、および連載を終了した作品だったことから、その知名度は視聴年齢層の較的低いニコニコ動画においてはそれほど高くはなかった。
しかし、音速丸が多く登場するMAD動画若本グルメレース」が当時のデイリーランキングランクインすると、その影か、翌日以降のランキングにニニンがシノブ伝の本編動画ランクインするようになった。
これにより、同作品はニコニコ動画において4年越しにその脚を浴びるようになった。
ただし、現在は他のアニメ作品の例に漏れず、本編動画はことごとく削除され、僅かなMAD動画のみが残るばかりとなっている。


関連動画



■sm10525356[ニコ動]

■sm3384011[ニコ動]
■sm927440[ニコ動]
■sm2109745[ニコ動]
■sm2704274[ニコ動]
■sm2729235[ニコ動]
■sm2682338[ニコ動]
■sm2075106[ニコ動]


関連商品


■azB0002X7JBS
■az4840220689
■ysavees_keyu000155
■azB0007U936A

依頼者はおっぱいが好きらしい

脚注

爆発的な人気が出る前の釘宮理恵小野大輔も、準レギュラーキャラ役として出ていた。
アニメ放映前に、掲載雑誌の付録としてドラマCDがついてきたが、この時のキャスト若本規夫以外、一新されている。


関連項目



お絵かき


title[画像を見る][画像を見る]


最終更新日: 13/04/30 17:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ