ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニーダーザクセン州


ヨミ: ニーダーザクセンシュウ

ニーダーザクセン州(Land Niedersachsen)とは、ドイツ連邦共和国を構成する16連邦州のひとつである。ドイツ西部に位置する。


概要


ニーダーザクセン州は、ドイツの北西部北海沿から南にかけての一帯をたる領域とする州である。州の名称は「低地ザクセン」に由来しており、較的標高が高いザクセン州べると、圧倒的に低地帯が領域を占めている。ただし、州南東部にはそれなりの高地もある。

ニーダーザクセン州は、その北はシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州およびハンブルク州と、東はメクレンブルク=フォアポンメルン州、(わずかに)ブランデンブルク州およびザクセン=アンハルト州と、南はテューリンゲン州およびヘッセン州およびノルトライン=ヴェストファーレン州と接しているほか、その西はオランダとのを成している。さらに、ブレーメン州を取り囲むような形になっている。ドイツ連邦州としては、最も多くの州と接している州である。

いわゆるメルヘン街道が通り、中世以来の古い都市が多く残されている反面、フォルクスワーゲン(VW)の工場なども立地している。また、北海に浮かぶ東フリースラント々から、山間の鉱山町までの多様性をい知ることもできるなど、じっくり探索してみるだけの価値があると言えよう。


主要都市


人口10万人をえる都市は次のとおりである(2012年現在、人口の多い順に配列)。なお、大百科に記事のある都市については、これを太字とした。

この外にも中小規模の都市が数多く存在する。いわゆるメルヘン街道沿いのハーメルン(Hameln)、エリカ街道リューネブルガー・ハイデの出発点となるの町リューネブルク(Lünebuirg)、19世紀に整備された軍港都市ヴィルヘルムスハーフェン(Wilhelmshaven)、中世の古都にして鉱山で栄えた世界遺産都市ゴスラー(Goslar)、同じく世界遺産を擁するヒルデスハイム(Hildesheim)など、色々な町が見られる。


世界遺産


州内に立地する世界遺産は次のとおりである。


関連項目



最終更新日: 16/09/11 20:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ