ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ヌメルゴン


ヨミ: ヌメルゴン
掲示板をミル!
596カキコ!
ポケットモンスター > ポケモンずかん > ヌメルゴン

ヌメルゴンとは、ポケットモンスターに登場するポケモンである。初登場はX・Y

基礎データ
名前 ヌメルゴン タイプ ドラゴン
英語 Goodra 高さ 2.0m
分類 ドラゴン 重さ 150.5kg
図鑑 #706 特性 うるおいボディ
ジョウト # そうしょく
ホウエン # 隠れ特性 ぬめぬめ
シンオウ # グループ ドラゴン
イッシュ # 孵化歩数 10240歩
カロス #021マウンテン 性別 50.0%
アローラ #180SM/アローラ
#107SM/アーカラ)
#076(SM/ウラウラ)
#068SM/ポニ)
#219USUM/アローラ
#120USUM/アーカラ)
#083USUM/ウラウラ)
#081(USUM/ポニ)
50.0%
ガラル #391 努力値 特防+3
世代 第六世代
進化 ヌメラヌメイル (Lv40)ヌメルゴン (の降る場所でLvUP(Lv50以上))
ヌメイル | クレッフィ
No.706
ヌメルゴン
ヌメルゴン
ドラゴンポケモン
たかさ  2.0m
おもさ  150.5kg

ドラゴンタイプ
[画像を見る]
ひとなつっこい ドラゴンポケモン
だいすきな トレーナーに だきついて
ねんえきで ヌルヌルにしてしまう。
種族値 合計600






90 100 70 110 150 80

図鑑説明


ポケットモンスターXポケットモンスターオメガルビー
ひとなつっこい ドラゴンポケモン。 だいすきな トレーナーに だきついて ねんえきで ヌルヌルにしてしまう。
ポケットモンスターYポケットモンスターアルファサファイア
のびちぢみする ツノで こうげき。 プロボクサー 100にんぶんの パンチに ひってきする いりょく
ポケットモンスターサン
すごく ひとなつっこい ポケモン。 かまわないでいると さびしくて ヌルヌルの なみだを ながし なく。
ポケットモンスタームーン
おとなしいからと からかうと ツノで おもいきり つかれ ふとい しっぽで なぎはらわれる。
ポケットモンスターウルトラサン
とっても ひとなつっこい。 なつくと ネバネバの ねんえきに まみれた からだで だきついてくるが がまんだ。
ポケットモンスターウルトラムーン
ヌルヌルの ひふの したには ぶあつい しぼうの そうが あり てきの こうげきを うけながす。
ポケットモンスターソード
トレーナーの しじが りかいできずに キョトンとする ことが たまに あり その ようすが かわいいと にんき。
ポケットモンスターシールド
ながい ツノを のばす いきおいで こうげき。 いりょくは ヘビーきゅう ボクサーの パンチの 100ばいだ。

概要


[画像を見る]

第六世代の新ポケモン

ヌメラ系最終進化形にして第六世代の種族値合計600族
相変わらずぷにぷにとしているが、それなりにドラゴンっぽい見たになり、分類でもドラゴンポケモンしている。
ストーリーでもライバルキャラの1人であるサナが使用するため、殿堂入り前に見る機会がある。また、チャンピオンカルネも使用する。

特防に優れ、特攻・攻撃も高め。反面、防御・素さはやや低め。
特防種族値150は全ポケモン中7位タイの数値(進化輝石は除く)。

600族らしく技の範囲が広い。物理系・特殊系のどちらも強な技を覚えられる。

その他にも「フェイント」や「まとわりつく」、タマゴ技で「のろい」や「カウンター」等の技も覚えられる。
とける」もベトベターカラナクシクズモー経由で習得可

特性うるおいボディ」はのときに状態異常自然治癒する特性だが、「げきりん」終了時の混乱は治せず、第六世代において変化系特性永続が失われたことによりPTが全体的に弱体化されているためあまり採用されない。ただし「あまごい」により自を降らせることが出来るため、元々の高い耐久と「ねむる」を組み合わせた耐久では非常に強
もう一つの特性「そうしょく」は草タイプの技を効化し自身の攻撃を一段階上昇させる特性で、ドラゴンタイプ技は元々半減されるとはいえ、厄介な「ねむりごな」「キノコのほうし」「やどりぎのタネ」などを効化できるため物理はもちろん特殊であっても有用な特性であると言える。

隠れ特性「ぬめぬめ」は接触技をしてきた相手の素さを一段階下げる特性物理に弱いヌメルゴンに対し接触物理技の使用を牽制する。攻撃を一発耐えれば素種族値80のヌメルゴンでも次のターンには先手を取れる相手が増える。

元ネタはおそらくフランスの伝承に登場する怪物「ル・カルコル」
ル・カルコルはぬめぬめした身体を持つのような生物であり、見たインパクトは強なものの、実はカロス地方のご当地ドラゴンとしてはっ当な存在であった。


アニメ


アニメでは、サトシヌメイル進化する形で登場。森林火災を止めるべく「あまごい」でを降らせた際に進化し、同時に「りゅうのはどう」を習得してロケット団を吹き飛ばした。なお、ゲームにおいては、特性や技で降らせたでは進化条件が満たされないので注意。

サトシポケモンの中では初めての600族である。

ヌメラとしてサトシ仲間になったのが55話、ヌメイル進化したのが61話、ヌメルゴンへの最終進化65話と、2段階進化を遂げたレギュラーポケモンの中では、シリーズ全体で見ても最終進化までが非常に短い(ちなみに最短記録は、ゲットしたその回で進化し、次の回で最終進化したキャタピー)。

67話ではミアレジムのシトロン戦に参戦。エレザードスピードに翻弄され、「でんじは」で麻痺させられたこともあって一旦交代するが、切り札のレントラー相手に再登場。「あまごい」でエレキフィールドを放電させると同時に特性の「うるおいボディ」で麻痺回復し、しいバトルの末に持ち前のり強さを活かした「がまん」で勝利を収めた。

69話、70話で故郷の湿地帯に凱旋し、フラージェス達との対立やその裏に潜むロケット団の陰謀をサトシと共に解決。その後湿地帯に残って仲間を守るようサトシに勧められ、の別れとなった。

123話でサトシと再会し、湿地帯の仲間達とも協してメレシーの事件を解決した。この時サトシカロスリーグに誘っていたことが後に明らかになる。そして126話でカロスリーグ準決勝に進出したサトシの下に駆け付け、その後のショータ戦、アラン戦にフルバトルメンバーとして参戦。ショータ戦では相性の悪いペロリームを相討ちに持ち込み、アラン戦ではキリキザンに善戦しつつも敗れるが、「あまごい」を残してラストゲッコウガに襷を繋いだ。


関連項目



600族仲間



最終更新日: 21/03/03 13:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ