ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイペリオン(競走馬)


ヨミ: ハイペリオン

ハイペリオンとは、1930年イギリスまれの競走馬である。
20世紀のイギリスを代表する競走馬にして大種
名はシリーンギリシャ神話に登場する女神セレーネーに由来するので、太陽ヒュペリオンから取られた。


概要


Gainsborough(ゲインズバラゲインズボローとも言う)、Seleneシリーン)、Chaucer(チョーサー)という血統。
ゲインズバラ第一次世界大戦の影三冠全てを代替競馬場で行われたレースを制したイギリス三冠馬。本以外にも日本で大種となったトウルソルでもあり、ヒサトモクリフジら多くの活躍を産み、サンデーサイレンスと並びダービーを6頭も産んでいる。
シリーンは個別記事に記載しているが、小柄な体ながら多くの勝ちを重ね、としてネイティヴダンサーの祖先となるシックルやトムフール・バックパサー親子の祖先であるファラモンドを産むなどの名繁殖チョーサーもブルーメアサイアーとして数多くの活躍を出した
生産はシリーン同様第17ダービー伯爵で、3×4の奇跡の血量を多用したダービー伯爵らしく、ハイペリオンにもセントサイモンの3×4のクロスを持ち合わせている。

も小柄であったからか、本もやはり小柄な体であり、成長しても15.1ハンド(約153.4cm)しかなかった。どれくらい小さいかと言うと、同じく小柄と言われているドリームジャーニーですら158cmである。
加えて当時は不吉の徴とされていた四(4本の足先がストッキングを履いている様な感じ)であった為、どの人からは評価されていなかったが、シリーンを含む数多くの名を管理したジョージラムトン調教師は本を「今まで見てきた中で最も美しいダービーを勝てる」と大絶賛してダービー伯爵に頼み込んで管理することとなった。
ハイペリオンは性格は大人しかったが半面、調教ではに走らず気に入らないことがあると立ち止まったりするなど底して拒否する気難しいであった。それでもラムトン調教師は母親の如く情を持って接し続けた結果、徐々に調教でもに走り始めてラムトン調教師と強い信頼関係を築くようになった。


競走生活


2歳時は5戦3勝とまずまずの成績で終え、翌年に向けて調整が行われていったものの調子が上がらず2000ギニーには間に合わなくなってしまい回避。ダービー前の一叩きを快勝して堂々ダービーに1番人気で乗り込んだ。
シリーンは小柄な体のせいでクラシック登録を見送ったが、ハイペリオンはその反を活かしてちゃんと今回は事にクラシックに出走する事が出来、その本番では2番手から直線を向いたところでグングン加速。結果として公式着差では四身だが映像ではそれ以上に見える程の当時のダービーレコードで圧勝。勝ちタイムの2.34.0は現代でも遜色いほどのタイムである。
続くプリンスオブウェールズSでも2着と約7キロのハンデ差があったものの2身差で勝。この後に膝を痛めてしまい、セントレジャーをぶっつけ本番で挑んだものの、これもなりで3身差勝、イギリスクラシック二冠となった。

4歳も現役を続行したものの、ここでラムトン調教師がハイペリオン調教師から変わるというアクシデントが起こる。理由はラムトン調教師が高齢で体調を崩しがちになった事と、2000ギニーに間に合わず三冠馬になれなかった事によるダービー伯爵の不満等色んな説があるが確実な理由は分かっていない。
新しい調教師の下で調教をされたもののラムトン調教師の事を信頼していたハイペリオン調教が上手くいかず、ハードトレーニングを課せられるとなると今度は走り止めるといった事が続き順調とは程遠いスタートとなってしまう。
それでも4歳緒戦、二戦はギリギリ勝利するものの、三戦アスコット杯で事件が起きる。レース直前のパレードで馬場入口で観戦していたラムトン調教師をハイペリオンが見つけると、身動きせずに立ち止まってしまう。何とかパドックまで引っってレースに参加できたものの、これでやる気を失くしてしまったのか、レースは勝ちから遠く離れた3着で敗れてしまい、次のレースでも頭差で敗れて引退
通算13戦9勝2着1回3着2回と安定した成績を残した。


大種牡馬ハイペリオン


引退後はイギリス内で種となり英リーディング首位を6回、2位を4回と1940年~50年を代表する活躍を収め、としてもニアークティックサイテーション、テスコボーイなどがおり、ノーザンダンサーを径由してかなりの割合で血統にハイペリオンの名前がいる。
産駒はイギリス以外にもアメリカに渡って大活躍で、ナスルーラ同様に購入オファーがあったもののダービー伯爵は「ン拒否するゥ」とハイペリオンイギリスから出す事は絶対にしなかった。
だが代わりに購入したアリバイというアメリカで大成功を収め、5年連続年度代表となったケルソのアホストや名フラワーボールを産み、グロースターク・ヒズマジェスティ兄弟によって血統にその名を残し続けている。

直系子孫は日本においてはセイウンスカイグリーングラスなどがいたが、ノーザンダンサー系やサンデーサイレンス系の勢いで絶滅している上、世界的に見てもほぼ断絶状態であり、オセアニアイギリスで辛うじて残っている程度である。
しかしながらノーザンダンサー含め、孫のフォルリが名スペシャルを産み、ヌレイエフサドラーズウェルズフェアリーキング一族を産んだ事で血統におけるハイペリオンの影は絶大な物となっている。
日本において2019年10月8日現在2019年に産駒が出走した事のある種429頭の内、ハイペリオンが入っていないマインシャフトカジノドライヴ)とシルバーチャームの2頭のみである。ただし、その産駒は全てハイペリオンの血を持っているので、要するに現代日本競走馬ハイペリオンを持たないは存在しない。

29歳まで種付けを行うなど元気だったものの、翌年の寒波の影で体調を崩し、12月9日安楽死享年30歳と長く生きた。ダービー伯爵ハイリオンが息を引き取った後、チャーチル首相が来訪した際の記念に取っておいたブランデーをけたという。
直系そのものはれてしまっても血統の中に必ず存在し続け、後世に影を残すが何頭もいる。その代表格がハイペリオンである。


関連商品


■azB00AEDI0SM


関連リンク



関連項目



最終更新日: 19/10/21 19:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ