ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイラル王国


ヨミ: ハイラルオウコク
掲示板をミル!
38カキコ!

ハイラル王国とは、ゼルダの伝説シリーズ舞台となる王である。
作品によっては物語に登場しないことがあり、時には別の名前で呼ばれることがある。 


歴史


女神ディンが大地を、知恵の女神ネールが秩序を、勇気女神フロルがあらゆる生物創造した。

創造がこの世を去るとき、女神ハイリア世界トライフォースを見守る役を託す。
世界は後に『ハイリアの地』と呼ばれるようになる。 

時は流れ、『ハイリアの地』はいつしか『ハイラル』と呼ばれるようになり、
女神ハイリアルーツとする人々はハイリア人と呼ばれ、秘的なを持つようになった。
その後に「スカイウォードソード」のゼルダの血を引くものが、ハイラル王国を建設。
時の殿があるハイラルの中心地にを構え、聖地トライフォースを密かに守ることとなる。


地理


ゼルダの伝説世界の時間軸は『ゼルダの伝説 時のオカリナ(以下『時オカ』)』を分岐点として3つに分かれ、世界によって地名とその地が持つ意味が変わってくる。
 例)時の殿時オカ
   ┣迷いのゼルダの伝説 神々のトライフォース(以下『神トラ』))
   ┗ 聖域ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(以下『トワプリ』))

フィローネ地方/中央ハイラル

勇気女神フロル所縁のの大地。

ハイラル平原[画像]
ハイラルの中央にある、ハイラル一もしくは最大の平原
ハイラル城[画像]
ハイラルを統治する王族が住む
プレイヤーの中に入ることは少なく、入れる作品ではガノンドロフの魔の手によってダンジョンと化していることが多い。
のすぐそばには下町があり、ここは自由探索できる。『トワプリ』では非常に大きいとなった。
時の殿
ハイラル歴史において重要な役割を持つ殿
賢者ラウルトライフォースのある聖地への一の入口として造った。
時をえるとともに聖地マスターソードで封印し、マスターソードの台座は時ので閉ざし、3つの精霊石をそのを開くとして、それぞれを信頼のおけるの民、火の民、の民に守らせた。
迷いの
一度入ると二度と抜け出せないと言われているで、作品によって異なるギミックで迷わせてくる。
時オカ』ではコキリ族が暮らしている。彼らは大人にならない種族で、一人前になると1人ひとりに一匹の妖精を手に入れるという習慣がある。リンクの故郷でもあり、ここから『時オカ』の物語が始まる。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(以下『BotW』)』ではコログ族が暮らしているほか、マスターソード安置されている。
聖域
にある聖域
始まりの台地[画像]
BotW』に登場する台地で、リンクが最初に覚める地でもある。
ハイラル王国建の地として伝わっている。
オルディン地方[画像]

女神ディン所縁の炎の大地。

デスマウンテン
通称死の山。初代から登場している古参。活火山登山には危険を伴う。
ゴロン族が暮らしている。木製のものはことごとく燃えてしまうため、登る際には製のの装備推奨。爆弾の産地で鉱山でもある。
オルディン大橋[画像]
カカリコ村[画像]
デスマウンテンのふもとにある村。
に仕えるシーカー族が築き、村のにある墓地で眠る魂を守っている。
ラネール地方[画像]

知恵の女神ネール所縁のの大地。

ゾーラ
ハイラルを流れる。上流にはゾーラ族が暮らしているゾーラの里がある。
ハイリア
ゾーラの最終地点に位置する
ゲルド地方

ハイラルの西にある燥地帯。

ゲルドの谷
ハイラル平原ゲル砂漠を繋ぐ細い通路。
ゲル砂漠
非常に大きな砂漠ゲルド族が住む地域である。
トワプリ』ではガノンはこの砂漠にある処刑場で封印された。
ゼルダの伝説 スカイウォードソード(以下『スカウォ』)』において数千年前ではだったことが判明し、数千年間の間で砂漠化が急に進行していたようである。
ヘブラ地方

神トラ』および『BotW』に登場する、北の山岳地帯。

ブラ
神トラ』では闇の世界の入り口がある山。
BotW』では極寒山となっている。
タバンタ辺
BotW』に登場する寒冷地で、リト族が暮らしている。
ハテール地方[画像]

BotW』に登場する、東の辺地域。

ハテノ村[画像]
東の辺の村。
アッカレ地方[画像]

BotW』に登場する、北東の辺地域。

イチカラ村[画像]
ハテノ村の建設会社サクラダ工務店により建設される村。

種族


上記に述べているようにハイラル王国には様々な種族が暮らしている。
出てくる種族は作品によって異なるが、以下の種族は複数の作品に出ており、ハイラルを代表する種族となっている。

ハイリア人[画像]
女神ハイリアルーツとする人々。
いわゆる人間だが、エルフ耳である。を聴くために長いをしているらしい。
ゴロン族[画像]
デスマウンテンに住む種族。身体が岩でできており、食も岩である。
見たに反して手先が器用で様々な工芸品を作ることができる。
見た通りにも強く、熱さにも寒さにも非常に強い、水の中にいても窒息死することがないなど、
かなりハイスペックな種族(ただし、『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』ではリンクゴロンになった状態でに入ることは出来ない)。
ゾーラ族[画像]
ゾーラの上流にあるゾーラの里に住む種族。いわゆる半魚人がないと生きられず、暑さにも寒さにも弱い。
が得意で、長く潜ることが出来る鱗や半永久的にに潜り続けることが出来るゾーラを作ることが出来る。
神トラ』以前は何故かリンクと敵対する魔物だった。
シーカー
代々ハイラルに仕える一族。
ゼルダの伝説(初代)』『時オカ』『スカウォ』『BotW』にて登場している。 
ゲルド族[画像]
砂漠の民。
時オカ』『ゼルダの伝説 4つの剣+(以下『4+』)』『BotW』にて登場している。
この一族には代々男が生まれると一族の王にするという決まりがある。
ちなみに『時オカ』『4+』のガノンドロフはどちらともこゲルド族の出身である。
リト族[画像]
鳥人種族。『ゼルダの伝説 風のタクト(以下『風タク』)』と『BotW』で見たと設定が大きく異なる。 
コログ族[画像]
に住む小さなのような見たの種族。『風タク』と『BotW』に登場する。後述するコキリ族の子孫でもある。 

以下はゼルダの伝説シリーズで一作品しか出なかった一族である。

ゼルダの伝説 時のオカリナ
コキリ族[画像]
子供の姿をした種族。コキリのに住んでおり、から出ると死ぬと言われている。
時のオカリナ主人公リンク』の出身地でもある。
一人前になると一人ずつ妖精を連れ歩くという文化がある。
ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
ピッコル族
非常に小さな種族。子供でしか見ることができない。
この種族しでは『ふしぎのぼうし』は成り立たないほど、物語に深く関わる。
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
キュイ族[画像]
の中に済む種族。可らしい容姿で臆病。
パラゲ族
ロリに済む種族。水の中に住んでいる。
モグマ族
火山に済む種族。トレジャーハントを業合とする。一見すると強欲だが、実は義理堅い。
RS-301
砂漠に住んでいたロボット全員壊れているが、時石を使うと一時的に復活する。
一体が作ったかは不明だが、動物のように繁殖可と思わせる箇所が存在する。
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
ゾナウ民族[画像]
かつてフィローネ地方を本拠地としていた蛮族

関連項目



最終更新日: 21/01/31 11:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ