ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイスクールD×D


ヨミ: ハイスクールディーディー
掲示板をミル!
1817カキコ!

ハイスクールD×D』(ハイスクールディーディー)とは、石踏一著作によるライトノベル作品である。

[画像][外部]

イラストみやま零が担当。


概要


富士見ファンタジア文庫富士見書房)より2008年9月から2018年3月まで刊行された。全25巻。続シリーズハイスクールD×D」が2018年7月からスタートしている。2020年2月現在、既刊4巻。

ドラゴンマガジン』において収録された短編を集めた『ハイスクールD×D DX』が2015年3月から刊行。2019年3月現在、既刊5巻。

2016年よりカクヨムにて『堕の狗 -SLASHDØG-』を開。本作の4年前を舞台にした前日譚となる。


ストーリー



第1章「赤龍帝覚醒編」(原作1~2巻、アニメ第1期)


おっぱい大好きでエロスケベしか取り柄のない高校2年生、兵藤一誠(以下イッセー)は初めて出来た彼女になぜか殺される。そして駒王学園のオカルト研究部の部長であり、上級悪魔でありメインヒロインたるリアス・グレモリーの手によって下級悪魔兵士」に転生。そして堕天使との戦いに巻き込まれアーシア・アルジェントと出会い、彼女を救うことになる。

悪魔になって一月ちょっとでリアスの婚約者ライザー・フェニックスとの彼女の婚約破棄を賭けたレーティングゲームに参戦。ゲームそのものは敗れるものの、イッセーライザーの開いた婚約披露パーティーにカチコミをかけ、ライザーとの一対一の勝負の末に「の篭手(ブーステッドギア)」を発動させて一時的な「禁手化(バランスブレイカー)」に至り、彼の心をへし折った。これにより、リアスはイッセーを下でなく男として意識し始める。


第2章「乳龍帝誕生編」(原作3~6巻、アニメ第2期、第3期)


上記事件から間もおかずに教会聖剣エクスカリバー盗難事件に巻き込まれ、派遣されてきたエージェントであるゼノヴィア紫藤イリナコンビと対立することになる。首謀者である堕天使カビエルを倒すものの、現在の異形の世界を形作った「聖書」が以前の大戦で死していたことを知ることになる。その門でゼノヴィアは転生して仲間に加わった。

教会悪魔堕天使の三大勢の間で会談が行われることになり、イッセー堕天使の総督アザゼル、そして「」と対をなす存在である「皇」を宿すヴァーリ・ルシファーに出会うことになる。会談のっ最中に「禍の団(カオスブリゲイド)」の旧魔王が襲撃。ヴァーリもそれに加担しイッセーと戦うが、イッセーヴァーリの全てのものを半分にするを知り、リアスのおっぱいが半分にされてたまるかと激怒。結局その場は痛み分けに終わり、二人は作品を通じてのライバルとなる。かくして三大勢の間で和が成り、アザゼルオカルト研究部の顧問としてイッセーたちを導する立場となる。

2年生の夏休みを迎え、イッセー冥界で特訓を積む。ヴァーリ・チーム妖怪黒歌の襲撃を受け、ヒロインの一人塔城小猫を連れ去られそうになるが、リアスのおっぱいスイッチとして「禁手化(バランスブレイカー)」に至って「」をえるようになったイッセーはこれを撃退した。またこの頃、リアスの属の一人である男の娘、ギャスパー・ヴラディの封印を解いている他、紫藤イリナが転生天使となって戻ってきた。

それに続いて、アーシアを狙う上級悪魔ディオドラアスロトの企みを打ち砕くが、そので動いていた旧魔王の首シャルバ・ベルゼブブによってアーシアを失うことになりイッセー暴走、「覇ジャガーノートドライブ)」を発動してしまう。しかしアーシアヴァーリ・チームによって助け出されており、イッセー自身も彼を役にした子供向け番組「おっぱいドラゴン」のテーマ曲とリアスのおっぱいスイッチによって自を取り戻した。


第3章「英雄(ヒーロー)おっぱいドラゴン編」(原作7~12巻、アニメ第3期、第4期)


2年生の、三大勢の和を邪魔しに現れた北欧邪神ロキを、イッセーたちはヴァーリ・チームヴァルキリーであるロスヴァイセの協の下に撃退、封印に成功する。一方でヒロインの一人姫島朱乃である堕天使バラエルとの確執を解消したり、オーディンに置いていかれたロスヴァイセを転生させて属に加えたりした。

修学旅行では「禍の団」の一である英雄の急襲を受け、リアス、朱らの不在もあって仲間を倒されてしまうが、リアスを召喚してのおっぱいスイッチによって「の三叉成駒(イリーガル・ムーブ・トリアイナ)を発動。英雄の首曹操を撤退に追い込んだ。

この頃、いつまでも「部長と部員、と下」の関係から進展しないことに傷心を覚えるリアスは、イッセーに答えを迫る。しかし最初の彼女に殺されたというトラウマのせいでどうしても一線を越えられず、二人の関係はこじれてしまう。

同時に悪魔の若手属最有を決めるレーティングゲームサイラオーグ・バアルの率いる属との間で行われた。お互いに戦を削り合いながらの一進一退の攻防の末に、サイラオーグとの事実上の一騎打ちとなった決戦で、イッセー過去の残留思念による「覇ジャガーノートドライブ)」発動への誘惑を振り切り、子どもたちの「おっぱいドラゴン」への応援おっぱいへの想いを昇させて、「真紅の赫カーディナルクリムゾンプロモーション)」を発動。リアスへの想いを然と告白しつつサイラオーグを正面から殴り倒して勝利。試合後のサイラオーグの後押しもあって、イッセーめてリアスに告白、「部長」から「リアス」と呼ぶようになり、晴れ人となった。

以下はアニメ化範囲外につきネタバレ注意!10行改行後に始まります。

↓10

↓9

↓8

↓7

↓6

↓5

↓4

↓3

↓2

↓1

2年生2学期の中間テストの頃、イッセー(および同じ属の姫島朱乃と木場斗)に中級悪魔昇格の話が持ち上がり、こちらも試験を受けることになる。イッセーにはライザーのレイヴェル・フェニックスマネージャーとして就くことになり、「おっぱいドラゴン」としての活動も含めてのマネージメントを任せることになった。一方でロスヴァイセとギャスパーは自らの強化のためにしばらくこの地を離れることになる。

アザゼルヴァーリ・チームは何と、「禍の団」の首領である少女の姿をしたドラゴン「オーフィス」をイッセーに連れてくる。彼女龍神グレートレッド」を倒して次元の狭間を取り返すことのみを望んでおり、「禍の団」の実際の活動には全くノータッチであった。実はで基本は善良なドラゴンだったのだ。

中級悪魔試験を終えたばかりのイッセーたちを英雄府の死神たちが急襲。彼らの狙いはオーフィスそのものだった。府のハーデス英雄への助で呼び出された最強殺し(ドラゴン・イーター)サマエルによってオーフィスを奪われ、曹操の技巧を凝らした攻撃の前にグレモリ属とアザゼルヴァーリ・チーム仲間は次々と倒される。アーシアの懸命の治療で耐えながら、リアスのおっぱいビームなどの新技も活かしつつイッセーたちは虎口を脱しようとする。

だがあのシャルバ・ベルゼブブが再登場して冥界魔獣を放った上でオーフィスをさらい次元の狭間へ逃げ込む。それを追ったイッセーシャルバを倒すも彼の放ったサマエル矢によって体を侵され死亡次元の狭間からイッセーの「兵士」の駒だけが戻ってきたことにリアスたちは絶望する。

死んだと思われたイッセーは、そこに通りかかったグレートレッド体を使ってオーフィスの手で身体を再生、「の篭手」に留まっていたイッセーの魂をそれに移すことで復活しようとしていた。

その事実を知らないリアスは部屋引きこもり、悲嘆に暮れるばかりだったがサイラオーグに活を入れられ、初代孫悟空の助言と魔王アジュカ・ベルゼブブの「兵士」の駒の解析によってしだいに希望を取り戻していく。その中で、アジュカを引き入れようとやってきた英雄ジークフリートを木場斗は倒し、魔聖剣ラムがものとする。

冥界シャルバの放った魔獣を討伐する戦いがはじまっており、他の場所にいたゼノヴィアとイリナ、ロスヴァイセとギャスパーも合流。英雄の一部が冥界子どもたちを人質に取る卑劣な手段に出るが、サイラオーグの助勢や隠された実の一端を見せたギャスパーによって撃破される。ついにそこへ次元の狭間からイッセーが帰還。めて「兵士」の駒により悪魔転生し、曹操対決最上死神プルートヴァーリによって倒され、なおイッセーと互以上の戦いをしていた曹操イッセーの思わぬ機転により逆にサマエルを浴びせられて戦闘不能となった。魔獣騒動は事終結へと向かったのである。


第4章「おっぱいドラゴンと愉快な仲間たちの伝説編」(原作13~22巻)



最終章「燚誠の赤龍帝×明星の白龍皇 -駒王学園の真なる龍(ハイスクールD×D)-編」(原作23~25巻、真・1~2巻以下続刊)


…てな感じで原作はまだまだ続くのだが、あまりに長いのでWikipediaの該当ページ[外部]を読むか、実際に原作を読んでいただきたい。



メディアミックス


みしまひろじによるコミカライズが行われた。全11巻。ヒロイチ、粗製SODAによるスピンオフコミックはそれぞれ全1巻。

2011年4月に、アニメ化企画進行中であることが、公式サイト作者ブログにて発表された石踏一ハイスクールD×Dアニメ化企画進行中!![外部]イチブイ2011年4月15日

第1期は2012年1月より3月まで放送された。2012年9月に発売された13巻には未放映13話がオリジナルアニメBD限定版コミックに収録された。2013年5月に発売された15巻の限定版には第14話が収録されたBD付録となった。

第2期が2013年7月から9月まで放送された。タイトルは『ハイスクールD×D NEW』。
第3期が2015年4月から6月まで放送された。タイトルは『ハイスクールD×D BorN』。
第4期が2018年4月から7月まで放送された。タイトルは『ハイスクールD×D HERO』。


主要登場人物



次へ»
最終更新日: 20/02/20 12:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ