ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハカ


ヨミ: ハカ
掲示板をミル!
44カキコ!
曖昧さ回避 もしかして

[画像][外部]

ハカ(haka)は、ニュージランドマオリ族の民族舞踊。ラグビーニュージーランド代表オールブラックスが試合前に行なうパフォーマンス(カ・マテ、カパ・オ・パンゴ)として知られる。


概要


本来はマオリ族の戦士が戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らし自らのを誇示し、相手を威嚇する舞である。現在では国賓海外からの訪問者を歓迎する舞として披露されるほか、オールブラックス際試合前に舞う民族舞踏として有名である。英語ウォークライ日本語で“鬨(とき)のと呼ばれる。
Wikipediaより引用

スポーツにおけるハカ

ハカはリードリーダー)がチームを率いる形で進行する。オールブラックスでは、リードマオリ族の血を引く選手が担うことが慣例となっているが、過去には非マオリ族の選手が担うこともあった。

ラグビーではニュージーランドの他にトンガ代表(シピ・タウ)、サモア代表(シヴァ・タウ)、フィジー代表(シ(ン)ビ)も各独自のハカを行う。また、マオリ族のみで構成されるマオリ・オールブラックスも、ニュージーランド代表とは別のハカ(ティマタンガ)を披露する。

また、ハカは元来、部族ごとに異なる踊りをもつものである。ニュージーランド代表のオールブラックスと、マオリ族のみで構成される選抜チームであるマオリ・オールブラックスのハカも異なっている。2014年11月にはそのマオリ・オールブラックスが初来日し、ティマタンガ(Timatanga)を披露した。

なお、ラグビーを中心に記載したが、最近ではWBC野球)予選でニュージーランド代表が披露するなど、他競技の際大会でにする機会も増えて来ている。


威嚇?いいえ、鼓舞です


舌を出す等の動作があるためか、時折相手を刺することもある。

2003年ラグビーワールドカップニュージーランドトンガ戦では、ニュージーランド代表のハカに奮したトンガ代表が対抗して相手のパフォーマンスに被せるようにシピ・タウを行った。

→「ハカ・バトル

実は事前に、ニュージーランドがハカを終えてからトンガがシピ・タウを行う取り決めをしていた模様。でも奮しちゃったんだね、仕方ないね

2005年トライネイションズ、ニュージーランド南アフリカ戦において、新しいハカ、カパ・オ・パンゴ(Kapa o Pango)が披露された。終幕に首切りジェスチャーが含まれたが、相手の命を取るということではなく、自らの命をかけて戦う意気込みだとの。実際、2011年ワールドカップでは、ライバルフランス相手に披露する等、意気込みを示す相手を選んでいるようだ。

2009年ニュージランド対ウェールズ戦では、オールブラックスがハカを披露した後もウェールズ代表が横列一列に肩を組んだままで睨み合い、審判が両チームに散開するようたしなめた場面が見られた。正直盛り上がるよね。


歌詞と意味


歌詞(原)や英訳などは別サイト参照。Wikipedia英語版もかなり充実している。

[外部]New Zealand Folk Song(原→英訳)

[外部]Wikipedia英語版(Haka(sports))


関連動画



ラグビーのハカ



■sm2089616[ニコ動]

■sm244431[ニコ動]

■sm7093877[ニコ動]
■sm2686573[ニコ動]

■sm5342520[ニコ動]
■sm24823943[ニコ動]


ラグビー以外のスポーツのハカ


■sm8303892[ニコ動]
■sm19365209[ニコ動]


その他


■sm15307560[ニコ動]
■sm6733926[ニコ動]

■sm18804520[ニコ動]


関連商品


御影石とか追加するなよ!絶対追加するなよ!


関連項目



最終更新日: 19/10/29 14:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ