ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ノスタル爺


ヨミ: ノスタルジイ
掲示板をミル!
96カキコ!

ノスタル爺とは、藤子・F・不二雄の短編漫画の1つである。

曖昧さ回避


概要


1974年、雑誌『ビックコミックオリジナル』に「藤子不二雄」名義で掲載された。藤子・F・不二雄が手がけたSF異色短編名作の一つ。

物語は、主人公の太吉が、30年ぶりに自分の住んでいた立宮村を叔父と一緒に訪ねるところから始まる。このとき、すでに村はダムの底に沈んでいた。


主な登場人物


太吉
浦島の跡取り息子であり、学徒動員で出征した旧日本兵男性終戦の知らせを聞くことができず、30年もの間、村に帰れないままジャングルの中で過ごしていた。その間に、暮らしていた村はダムの底に沈んでしまい、親族の者も太吉の戦死報を受け取ったのち、ダムの建設に伴って離れ離れになってしまった。
里子
故人。太吉の許嫁であり、出征間際にの方針で結婚式を執り行った。「自分が死んだらを捨ててくれ」という太吉の言葉を拒み、戦死報を知った後も再婚せず、太吉の帰りを待たずして亡くなった。
気ぶりの爺さま
土蔵に閉じ込められた、奇妙な言動の多い老人。をすることはほとんどない。出征を前にして太吉と里子が抱き合っているとき、二人に向かって土蔵のの格子にしがみついて「抱けえっ!!抱けーっ!!」と泣き叫んだ。里子が亡くなった後、彼も後を追うように亡くなった。
版によっては、「気ぶり」の表現が不適切とされ、「土蔵の爺さま」等に修正されていることもある。

結末


注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

叔父といったん別れ、沈んだ村を見に行くため太吉がダムの近くに下りて行こうとすると、大きながあった。太吉は「この辺りはもう沈んでいるはずなのでは?」と疑問に思う。しかし、過去に村にあった同じようなと、そこでの里子との瀬を思い出し、太吉はの根元で回想に耽った。

その中で気ぶりの爺を思い出した間、太吉の頭に「予感」がよぎった。太吉がを走っていくと、沈んだはずの立宮村が、過去の姿のままそこにあった。

太吉はそこで幼い里子に会い、感動のあまり泣きながら抱きついてしまう。これが原因で村の者に袋叩きに遭うが、「浦島の者である」と言ったことがきっかけで浦島の当と会う機会を得る。

から浦島一族の縁者であることは認められるが、をもらう代わりに村を出て行く勧めを受ける。しかし、太吉はそれを拒否してこの村に留まることを当に願い出る。当から「土蔵に閉じ込めて一生日のを見ないことになるがそれでも良いか」と問われ、太吉はそれを受け入れた。

この日から土蔵の中には、太吉と里子のを聞き、ノスタルジーを感じを流す男の姿があった。

この結末を知った上で読み返すと、「里子が亡くなった後、彼も後を追うように亡くなった」がこの作品の本当の結末であることが分かるだろう。

 

恐らく「浦島太吉」は「浦島太郎」、「立宮村」は「竜宮」が元になっていると思われる。「立宮」は作中では「たつみや」と読むが、音読みでは「りゅうぐう」とも読める。また、「竜宮」の方も訓読みでは「たつみや」と読める。


関連動画


キーワードタグ検索ネタバレになる場合があるので注意。→検索[動]


関連静画


■im5801939(静画)
■im9024130(静画)


関連商品


■az4091750141
■azB079TMWXNR
■az409143472X


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/08/08 21:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ