ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ノイズ(戦姫絶唱シンフォギア)


ヨミ: ノイズ
掲示板をミル!
196カキコ!

ノイズ(戦姫絶唱シンフォギア)とは、アニメ戦姫絶唱シンフォギア」の劇中に登場する異形の敵の総称である。


概要


13年前の国連総会にて認定された特異災害の総称。
形状に差異が見られ、
一部には兵器のような攻撃手段が備わっているが、
全てのノイズに見られる特徴として――

などが挙げられている。
現在、あまりにもが多いため、各をあげて研究・解明が進められている。

――「戦姫絶唱シンフォギア公式サイトより


人類を脅かす認定特異災害

普通人間では接触した時点で炭素化してしまい、物理的破壊は減衰され微々たる効果しか持たない。
意思疎通が出来ず、人をし、一般の人々では逃げ惑いやり過ごすしかないノイズは、まさしく災害である。
特異災害対策機動部二課が保有する、ノイズに対する人類の一絶対の切り札、聖遺物から作られたFG回天特機装束「シンフォギア」をうものだけが、ノイズに侵食されることなくノイズを滅ぼすことが出来る。

本来、一般人普通に生活していてノイズに遭遇する可性は非常に低く、一生涯に通り魔事件に巻き込まれる確率を下回るとされ、人々の認識もそのようなものとなっている。
戦姫絶唱シンフォギア」劇中で私立リディア音楽院高等科周辺にてノイズの発生が頻発している状況は、明らか異常事態と言える。

存在を異なる世界にまたがらせることで位相をずらし、通常物理エネルギーの干渉を減衰~効化しているが、シンフォギアによる攻撃はノイズの存在を「調」し「こちらの世界(通常物理法則下)」に引きずり出すことで、ロスダメージを与えることが可である。

雪音クリスの歌によって起動した聖遺物ソロモン』によって任意発生・制御使役が可
女性フィーネしでノイズを発生させることは出来ても、コントロールすることは出来ない。

ちなみにノイズは、ソロモンにて操られるか一定範囲以内に人間が近づくことがなければ、自壊するまでアグレッシブに動くことは

戦姫絶唱シンフォギアG」に登場する武装組織・フィーネソロモンノイズを制御しているように思われていたが、実際はウェル博士が持ち出し隠し持っていたソロモンによって制御されていたことが判明した。


ノイズの種類


大小さまざまな形状のものが存在し、接触による人間炭素化以外のを持つものもいる。
(名前は編集者による便宜上のもの)


小型


登場回(第1期):OP,EP1-5,EP7-11,EP13
登場回(第2期):OP,EP1-3,EP5-13
一番多く見られるタイプ。飛び掛りや体を紐状にしての特攻を行う。
1
登場回(第1期):OP,EP1-5,EP7-11,EP13
登場回(第2期):OP,EP1-3,EP5-12
に次いで多い。同様の攻撃手段をとる。
登場回(第1期):OP,EP1,EP7-8,EP10-11,EP13
登場回(第2期):EP1,EP8-10,EP13
体をねじって状になり、から人々に襲い掛かる。体を独楽のように回転させて中から攻撃することも。
2
登場回(第1期):EP4-5,EP7-11,EP13
登場回(第2期):OP,EP1-2,EP5-12
状の手を持つ。人1よりやや大きい。
蛞蝓
登場回(第1期):OP,EP5,EP13
登場回(第2期):OP,EP1-3,EP5,EP7-10,EP12
飛び掛りのほか、前面から触手のようなものを伸ばし攻撃する。

中型


葡萄
登場回(第1期):EP3,EP13
登場回(第2期):OP,EP9
人のような体に、球が葡萄の房状に付いた頭を持つ。球は本体から分離し、小ノイズ化あるいは爆発する。そのらしい姿から、視聴者の間では「ぶどうさん」の称でしまれている。
駝鳥
登場回(第1期):EP4
登場回(第2期):EP5-6
嘴から性のある液体を吐き出し、相手を拘束する。
多脚
登場回(第1期):EP8
に近いが脚が10本ある大ノイズ。大きな音に反応する。飛び上がりボディプレスで攻撃する。
気球
登場回(第2期):EP3
腕のような部位で荷物を掴み、を飛んで運搬するノイズ

大型


登場回(第1期):OP,EP1,EP4,EP11,EP13
登場回(第2期):EP1,EP13
ツヴァイウィングライブ時に現れた巨大ノイズ。体液を吐き出す。体液からと人1,2が発生する。
巨人
登場回(第1期):EP1-2,EP11,EP13
登場回(第2期):EP1,EP13
の手を持つ巨大ノイズ
巨大
登場回(第1期):EP2,EP11
登場回(第2期):EP1,EP6,EP13
体についた葉のようなパーツを分離させて攻撃する巨大ノイズ
要塞
登場回(第1期):EP9,EP13
建造物のような姿の巨大ノイズと人1,2を液状で吐き出し、弾丸ノイズを撃ち出して攻撃する。
飛行機
登場回(第1期):EP10,EP13
登場回(第2期):EP1,EP9
中をゆっくりと飛ぶ巨大ノイズ。本体は攻撃しないが、を引き連れ小ノイズを大量にばら撒く。
戦闘機
登場回(第2期):EP1
ソロモンを狙って現れた巨大ノイズ。変形後の先端はイチイバルガトリング攻撃を弾く強度となる。
増殖分裂
登場回(第2期):EP2
武装組織フィーネが呼び出した巨大ノイズ。攻撃されると分裂し、放っておくと増殖し続ける。

超大型


黙示録の
登場回(第1期):EP13
ネフシュタンの融合し、ソロモンを取り込んだフィーネが大量のノイズを取り込み融合した姿。
手にしたデュランダルパワー一つを焼き払うレーザーを撃ち放つ他、高い防御・再生を持つ。

シンフォギア以外でのノイズ撃退


先述の通り、現在の技術で有効にノイズダメージを与えることが出来るのはシンフォギアシステムだけであるが、これはあくまでも「有効性・効率性」を考えた場合の話であり、その他の手法を用いてノイズを撃退する方法もある。
以下は公式で発表されている通常兵器でのノイズへの攻撃法である。

位相のタイミングを狙った攻撃

ノイズに対し一般的な物理攻撃が通用しないのは、異なる世界へ位相をずらしている為であるが、これは逆を言うとノイズ自身が何かに触れる・破壊する時には位相の大半をこちらの世界へ持ってこないといけないということである。
(位相をずらした状態で何かに触れようとしても、すり抜けてしまう)
なので、この一の隙を狙うことで通常兵器でもノイズへ有効なダメージを与えることが出来る。
しかし攻撃の隙は一である為、それを正確に狙うには神業的な技量が必要といえる。

タイミングに構わず底的にダメージを与え続けて位相がずれるのを待つ波状攻撃という手法もあるが、こちらは弾薬等、大量の物資を必要とする。

減衰されるのを見越した重火力での攻撃

位相がずれているとは言え、この世界に実態として現れている以上は、ノイズの存在の極一部でもこちら側へ現れているということであり、その分のダメージノイズも受けることになる。
つまり破壊するのに必要なエネルギー100に対し、攻撃の90%が減衰されるとしても、1000エネルギーをぶつければ、ノイズを破壊出来るという理論である。

しかし小ノイズであればまだしも、大ノイズとなればミサイル火ですら効きいことを考えると、それを破壊するには相当な破壊が必要になると考えられる。
その為、仮にノイズを撃退できても二次災害の方が深刻となりかねない。
過去にこの作戦を行った際には、戦闘地域の地形が変わったとも言われている)

以上の通り、ノイズシンフォギア以外で撃退する方法は一応存在するが、どれも危険な手法であり、ノイズの発生頻度や一定時間経過後に自壊する事を考えると、やはり通常兵器でのノイズ撃退は非効率的と言わざるを得ない。


その正体


代の時代に人々(ルル・アメル)がカストディアン)の逆鱗に触れたことによってかけられた、り合える統一言を奪い、人々が言葉を分かつ呪いバラルの呪詛」。
そのバラルの呪詛を受け、相互理解を失った人間たちが作り出した「惑星環境を損なわず同じ人類を殺戮するためだけの自兵器」――それがノイズである。地球環境に優しいエコノイズさん

に仕える巫女であったフィーネは、が開かれたままのバビニアの宝物庫からノイズが現世へとれ落ちる僅かな確率の「偶然」を「必然」として引き寄せ、ノイズとして行使していた。


終息


フロンティア事変(戦姫絶唱シンフォギアG)の終幕において、ノイズプラントである異間「バビニアの宝物庫」はソロモンによって全に閉ざされ、宝物庫に閉じ込められた聖遺物ネフィリムノヴァ」が自爆する際の1兆度の熱により内部のソロモン及び大量のノイズは焼き払われた。

以降にノイズの観測は一度も見られず、今後の経過によっては終息宣言が出される見込みとなっている。


アルカ・ノイズ


ノイズによる炭素転換の減衰機を備えていたはずのシンフォギアをも分解する新たな脅威。

シンフォギアのみならず、
分解の対となる物質それぞれにチューニングした干渉破砕効果にて、
あらゆるものを分解する事が可となっている。

分解された対は、機物も有機物へと崩れ果ててしまう。

レシピ元であるノイズ較して、
アルカ・ノイズの出スペックは大差ない性となっている。

それでも、高い汎用性の分解を実現したのは、
位相差障に用いられていたエネルギー分解の向上にあてたからである。

結果、通常物理法則下にあるエネルギーの減衰率は低下し、
とくに「解剖器官」と呼ばれる部位の起動時には、
これまで観測されてきた従来の位相差障ほどの防御性は損なわれている。

とはいえ、通常物理法則に対しては圧倒的に優位に位置しているため、
人類の天敵であることには変わらない脅威となっている。

――「戦姫絶唱シンフォギアGX公式サイトより


戦姫絶唱シンフォギアGX」にて新たに登場したノイズ
錬金術師キャロルの一に使役され、ノイズに対する一絶対の切り札であったシンフォギアの新たな脅威となる。

の多い存在ではあるが、従来のノイズと異なる点として次に挙げるような特徴が確認されている。

簡潔にめると「防御が低下した代わりに攻撃が格段に強化されたノイズ」といったところであろうか。
シンフォギアノイズに対する優位性をも覆す、恐るべき敵だと言えるだろう。

GX2話では解剖器官による攻撃でクリスギア分解し、その脅威を見せつけた。
後に破損したギアエルフナインの手により修された際、出の向上と同時に分解効果を減衰するようバリアフィールドの調整が施されたことで、装者はアルカ・ノイズに対抗することが可となっている。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ」では、軍事政権の手に渡り武器として利用されていることが判明。再び戦場にて装者たちの前に立ちはだかる。


アルカ・ノイズの種類


通常ノイズと同様、様々な特性を持ったアルカ・ノイズが存在する。


次へ»
最終更新日: 19/03/25 09:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ