ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヌボリリム現象


ヨミ: ヌボリリムゲンショウ
掲示板をミル!
46カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ヌボリリム現象(Nabelilym Phenomenon)とは、陰茎に陰毛がはさまれる現である。2012年フランス生理学者Muyo N. Chanelによって命名された。


概要


ヌボリリム現象とは、男性器頭と包皮の間に陰毛が入り込み、痛む現のこと。世界で初めて命名したのは長年この研究を続けてきたMuyo。ヌボリリム現象には治療法(Men's Underhair Yank Operation)があり、代表的なものとしてV.I.P(VIable Pacification)療法がある。なお、女性器で起こる同様の現はメバリウムと呼ばれる。


経緯


この現自体は思期以降の男性の多くが経験する[要出典]ことであり、古来より経験的に認知されていた。しかし、その認知度とは対照的に、研究の対とは見做されておらず、2000年代後半までは興味も惹くことはなかった。

2007年、当時まだ大学助教授であったMuyo Chanelが、常々この現に悩まされていたことをきっかけとし、この解決法を研究しはじめた。翌年6月学会で発表したところ、同じ現に悩まされていた多くの男性研究者から支持を得ることに成功する。その後も研究を続け、2011年に治療法を確立2012年には、世間に治療法の存在を認知させる一環として、この現に正式に名前が付けられた。それまでは単に「陰毛が挟まる現」「例のアレ」などと呼称されていた。


影響


命名によってめてこの現を認知し、治療法が存在することを知った多くの男性が、治療を受けるようになった。かつて、思期を迎えた若年層の男性は、たとえ医師が相手でも「陰茎」「陰毛」などの言葉を口にするのを恥ずかしく思い、悩みを抱えていても周囲に伝えられないケースが存在していたが、ヌボリリム現象という命名により、前述した言葉を避け、恥ずかしがることなく悩みを告白できるようになった。

ウソで、2012年 8月17日2ちゃんねる ニュース速報(VIP)板の「検索して0件の言葉を1000ヒットくらいまで流行らせるスレ[外部]」で生まれた言葉。2015年1月現在2000件以上ヒットする。ちなみに、当記事は同スレの流れを受けてリアルタイムで作成された。


関連項目



最終更新日: 19/05/30 06:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ