ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイパーゲームス


ヨミ: ハイパーゲームス
掲示板をミル!
2カキコ!

ハイパーゲームス(Hyper Games)とは、バンダイが展開していたスキルトイシリーズである。


概要


1990年代末、「ハイパーヨーヨー」が前の大ブームを起こしたことにより、バンダイは次のスキルトイとして「ジターリング」の販売を開始した。
その後、ディアボロ(中国独楽)の販売も行うこととなり、これらをまとめて「ハイパーゲームス」と呼び、バンダイ発売の各種スキルトイシリーズをひとまとめにすることになった。

これらは多くが海外メーカーOEMで、バンダイ制作のものは「ハイパーヨーヨー」の「ハイパードラゴンシリーズと、パームボード、J-ROPEである。

ジターリングハイパーディアブロについては、ハイパーヨーヨーと同じく認定レベル制度やフリースタイルの大会が行われ、合同イベントが行われることも多かった。

それ以降の展開については多くが竜頭蛇尾に終わり、2000年頃には、第1期ハイパーヨーヨーと共に全シリーズの展開が終了した。
ハイパーゲームスのスキルトイは、結局ハイパーヨーヨーだけが残り、断続的に展開されている。

しかし、バンダイグループスキルトイという系譜はその後も続いている。2014年から展開が始まっている「ケンマクロス」や、2017年ハンドスピナーブームで展開された「フィンガースピナー」はその流れをくむものと言える。


商品



ハイパーヨーヨー(第1期)


ハイパーヨーヨー

第1弾。競技ヨーヨーシリーズ
ヨメガダンカンプレイマックスヘンリースラッセルOEMと、独自シリーズハイパードラゴン」で構成されていた。

ハイパーゲームスの筆頭格であり、認定トリックや大会、商品展開が最も多く行われた。


ジターリング


ジターリング

第2弾。リングを回してビーズを回し続けるスキルトイ
ニュージーランド玩具メーカーアイランドエッジ社のOEM

ハイパーヨーヨーべて売れなかった」「ハイパーヨーヨーべて地味」など、何かとハイパーヨーヨー較されることが多い。しかし、いまだに話題にされるだけ以下のシリーズより恵まれている方とも言える。


ハイパーディアブロ


ハイパーディアブロ ディアボロ(ジャグリング)

第3弾。ジャグリング用具のディアボロ(中国ゴマ)のシリーズ
オーストラリアディアボロメーカー・ヨーホーのOEM

ヨーヨーに「オフストリング」というスタイルがあったこともあり、ヨーヨープレイヤーに受け入れられた。そのため、90年代からヨーヨーをしているプレイヤーディアボロプレイヤーも兼ねるケースが多い。

シリーズで販売された「ヨーホー・ディアビッグ」は、2000年代まで多くのディアボロプレイヤー用されていた機種である。ただし、普通バンダイを通さず直接購入する。


J-ROPE


なわとび

ボールベアリング付き縄跳び。これにより、少ないで高速でロープを回すことができる。
個人用と、ダブルダッチ用が存在する。

性質上、学校に持って行っても怒られないハイパーゲームス製品である。
ただし、性を欠くことから体育の授業で使用禁止になっていたケースもあるようだ。

現在ボールベアリング付き縄跳びは、スポーツ用品店などで買える一般的な商品となっている。

なお、縄跳び卸業者・株式会社J-ROPEとは関係。


パームボード


フィンガーボード

で操作する、ミニサイズスケートボード。一般名称は「フィンガーボード」「指スケ」など。
シリーズ展開前、フィンガーボードのちょっとしたブームがあり、それに便乗して出されたシリーズ
発売前も、フィンガーボード自体はコロコロコミックなどでたびたび紹介されていた。

デッキアートは「デジモンアドベンチャーシリーズと「コカコーラシリーズが展開され、各種パーツも発売されたが、結局後が続かなかった。

現在でもフィンガーボードのコレクターはおり、その一つとして細々と在庫が売られている。


ハイパーウイング


カナダ・スピンマスター社の「AIR HOGブランドからのOEM

専用の空気入れで空気を吹き込み、プロペラで走行する飛行機おもちゃ


その他


ブーメランなどの展開も予定されていた。


関連動画



関連商品



関連項目



最終更新日: 20/01/13 18:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ