ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイサイおじさん


ヨミ: ハイサイオジサン
掲示板をミル!
12カキコ!

ハイサイおじさんとは、沖縄県ミュージシャン喜納昌吉チャンプルーズの代表的な楽曲。


概要


現在ではその知名度の高さから沖縄民謡に準じた扱いをされているが、その発表は1976年歴史は浅い。

曲自体は喜納昌吉高校生の頃に作曲されたものである。
この「おじさん」のモデルとなる人物も存在する。喜納昌吉実家の隣に住んでいた人物であるそうだが、この人物にはは非常に重い過去がある。詳細は各自検索してもらいたい。

1977年めて全的にリリースされヒット曲となる。これにより沖縄独特のリズムメロディーが広く知れ渡り、現在まで続く沖縄民謡の評価のきっかけとなった。


豆知識



ハイサイおじさんと高校野球


ハイサイおじさんは、その明るいメロディーと軽やかなテンポから沖縄県代表校の応援歌(チャンステーマ)として定着している。
この曲に合わせてカチャーシー(踊りの一種)が乱舞し、の音が甲子園に反すると甲子園の観客がほとんど沖縄代表校の味方についたように錯覚させ、相手校にとってはかなり威圧感を感じる。いわゆる魔曲である。

2010年の選手権時、地元に「歌詞の内容が高校野球にそぐわない」との投書があったため、この年の代表校である興南高等学校の野球部OB会が使用自粛をする事態となった。[外部]応援歌で重要視されるのはメロディなんだから何も歌詞に難癖つけなくてもいいのに。
1回戦時はブラスバンドが対応しきれずに演奏したものの、2回戦・準々決勝時には自粛された。
代替として沖縄で祝い事によく歌われる民謡「ヒヤミカチ節」が使われていた。

しかし準決勝の対報徳学園戦時に一時解禁したところ「やっぱりこのほうが盛り上がる」という意見が大勢を占め、演奏の自粛が事実上解禁。[外部]
決勝戦でも演奏された。

ちなみにもうひとつの魔曲として名高いジョックロックを擁する智弁和歌山沖縄県勢の対戦成績は1勝4敗。
かなり分が悪いのだが1勝した時のインパクトがあまりにも大きすぎたため
魔曲の世代交代が起きたのではないか」という書き込みが2ch高校野球実況chでたびたび見られた。

ただ、この試合の実況小野塚アナ(智弁和歌山戦の実況を担当すると負けフラグが立つ)が担当していた上
当時の代表校の高等学校連覇を達成するレベルだったのは念頭に入れておくべきである。


 関連動画



原曲



■sm17064884[ニコ動]

■sm7866318[ニコ動]


使用例


■sm17245102[ニコ動]
■nm3472660[ニコ動]

■sm4251677[ニコ動]
■sm2875456[ニコ動]


関連商品


■dw9713
■ysmorimoto_655611


関連項目



最終更新日: 13/11/24 10:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ