ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ネオネクタール


ヨミ: ネオネクタール
掲示板をミル!
15カキコ!

ネオネクタールとは、TCGカードファイト!! ヴァンガードクラン(組織)の1つである。


概要


惑星レイの食糧生産の多くを占める巨大商社
ジェネシスの代表の出身地であったり、ロイヤルパラディンに縁深い騎士がいたりと、ユナテッドサンクチュアリとの関連性が強い。
の精ドリアード、フォレストドラゴン植物の因子を持った人間バイオロイドなどで構成される。

植物の「増殖」をイメージした、山札からのスペリオルコールが特徴。
同名カードを並べることを意識した効果が多く、ドロップゾーンから山札にカードを戻すことで山札のカードを展開することができる。
また、いくつかの関連カードがスペリオルコールの輪で繋がっており、自在に入れ替えができる。
安定した盤面の形成や、バトル中のスペリオルコールによる疑似スタンドなどで攻めたてることになる。一部軸では10万をえる驚異的な火力を実現するルートも・・・。

アニメレギュラーキャラとしての使用は、意外なことに「ヴァンガードG」の安城トコハが初。
それ以前は単発キャラクターだったり、初期の混クランデッキだったり、サブキャラクターでもファイトが1回しかなかったり、そもそも他人から奪ったカードだったり・・・と不遇の扱いだったが、トコハの活躍により「ヴァンガードG」では文句なしの地位を手に入れることになる。
ただし、その中でも「リンクジョーカー編」以降に登場した宮地学園生徒会書記の長代マキサブキャラクターとして存在感を放っていた。
GNEXTでは新たなネオネクタール使いであるミゲル・トルレスが登場。しかし・・・。


各期におけるネオネクタール


1期

ブースターパック5弾「双剣覚醒」にて初登場。
この時は一般的なレアリティRRRのカードが存在せず、カードプールがやや少ないため、不遇な立場に甘んじることになる。

2期

艦隊」にて登場。
新たな連携ライド「アルボロスドラゴン」に加え、名称「士」の登場と、ここにきて構築の幅が広がり始める。

3期

」にて登場。アニメでは準レギュラーキャラの長代マキが使用している。
ブレイクライドと“Я”ユニットは配られたが、両者の関連性はなく、クロスライドの存在しない数少ないクランとなってしまう。ブレイクライドユニットの性も他のクランべるとやや見劣りし、微妙な立場。
しかしメイデンオブビーナストラップ “Я”》の性自体は良好。序盤からスペリオルコールできる割合使いやすいメイデンサイクルも手に入れており、戦としての不遇差は脱しはじめてきている。

4期

双闘」にて登場。っ先に双闘の恩恵にあずかることになる。
士」名称が大きく成長し、かなりの安定性を手に入れることが出来た。
元々双闘システムと、リアガードを入れ替えることでドロップゾーンユニットが溜まりやすい「士」との相性は良好。発売当初の環境に食い込んだこともあった。
・・・が、使用者のラウルセラ「一族からその掟により奪ったカード」として使用しており、次のファイトの段階ではあっさりと使用クランを変えてしまった。やはり不遇。

5期

アニメレギュラーキャラ安城トコハが使用。まさかのレギュラー使用クラン昇格である。
トライアルデッキ「純花乙女」の登場を皮切りに、ブースターパック「風華」と「討魂撃」の2回にわたり収録。環境に触れられるわけではないが、一気に戦は充実し、開いたといっても過言ではないだろう。
当初はそこまで注されなかったが、《立花乙女 プリマヴェーラ》夢紡ぐラナンキュラス アーシャなど、今では一級品のカードが収録されている。

6期

メインクランとしての扱いは変わらず、ブースターパックG6弾「」、G8弾「審判」にて収録。
同名カードリアガードに登場した時に効果を得るキーワード「開ブルーム)を手に入れた。
これにより、増殖したら手札に戻るガードや、強化した上でブーストも得るグレード2など、凄まじい非名称カードがいくつも登場し、器用さと火力を兼ね備えたクランに成長した。
また、ファイターズコレクション2016で登場した《常花乙女ラーノ》や各種Gガーディアンの登場により、退却・呪縛を得意とするクラン相手に解答を得る。
が、出たばかりのコスモス妖精 リズベットが投入1枚制限を受ける。これは単純な性より、効果利用によりファイト時間が長くなることを懸念してのものであると思われる。
決定的な強化は審判における後述の「ラウニマルユッカサイクルの登場。これにより火力だけでなくアドバンテージ稼ぎも可となり、開軸が大きく前進した。

7期

トライアルデッキ「繚乱の花乙女」と、それと同日に登場するキャラブースタートライスリーNEXT」にて収録。
に「ラナンキュラス」と「士」が強化される。


デッキの基本軸


メイデン

先に単独デッキとなったメイデンオブ・トレイリングローズは初期のネオネクタールを支えてきたカードで、アニメ立った出番がないにも関わらず「討魂撃」にてリバイバル双闘を手に入れた。
クレイエレメンタルカードが使いにくいのが難点だが、盤面に依存せず展開できる効果を持つため、盤面の回復や上書きスペリオルコールによる追撃など、「デッキトップ5枚から要件なしのスペリオルコール」「バトル中のスペリオルコール」と強みは多い。
その後、ファイターズコレクション2015winterで「メイデン」が一めの名称と成る。これによりメイデンオブビーナストラップ “Я”》などの他メイデンサポートを得られるようになった。
名称化していない時期だったが、アニメで長代マキが使用していたのはメイデンオブビーナストラップ “Я”》中心のデッキであるため、このタイプに当てはまると思われる。

アルボロス

2期に登場した連携ライド。特徴は「同名カードを並べ、それによりパワーアップする」ことであり、パワーラインの全体的向上が見込める。
他の連携ライドと較しても、連携ライドギミックに加えて「スペリオルコールを守り抜かねばならない」ため事故率が非常に高い。
審判」にてアルボロスドラゴン “創アインソフオウル情報開されたことで、名称「アルボロス」としての強化を4年越しに受けることになった。

銃士

2期から登場した名称であり、ネオネクタール最大の名称。
リアガードを入れ替えると、その過程でドロップゾーンに溜まったカードを山札に戻すことをコストに発動する効果が特徴。
他の名称とべ安定性は高いが、そこまで押しが強くないのが難点。
内部名称「セシリア」を扱う越とリミットブレイク中心のギミックと、双闘を軸とするギミックが存在。「トライスリーNEXT」以降は純ギミックが追加される。
アニメラウルセラが使用したのは後者だが、先述の通り他人から奪ったデッキである。後にGNEXTにて、純士使用者であるミゲル・トルレスが登場したが・・・。

ラナンキュラス

アニメヴァンガードG」で安城トコハの分身として扱われているラナンキュラスの花乙女 アーシャとその関連カードで構成される越軸デッキ名称はあくまで「ラナンキュラス」であり、「アーシャ」ではない
元々は非名称越軸だったが、「討魂撃」にてサポートカードGユニット夢紡ぐラナンキュラス アーシャが登場し、軸として確立された。なお、「夢紡ぐラナンキュラス」は「ラナンキュラス」以外のデッキでも問題なく活用が可
」にて《咲き誇るラナンキュラス アーシャ》が登場したことで、ネオネクタールの悩みだったヴァンガード単体の圧の低さが善された。他にも「ラナンキュラス」サポートと「開」効果、過去のジェネレーションレア《立 プリマヴェーラ》を組み合わせることで、気が遠くなるほど火力を初回越から発揮することができ、爆発では他の追随を許さない。《常花乙女ラーノ》ならば、盤面が不ぞろいな状態でも十分な火力を得ることができるため、こちらも重宝する。

ラウニマルユッカ

に「ラナンキュラス」で採用されるギミック
《盛暑の花乙女 マルユッカ》《日乙女ウニの2種セットであり、「ラウニ」は「マルユッカ」としても扱う。
加えて、「ラウニ」の開は同サイクル内のユニットに「開持ちのユニット1体につきパワー+1000」の効果を与えることができる。
しかし最大の強みは「マルユッカ」の開であり、他のユニットパワー+3000に加え、それが「ラウニであればヒット時1ドロー+ソウルチャージ1を与えられる。
ヴァンガードは基本的にヒット時効果というのは信頼性が欠けるものだが、文字通り桁の違うパワーが発揮できるネオネクタールであれば話は全くの別。
「ラウニ」「マルユッカ」ともに効果はいくらでも重複させることができるため、相手からしてみればヒットを許して爆アド稼ぎをされるリアガード2列を理してガードさせられるを強いられる。
双方ともグレード2以上のため普通ならブーストはつけられないが、《常ラーノ》《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》の効果で呼び出せばグレード2以上でもブーストを得られる
一度でもヒットさせれば大量のアドバンテージが得られるため、それを元手に多少苦手な相手でも立ち回ることが可であるため、現在の「ラナンキュラス」のメインエンジンと化している。


関連項目



外部リンク



最終更新日: 16/11/21 12:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ