ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニュートロンジャマー


ヨミ: ニュートロンジャマー
掲示板をミル!
28カキコ!

ニュートロンジャマー(Neutron Jammer)とは、機動戦士ガンダムSEEDシリーズに出てくる架の技術・兵器であり今のところ実在はしない。


概要


地球連合軍による「血のバレンタイン」と呼ばれる核兵器を用いた攻撃をきっかけに、核分裂を阻するものが必要とされプラント(コーディネイターによるコロニー連合国家)で開発された。それがニュートロンジャマーである。作品中では核融合も阻するかどうかは明らかにされていない。作中の設定の一部によると、該当作品の戦艦の動として核融合エンジンレーザー核融合)が使用されており、出の確保や安定性の問題などで大化してしまうため、MSへの搭載は難しく戦艦等の大機動兵器に限定されているようである。

そういった描写はスパロボシリーズで顕著に描かれており、宇宙世紀シリーズガンダムは基本的に核融合エンジンのためにニュートロンジャマーの影を全く受けない。

また、ニュートロンジャマーは副作用として電波赤外線などをも妨する効果を有し、これを転用して誘導兵器などを化し、モビルスーツによる接近戦を戦術として組み込むためのECM兵器としても使用される。これは旧来のいわゆる宇宙世紀ガンダム作品におけるミノフスキー粒子に近い性質と言える。

プラントの軍事組織ザフトは開発したニュートロンジャマーを自走式ドリルとともに地上にばら撒き、地中深く埋まったニュートロンジャマーは連合、プラント共に回収は不可能である。(埋まった数がきちんと把握できないためでもある)。また、これにより、地球圏の原子力発電施設は活動不能の状態に陥り、電供給のストップによるライフラインの潰滅、社会経済混乱によって相当数の被害者(死者多数含む)を出した。これに乗じてザフト地球侵攻作戦を開始し、モビルスーツの地上での有効性もあって、地球上の多くの基地施設やマスドライバーを制圧することに成功している。

宇宙戦ではアークエンジェルがニュートロンジャマーを展開するため、オーブや連合もニュートロンジャマーを使用することができると考えられる。


作中では


最初に登場したのは、開戦後間もないC.E.702月22日に行われた世界樹攻防戦と言われている。この戦闘ザフト軍は試験的にニュートロンジャマーを投入。その実用性を明した(戦闘自体は引き分け)。

3月15日、第一次ビクトリア降下作戦失敗した事を受け、プラント最高評議会はオペレーションウロボロスを決議。核兵器化及び核分裂エネルギー供給阻止を狙い、地球にニュートロンジャマーを散布する事を決める。4月1日、軌上から数のニュートロンジャマーが投下され、連合軍の対火をかいくぐって地中深くに埋め込まれた。同時に地球上での深刻なエネルギー問題を引き起こし、地球上の国家は窮乏。億単位の餓死者を出し、多大な混乱を招いたためエイプリルフールクライシスと呼ばれている。一般人を大量に死へ追いやった事、親プラン国家大洋州連合まで巻き込んだ事などもありザフトの賛否が分かれる原因になってしまっている。当然、被害にあった地球市民激怒し反コーディネイター感情が活発化。


ニュートロンジャマー・キャンセラー


物語後半では、ニュートロンジャマーを効化する装置であるニュートロンジャマー・キャンセラーが、ニコル・アマルフィユーリアマルフィ導の元、ザフトによって開発され、モビルスーツに再び核分裂の動炉を取り付けることが可となった。

NJCを初採用した「ドレッドノート」を皮切りに、5機のガンダムフリーダムジャスティスプロヴィデンステスタメントリジェネレイト)が開発された。これらは従来のバッテリー駆動モビルスーツを圧倒する性を有する。

なお、ニュートロンジャマーの効に発揮されたのは「機動戦士ガンダムSEED」までであり、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の時点では既に太陽光発電が普及しており、エネルギー問題に関しては解決済みという描写が「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」で描かれている。


関連項目



最終更新日: 19/10/19 12:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ