ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニンテンドー3DS


ヨミ: ニンテンドースリーディーエス
掲示板をミル!
15811カキコ!

ニンテンドー3DSロゴ

ニンテンドー3DSとは、任天堂より発売されている家庭用ゲーム機である。

概要

商品名 ニンテンドー3DS
発売日 2011年2月26日
価格(税別) 15,000円値下げ前は25,000円
種別と世代 携帯型:第7世代
カラーバリエーション2017年2月時点

ニンテンドーDSの後継機種で、任天堂が発売する第6世代の携帯ゲーム機である。視差バリア式の液晶を備え裸眼で3D立体視映像ゲームを楽しめるのが最大の特徴である。

見たこそ従来のDSシリーズから大きくは変化していないが、単に3Dをつけただけではなく、あらゆる性が大幅に強化された従来のニンテンドーDSの次世代機である。3Dのためにフルポリゴン2画面分(下画面も合わせて3画面)を処理できる強な処理と、それが映えるだけの解像度の画面を持ち、ジャイロセンサーなど3D以外にも様々な機が詰め込まれている。尚、従来のDSシリーズに対して後方互換を有しており3DS本体でDSソフトを遊ぶことも可

キャッチコピーは「メガネがいらない3DDS」。

任天堂庭用3D立体視ゲーム機としては、1995年発売の横井軍平発案のバーチャルボーイVIRTUAL BOY)以来16年振りの第二世代機とも言える。

2012年7月28日にニンテンドー3DSの新たなモデルバリエーションとなる「ニンテンドー3DSLL」を発売。→ニンテンドー3DSLL

2013年10月12日、北ヨーロッパ3D立体視と折りたたみ止した「ニンテンドー2DS」を発売した。日本でもバーチャルコンソールとの抱き合わせで2016年2月27日に発売されたほか、2016年9月15日に単体でも発売する予定である。 →ニンテンドー2DS

強化、変更部分


裸眼立体視


ニンテンドー3DS最大の特徴で、上画面は裸眼による立体視が可となっている。立体映像の強弱・深度は本体に搭載された3Dボリュームをスライドさせる事により調整が可で、オブジェクトをより飛び出させたり、行き感を強調したりできる。立体視は実際にニンテンドー3DSを触る事でしか体験できず、ニコニコ動画などにアップロードされた動画では確認する事ができないため、ここでは体験した感触・イメージを以下に記す。

本当に立体的に見える
実機を見たほとんどの人は「本当に立体的に見える」と言う。最適な位置で見ればクロストーク(二重像)もほとんど出ず、ちゃんとした3D映像に見える。たいしたこといだろうと思っていた人も、良い意味で予想を裏切られたという。なお、左右の視が大きく違う場合(いわゆるガチャ)や斜視、乱視などを持つような場合でも、普通に見るだけである程度立体的に見え、自身の最適位置が分かれば強な立体感が発生する(個人差があります。店頭で体験できる場合は必ず体験しておきましょう)。
行き感・庭感
3Dというと飛び出すものばかり想像しがちであり、実際に3DSも飛び出す表現があるソフトもあるが、より凄いのは行き感である。いわく「画面の裏にがくっついていてその中を見ている感じ」「まるで小さなから、先の世界を見ている雰囲気」「マリオの小さなフィギュアがそこ(画面の中)にあるような感じ」「画面のジオラマが広がってる感じ」等々。3Dボリュームを2Dから3Dにスライドさせていくと、ぐぐぐっと行きが深くなっていくのをはっきり感じる。
距離感がつかみやすい
従来の2D表示のゲームでは「上下左右」の2次元方向の距離感は表現できるものの、「手前・」の3次元方向の距離感については表現不可能だった。これはポリゴンを使用した擬似3Dゲームについても同様で、プレイヤーは2Dで表示された間を見て、内で3次元方向の距離感を補正してやる必要があった。今回の3DSでは立体視による「上下左右・手前・」の表現が可となり、内補正せずとも自然3次元間の把握が可となった。任天堂もこの事を強くアピールしており、宮本茂氏も「(従来の3Dマリオでは叩きにくかった)中にあるハテナブロックが簡単にけるようになる」とった。
最適視聴位置がちょっと狭い
ほぼ正面からなら全な3D映像に見えるが、左右にずらしたり離れたり近づきすぎたりするとクロストークが発生し、3D効果がくなりやすい傾向にある(携帯機に先に3D実装された理由はここにあるようである)。近視などで意識に画面を近づける癖がある人は注意、近くで見る場合は3Dレベルを落とすと良い。上下方向の視については少し余裕があるようで、多少上下にずらしても3D効果は維持されているようだ。
2Dよりも疲れる
裸眼3Dディスプレイの中では較的疲れないデバイスであるが、やはり「2Dよりも疲れる」という意見もある。また、慣れないうちは3D液晶から一度視点を外し、再び3D液晶を見ると立体視するためのピント合わせに多少時間がかかる場合がある。上下の画面を行ったり来たりして見るゲームはやや不向きかもしれない。尚、ガチャの場合「常人と同様の正しい見方」を強制されるため疲れやすいが、徐々に軽減される。
「慣れ」が存在する
3D映像を見た際、初めは多少違和感があったり疲れやすかったりする場合も、プレイしていくと徐々に違和感が減り疲れにくくなっていく傾向にある。(恐らく、が視差だけがあるという異常な状況に適応し、またその視差を利用して行きを補正するという作業に慣れるせいだろうと思われる)理は禁物だが、初め立体視に多少困惑した場合も3Dの深度を少しづつ上げてらしてやると、徐々に3D映像違和感く見られるようになる可性が高い。
作品によって効果に差がある
立体視は単純に視差をつければいいというものでもないらしく、その効果は作品による差異もかなり大きい。立体視の深度のつけ方自体が作品によって異なる他、立体視の深度自体は浅くても迫と臨場感を飛躍的にアップしているものもあれば、深度自体は深いのにそうでもないものもある。これについては任天堂サード共に立体視をさらに活かす手法に苦心しまた模索しているとのことで、今後の見せ方の研究によってさらに立体視の恩恵が大きくなる可性を秘めている。

グラフィック性能のアップ


従来のDSシリーズべて大きくグラフィックアップしている。3DSは液晶サイズあたりのピクセル数が多くなり、ドットピッチが小さくなったため非常に高繊細に表示されている。尚、これまでのDSソフトを表示する場合解像度の関係で拡大かdotbydotのどちらかを選択することになり、前者は若干ぼやけ、後者は画面が小さくなる。もともと、3D映像を処理する際には同じ解像度の2D映像を「右用」「左用」の2枚同時で表示する必要があり、従来の倍の処理められる都合上、処理の大幅上昇は必然であったと言える。今回は最低でもPSPより若干荒い程度~ソフトによってはGCPS2ぐらいのグラフィックに見えるという意見がある(あくまで個人差であるので、直接実機を見て確認して欲しい)。弱点として他機種のゲーム機べてムービースクリーンショット画質が悪く感じやすいこと。実機でしか見れない立体視3DSの画面の構造上、どうしても他の媒体に移すと劣化してしまう。そのためムービースクリーンショットイマイチだったのに、実際に遊ぶと凄く綺麗に見える」という意見が非常に多い。


カメラ


外側に2つ搭載されたカメラを使用して3D写真を撮ることができる。3Dカメラがここまで多数世の中にばら撒かれるのは世界初であるとのこと。DSiのものにべて顔認識機の性アップしており、例えば『nintendogs+cats』の場合だとプレイヤーの顔を傾けるとも一緒に顔を傾けたり、プレイヤー(飼い)以外の人が画面に近づくと逃げたりえたりする。これならば『ラブプラス』も…実装されました。


新しい入力・操作方法


「スライドパッド」と呼ばれるアナログスティックを従来の十字キーの位置に搭載している。十字キーはスライドパッドの下部に配置変更された。また、モーションセンサージャイロセンサーを新たに搭載した事で本体の動き・傾きなどを感知できるようになった。例えば、『STEEL DIVER』では3DS本体を潜望に見立てて横方向に回転させる事で自機の周囲360°を見渡せたり、『スーパーモンキーボール』では3DSを傾けてキャラクターを転がす操作が可(これらのセンサーを利用した歩数計も搭載)。地味ではあるが、ハードとしてはゲームボーイカラー以来となる赤外線通信機も装備されている。


すれちがい通信・いつの間に通信


ニンテンドー3DSではDSで好評を博した「すれちがい通信」が本体の機として組み込まれた。

今まで…
すれちがい通信をしたいソフトを起動して、すれちがい通信モードにして蓋を閉じて外出する。そのため、すれ違うにはソフトを起動状態にしておかねばならず、同時間にすれちがい通信を行えるのは1本体につき1本のソフトのみである。
3DSでは…
すれちがい通信に関する情報3DS本体のフラッシュメモリに登録する。3DS本体に登録するので、すれちがい通信をやりたい時もそのソフトを本体に入れたり起動したりする必要はなく、別のソフトで遊んでいたとしても通信が行われる。ソフトを入れず3DSの電を入れておくだけでOK。3DSには最大12本のすれちがい通信情報を登録でき、登録した全てのソフトすれちがい通信を同時に行うことが可となっている。ただし、この機が使えるのは3DS専用のゲームソフトのみであり、従来のDSソフトはこれに含まれない。また、従来のDSソフト3DS本体ですれ違い通信させる場合、本体が自動的にDSモードとなり、その間は3DS関連の通信が機しない。

また、「いつの間に通信」と呼ばれる機が追加され、ユーザー動的に何かしなくても3DSが自動的に無線LANアクセスポイントと接続し、様々なデータを受信してくれるようになった。これは「中に様々なデータを自動受信して、起きて3DSの蓋を開けたらすぐに確認できる」といったことを実現する。ゲームの追加データランキングゴーストデータの他に、無料ゲームや日替わりの3Dショートムービーの配信されている。そのほか、ニンテンドーeショップダウンロードしたソフトを「あとから受信」にすることで、ダウンロード中の画面で待つことなく、ほかのことをしている間にいつの間にかソフトを受け取ることができる。余談だが、今作では海外プレイヤーともすれちがい通信ができるようになっており、これに伴いDSシリーズでは(法律上)内だけでしかできなかった線通信が、3DSでは(法律上)海外でも特別な手続き線通信が使えるようになっている。使用可については公式HPを参照のこと。


SDメモリーカードとデータのやりとり


3DSでも書き換え可フラッシュメモリを搭載するが、WiiDSiと異なりダウンロードソフトの保存には使用されず、すれちがい通信関連のデータや本体システム関連の保存領域として使用される。3DSではダウンロードソフトは全て「SDメモリーカード」に保存され、そこから直接起動する方式となっている(標準で2GBSDメモリーカード1枚付属。32GBSDHCメモリーカードまで対応)。また、このSDカードを経由してPCなどの外部機器とデータのやりとりを行う事が可。例えば、『Miiスタジオ』でのMii画像や『nintendogs+cats』などで撮影した画面写真PCに保存したり、逆にPCや他社3D製品上で作成した立体画像ファイルMPOファイル)を3DSにて閲覧できたりと、秘めた可性は高い。


HOMEメニューとマルチタスク


3DSを起動すると、遊びたいソフトを選ぶメニュー画面が表示される(HOMEメニューと呼ばれる)。本体に刺さっているソフトや内蔵ソフトが横方向にずらっと並ぶ表示はDSiシリーズと同じだが、3DSでは最大6列表示となっている。2012年4月25日の本体更新によって、内蔵ソフトDLソフトをフォルダに格納して整理する機が搭載された。HOMEメニューからは、以下の機が起動可

…など。


次へ»
最終更新日: 17/02/12 15:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ